• トップ
  • HBF-SJR(ハイブリッドファン・セカンド)一覧

ハイブリッドファン・セカンド

ハイブリッドファン・シリーズ

HBF-FJR(クリアー)

HBF-FJR(ファースト)

通常価格: 税抜28,800円(税込31,680円)

一番ご利用いただいているスタンダード・モデル。カラーバリエーションとしてクリアーの他、シルバーとブラックをご用意しております。

HBF-FJR(シルバー)HBF-FJR(ブラック)
天井カセット式
天井カセット式

※ 天井カセット4方向吹出口(長辺950~1,700mm×短辺950mm)へ対応します。長辺が1,100mm以上ある長方形天井カセットの場合、3方向の吹出口のみカバーできます。残りはメーカー提供の遮蔽用オプションをご利用ください。又、日立製室内機RCI-APxxK1・K2へHBF-FJRを設置される場合は専用プレートHBF-J01(別売)が必要です。

HBF-SJR

HBF-SJR(セカンド)

通常価格: 税抜28,800円(税込31,680円)

直径500~830mmのアネモを中心に、設置頂けるモデルです。カラーはクリアーをご用意しております。

天井カセット式
天井カセット式

※ 中央部鉄板素材、長方形の天井カセット式(長辺800~1,400mm×短辺550~700mm)へ対応します。専用マグネットHBF-JM2(別売)が必要です。

天井吹出式
天井吹出式

※ 直径500~830mmの吹出口へ対応します。ファンの回転半径が取れる事をご確認ください。

HBF-TJR

HBF-TJR(サード)

通常価格: 税抜28,800円(税込31,680円)

直径500mm以下のアネモを中心に、幅広い吹出口に設置頂けるモデルです。カラーはクリアーをご用意しております。

天井カセット式
天井カセット式

※ 中央部鉄板素材、長方形の天井カセット式(長辺650〜1,100mm×短辺550mm以下)へ対応します。専用マグネットHBF-JM2(別売)が必要です。

天井吹出式
天井吹出式

※ 直径500mm以下の吹出口へ対応します。ファンの回転半径が取れる事をご確認ください。

天井吹出式

※ システム空調の天井吹出口へ対応します。羽根が照明部へかかりますが、ハーフクリアー色の為、下方へ影・ちらつきが生じる事はありません。

HBF-JM2

HBF-JM2(マグネット)

通常価格: 税抜5,000円(税込5,500円)

取付部が鉄板素材の際に必要になるオプションです。

※ HBF-FJR・HBF-SJR・HBF-TJRへ対応しております。取付部が平坦で磁性材料(アルミ・ステンレス・プラスチック等は不可)の場合に限りご利用頂けます。

HBF-J01

HBF-J01(プレート)

通常価格: 税抜1,500円(税込1,650円)

一部、日立製室内機の際に必要になるオプションです。

※ HBF-FJRへ対応しております。日立製室内機RCI-APxxK1・K2に限りご利用頂けます。

各種製品仕様

製品型番 HBF-FJR HBF-SJR HBF-TJR
製品名称 ハイブリッドファン・ファースト ハイブリッドファン・セカンド ハイブリッドファン・サード
販売価格 オープン・プライス
取付画像 HBF-FJR HBF-SJR HBF-TJR
カラータイプ C/W(羽根: ハーフクリアー、スポーク: シルバー、センターメンバー: ホワイト)
S/W(羽根: シルバー、スポーク: シルバー、センターメンバー: ホワイト)
B/B(羽根: ブラック、スポーク: ブラック、センターメンバー: ブラック)
C/W (羽根: ハーフクリアー、スポーク:シルバー、センターメンバー: ホワイト) C/W (羽根:ハーフクリアー、スポーク: シルバー、センターメンバー: ホワイト)
可変範囲 直径900~1,100mm 直径700〜900mm 直径500~700mm
材質 羽根・センターメンバー表面: プラスチック、スポークシャフト: アルミ素材、取付金具・センターメンバー中心部・ボルト・ナット: 鉄
重量 本体: 約795g・取付金具: 約240g 本体: 約680g・取付金具: 約320g(大型金具)/ 約255g(小型金具) 本体: 約530g・取付金具: 約255g
対応エアコン 天井カセット式 天井カセット式・天井吹出式 天井カセット式・天井吹出式
オプション HBF-JM2・HBF-J01 HBF-JM2 HBF-JM2

【注意事項】
1) 温度ムラと設置台数:一区画又は一部屋へ複数台のエアコンが設置されている場合、1台のみにハイブリッドファンを設置しても温度ムラが解消できません。温度ムラの解消を目的にされる場合は全てのエアコンにハイブリッドファンを設置してください。/ 2) 昇降機能付きエアコン:昇降機能のあるエアコンにハイブリッドファンを取り付けた状態で昇降操作は行わないでください。昇降機能の故障の原因となります。/ 3) スポークシャフトの加工:スポークシャフトは決して曲げて使用しないでください。折れる原因となります。/ 4) 必要な天井高:空調機と床の距離が2,300mm以下の場合は取り付けないでください。接触の可能性が高くなります。/ 5) スプリンクラーとの距離:エアコンや風の吹出口周辺にスプリンクラーヘッドがある際、ハイブリッドファンを取り付けると消防法施工規則に抵触する場合があります。詳しくは最寄の消防署にお問い合わせください。/ 6) エアコングリルの破損等:エアコングリルやその周辺箇所は樹脂製のため経年劣化等により割れがあったり、脆くなっている事があります。その場合は、新しいグリルに交換してご使用ください。/ 7) ファンの回転数:同じ部屋に複数台のハイブリッドファンを設置している場合、エアコンの設定が同じでも、各エアコンの風量が異なる事があります。その為、それぞれのハイブリッドファンの回転数は同じではない事があります。/ 8) 接触事故への留意:ハイブリッドファンが回転している時には手を触れないでください。怪我をする可能性があります。