レシピ自慢コンテスト / 小間切れ編

レシピ自慢第一弾!小間切れを使った料理

トロける味わいの松阪牛小間切れのご購入はコチラ

見たい料理レシピをお選びください。

玉水様のレシピ「牛巻き寿司」 玉水様のレシピ「牛飯」 玉水様のレシピ「牛丼」 石井様のレシピ「松阪牛を使った男の味噌煮込みおでん」
岡田様のレシピ「牛肉と春雨のサニーレタス包み 」 岡田様のレシピ「牛と山芋のはさみ揚げ」 原様のレシピ「牛小間バーグ」 原様のレシピ「牛肉チャーハン」
樋口様のレシピ「牛肉の洋風煮込み」 樋口様のレシピ「やはり定番:いいお肉で作る肉じゃが」 原様のレシピ「我が家には贅沢な一品:牛肉ハンバーグ」 北野様のレシピ「牛肉と牛まめ(牛の腎臓)の水炊き」

玉水様のレシピ「牛巻き寿司」

玉水様のレシピ「牛巻き寿司」
材料
(3本分)
小間切れ…250g
ワケギ…お好みの量
ご飯…適量
調味料 塩…少々
こしょう…お好みで多め)
ごま…適量
  • 1:小間切れを食べやすいように2cm幅に切る。
  • 2:フライパンで小間切れを炒め、塩、こしょうで好みの味をつける。
  • 3:細かく切ったワケギをお肉と合わせておく
  • 4:ご飯にごまを混ぜておく
  • 5:太巻きの要領で中心に先程炒めた肉を入れ巻く
  • 6:食べやすい大きさに切ってできあがり

玉水様のレシピ「牛飯」

玉水様のレシピ「牛飯」
材料 米…4合
小間切れ…400g
ごぼう…1本
調味料 しょうが…1かけ
醤油…大さじ6
砂糖…大さじ3
  • 1:しょうがは細かい千切り
  • 2:ごぼうはささがきにして水にさらしておく
  • 3:小間切れを細かめに切っておく。
  • 4:テフロン加工のフライパンに小間切れ、しょうがをいれて炒める
  • 5:肉の色が変わったら醤油・砂糖を加え、少し煮る(煮すぎないように)
  • 6:炒めおわった肉と水分を分けておく
  • 7:洗ったお米に水と先程の煮汁を入れ、いつもと同じ水加減にする
  • 8:米の上にごぼう、お肉をのせ、混ぜずに炊いてできあがり
  • ※濃いめの味が好みの方は、炊く前に醤油を大さじ1杯〜2杯ほど加えてもOKです。
  • ※食べる時に細かく切ったワケギをのせるとよりあっさりと食べられますよ

玉水様のレシピ「牛丼」

玉水様のレシピ「牛丼」
材料
(二人前)
小間切れ…300g
タマネギ…中1/2個
調味料 しょうが…1かけ
醤油…大さじ4
さとう…大さじ3
水…300cc
酒…大さじ3
  • 1:タマネギは薄切り、しょうがはすり下ろしておく
  • 2:鍋に水、調味料を入れ温める
  • 3:タマネギ、小間切れを入れ5分ほど煮る
  • 4:しょうがを加えてできあがり。

石井様のレシピ 「松阪牛を使った男の味噌煮込みおでん」

石井様のレシピ 「松阪牛を使った男の味噌煮込みおでん」
材料
(二人前)
肉:長太屋さんの松阪牛小間切れ
ごぼう
大根
人参
里芋
さつま揚げ
竹輪
こんにゃく
豆腐と白身魚
イカ巻
昆布
ゆで玉子
調味料 日本酒
だし
味噌
  • 1:作る量により鍋を決めればよいのですが、今回は松阪牛をたっぷり使って作りたかったので、 大きめの鍋にしました。
    鍋に水を半分位入れ、ごぼう、人参、大根、里芋、昆布を入れて水から煮込みます。
  • 2:水が沸騰してきたら、中火にしてだしを入れ、一緒に日本酒を入れる。
    だしは味噌汁くらいの濃さになるくらい、入れてください。
    日本酒は入れなくてもよいのですが、お好みで少々入れると甘みがでます。
    私はたっぷり・・・瓶からトクトクトク・・・ってくらい入れます。
  • 3:後は味噌汁を作る手順で、味噌をとかしながら入れます。
    味噌は味噌汁より「やや薄めの味」くらいがお勧めです。
    やはり煮込みますので、味は濃くなってきます。
    途中で味をみながら、薄いと思ったら味噌を足した方がよいと思います。
  • 4:味噌を入れましたら、後は小間切れ肉・おでん種などを入れて、弱火で煮込みます。
  • 5:野菜がやわらかくなってきたら、一旦火を止めしばらく置き、 おでん種に美味しい松阪牛の肉の味をしみ込ませます。
  • 6:冷めてきたら、また弱火でコトコト煮て(何回か繰り返しながら)、 たっぷり肉汁がしみ込んだおでん種ができましたら、出来上がり!!
    目安は、ゆで玉子がおでんの汁の色になったころが、グーです。
    また、一晩置いてからのおでんは、一味変わったまろやかな味のおでんになっています。

