チャーチはイギリスの高級シューズブランド。メンズ、ウィメンズともに展開。 チャーチの特徴はグッドイヤーウェルト製法と呼ばれる、複式縫いの手法を採用し、最後の磨き上げまでに、250の工程(約8週間)を経て、生産される。靴の内側にはバックスキンが張られ、靴擦れを起こしにくいようになっている。もちろん使用している皮革は世界中から集めた最高級のもの。

































日本に上陸してまだ10数年にもかかわらず絶大な人気を集める革靴ブランド、マグナーニ(Magnanni)。
美しいデザインの革靴と言えばイタリアブランドの靴が有名だが、実はスペイン靴はイタリアに匹敵する
エレガントさを持つ。
中でもマグナーニが持つ優美性はスペイン靴の象徴とも言えるだろう。
人気の理由はボロネーゼ製法を施した快適な履き心地。さらに、思わず目を奪われるそのデザイン性も魅力で、特にハンドフィニッシングによる色付けや、ソールの土踏まず部分をアッパーに縫い付けた”オパンカ製法”などの意匠は他に類を見ない。さまざまな趣向が凝らされたドレス靴で世界的に支持されている。

























サントーニは革靴のモデルによってソールの製法を使い分ける。

履き心地や、靴の印象を大きく左右する底付けの技法。
通常、革靴ブランドにはそれぞれ得意とする技法を貫くのが基本。創業以来職人をリスペクトし、 技術力にこだわるサントーニが扱う底付け技法は驚きの10以上。
作る革靴のモデルによって、扱う技法を使い分けるのだ。
アッパーのデザインの魅力を最大限引き出し、その革靴に最も適した付き合い方を履き手に提示してくれるそのスタンスこそ、サントーニの革靴が愛される理由のひとつ。