岡田様のレシピ「牛肉と春雨のサニーレタス包み」

岡田様のレシピ「牛肉と春雨のサニーレタス包み」
材料
(二人前)
牛肉(小間切れ)
サニーレタス
春雨(市販のマーボー春雨)
マーボー春雨の元
調味料 生姜
しょうゆ
砂糖
ごま油
  • 1:牛肉を細かくきざみ しょうゆ、砂糖、生姜で下味を付ける
  • 2:市販のマーボー春雨の春雨をさっと湯がいて細かくきざんでおく
  • 3:下味を付けた牛肉をごま油で軽く炒めてある程度、火が通ったら春雨を入れて炒める
  • 4:最後にマーボー春雨の元を入れて炒める。 それをサニーレタスで包んで食べました。

岡田様のレシピ「牛と山芋のはさみ揚げ」

岡田様のレシピ「牛と山芋のはさみ揚げ」
材料
(二人前)
牛肉(小間切れ)
山芋
調味料 生姜
しょう油
砂糖
天ぷら粉
ごま
サラダ油
  • 1:牛肉にしょう油、砂糖、生姜を入れて下味を付けます。
  • 2:山芋を輪切にして下味を付けた牛肉をはさむ。
  • 3:天ぷら粉にしょう油、ごま、砂糖を入れて衣を作りはさんだ山芋に付けてサラダ油で揚げました。

原様のレシピ「牛小間バーグ」

原様のレシピ「牛小間バーグ」
材料
(一人前)
牛小間切れ…150g
付け合わせの温野菜
調味料 小麦粉…少々
塩コショウ…少々
大根おろし
ポン酢
  • 1:牛小間切れをビニール袋に入れ、塩コショウを振ります。
  • 2:ビニール袋の上から牛肉を潰すように約1分間捏ねます。
  • 3:ハンバーグの形を作り、周りに小麦粉をまぶします。
  • 4:中火で軽く焦げ目がつくように焼いてください。 完成品を大根おろし入りのポン酢で食べてください。

原様のレシピ「牛肉チャーハン」

原様のレシピ「牛肉チャーハン」
材料
(二人前)
牛小間切れ…150g
ご飯…茶碗2杯
アスパラ…3本
ニンニク…2カケ
付け合わせの野菜(レタス・トマト)
調味料 塩コショウ…少々
醤油…小さじ1
  • 1:アスパラを茹で適当な大きさ(2センチくらい)に切ります。
  • 2:フライパンを中火に熱し、油大さじ1とニンニクのスライスを炒めます。
  • 3:塩コショウを振った牛肉を入れ、赤身がなくなるまで炒めます。
  • 4:ご飯・アスパラを入れ混ぜ合わせ、塩コショウで味を調えます。
  • 5:最後に醤油小さじ1をいれて完成です。

原様のレシピ「牛肉の洋風煮込み」

原様のレシピ「牛肉の洋風煮込み」
材料
(二人前)
牛小間切れ…200g
キャベツ…1/4切れ
玉ねぎ…1個
ミニトマト…8個
調味料 コンソメ…大さじ1
塩コショウ
  • 1:牛肉に塩コショウを振ります。
  • 2:キャベツは大きめに、玉ねぎは大きめのくし切り、トマトは半分に切ります。
  • 3:鍋に大さじ1の油を引き、キャベツ・玉ねぎ・牛肉・トマトの順に下から入れ、 最後にコンソメを大さじ1、水30CCを入れたら蓋をし中火で約30分蒸し煮します。 (キャベツ・玉ねぎがクタクタになるまで煮込みます)
  • 4:最後に塩コショウで味を整えたら完成です。

樋口様のレシピ「やはり定番:いいお肉で作る肉じゃが」

樋口様のレシピ「やはり定番:いいお肉で作る肉じゃが」
材料 松坂牛こま切れ…120g
新じゃが…3個
人参…1/2本
玉葱:1個
どんこ干し椎茸…5枚
糸こんにゃく…1袋
調味料 酒…大匙3
黒砂糖…小匙2
醤油…大匙2.5
味醂…大匙1
油…小匙1程度
  • 1:油をひいた鍋で肉を軽く炒めた後、新じゃが、玉葱、人参、椎茸の順で炒める
  • 2:材料がひたひたになる位の椎茸の戻し汁+水を入れ、 灰汁を取りながら、じゃが芋が柔らかくなるまで煮る(落し蓋を使用)。 途中で糸こんにゃくを入れる。
  • 3:酒をいれ5分、砂糖をいれ2分、醤油をいれ2分、味醂をいれ2分煮込む *通常、肉じゃがには新じゃがは使用しないのですが、油の多い松坂牛とあわせるため、 油と相性の良い新じゃがをあえて使用しました。美味しい春(初夏?)の味でした。

樋口様のレシピ「我が家には贅沢な一品:牛肉ハンバーグ」

樋口様のレシピ「我が家には贅沢な一品:牛肉ハンバーグ」
材料 松坂牛こま切れ…400g
玉葱…1/2個
卵…1個
調味料 パン粉…30g
牛乳…大匙3
塩…小匙1/2
ナツメグ、胡椒…適量
トマトケチャップ…26g
オイスターソース…大匙1
料理酒…大匙2
油…小匙1程度
  • 1:こま切れ肉をフードプロセッサーで粗引きにする
  • 2:1にナツメグ、胡椒、塩を入れ、手で良く混ぜる
  • 3:2にあらかじめ炒めて粗熱を取った玉葱、あらかじめ牛乳に浸したパン粉、卵を順に入れ、 そのたびごとに手でよく混ぜる
  • 4:ハンバーグ型(草履型?)にまるめる
  • 5:油をひいたフライパンで良く焼く(竹串で刺した時の汁が透明になるまで)
  • 6:ハンバーグを取り出し、残った肉汁(大匙2〜3程度にする)にケチャップ、オイスターソース、 酒を入れてタレを作る
  • ※牛肉はもっと粗くても良かったと思いました
    (フードプロセッサーではなく、包丁で簡単に切る程度で良かったかも)。
    柔らかい肉なので、すぐにミンチ状態になってしまいました。
    これは、これで美味しいと思いましたが、もう一度挑戦したいです。今度は包丁で粗く切ります!

北野様のレシピ「牛肉と牛まめ(牛の腎臓)の水炊き」

北野様のレシピ「牛肉と牛まめ(牛の腎臓)の水炊き」
材料
(四人前)
牛肉スライス(切り落としで十分)…500g
牛マメ…500g
白菜…半株
ほうれん草…4束
京ねぎ…2本
つき蒟蒻…1丁
焼豆腐…1丁
大根おろし…1、2本分
出し昆布…10cm位を2枚
調味料 醤油…適量
塩…適量
酒…少々
一味…お好みで

※牛マメは買う時に7〜8mmの厚さに切ってもらって下さい。
※野菜は鍋用に好みの大きさに切っておく。

  • 1:土鍋(4人用)に水7分目まで入れ、その中に出し昆布とお酒を入れる。
    1時間ほど浸してから火に掛ける。沸騰する前に出し昆布を上げる。
  • 2:鍋の真ん中に大きめの湯呑み茶碗(寿司屋さん用が最適)を置き、その中に大根おろしを8分目位入れておく。
    その回りに牛マメと牛肉を半分位入れて沸騰するまで煮る。
    灰汁を取り、醤油と塩で味をととのえる。
    同時に大根おろしに醤油と鍋のだしを入れ、好みで一味を入れこちらも味をととのえる。
  • 3:その中へほうれん草の根の部分、白菜の芯の部分、白ねぎ、つき蒟蒻、焼豆腐を入れ一煮立ちさせる。
    その後白菜、ほうれん草の葉の部分を入れてもう一煮立ちすれば出来上がり。

トロける味わいの松阪牛小間切れのご購入はコチラ