シェフ桑原が自身を持ってお届けする
青森育ちのフランス鴨肉(バルバリー種)を使って簡単にしかも美味しく出来ちゃう
おススメレシピをご紹介します!


お客様からいただいたこんなレシピ
(1)

「鴨肉のロースト 秋のきのこのトマトソース和え」 :vanillaさんより
にんにく、唐辛子を、オリーブオイルでいため、そこに続々、
ポルチーニ茸、ブラウンマッシュルーム、トマト、パプリカを追加。
そして重要なのが、なんといちじく(4個使いました)。
フレンチではソースを作るときに、いちじくなど果実をよく使います。

これで味に深みがぐっと出ます。

そしてローズマリー
などのお好きな香草もいろいろ。
味見しながら、必要ならお塩などを適宜加えます。

その一方で、高温にして鴨肉(一切れまるまる)をフライパンで
焼き上げます。
こちらもヴァージンオリーブオイルと、にんにと赤ワインと
ローズマリーなどで味付けしつつ表面がこんがりして、中は
半生な状態がよいです。

そして最後にソースと、鴨肉をあわせれば出来上がり。

注)ソースの下に鴨肉が横たわっています!

店)vanillaさんありがとうございます。<(_ _)>

「鴨もものロースト」: らじゃむうさんより
簡単編:       詳細編はこちら
ジップロックにそのままを入れて、モモ1枚につき
 ・小さじ半分の塩、
 ・胡椒少々、
 ・大匙1の白ワイン、
 ・ひたひたになるまで水
 (アルカリ水ですが普通の水でもやっています、カップ半分ぐらい)を入れて空気を抜いて密封。
冷蔵庫チルドで3日後から食べてます。早く食べるときは濃い目にしてます。
さらに詳しくはこちら


「鴨もものから揚げ」:らじゃむうさんより
簡単編:             詳細編はこちら
ジップロックに唐揚げ用の大きさに切った肉を入れて、モモ1枚につき
・小さじ半分の塩、
・胡椒少々、
・大匙1の白ワイン、
・ひたひたになるまで水
(アルカリ水ですが普通の水でもやっています、カップ半分ぐらい)
を入れて空気を抜いて密封
から揚げ用なので醤油・みりん・日本酒・砂糖を足して甘めにします。
冷蔵庫チルドで3日後から食べてます。早く食べるときは濃い目にしてます。
さらに詳しくはこちら

店長:らじゃむうさんありがとうございます。<(_ _)>

  いつも気になってた鴨もも肉…とっても美味しくいただきました。
  噛めば噛むほどに味が染み出てきます。胸肉よりもも肉が好きなんだなぁ〜と、実感しました。
  塩・胡椒だけでのローストも美味しいです。鴨鍋にもチャレンジしようと思ってマス!


  文句無くおいしい!!フランパンで一気にローストして、薄切りにして大皿に盛り付けました。
  ローストビーフ並みの豪華さで、料理が簡単!おもてなしにオススメです。
  ぺロッといくらでもいけるので5人以上なら1キロOKです。


  とてもきれいな胸肉で、ローストにしていただきました。みんな喜んで、
  あっという間になくなってしまいました。また、利用させていただきたいです。



  ただ
塩・こしょう・バターでソテーするだけでホントに美味しいです。リピートしたい一品ですね。


  炭火で焼いたり、オーブンで、圧力かけてから唐揚げにも挑戦、鴨汁もできるかな?楽しみます〜。
  圧力かけるの忘れましたが、食感の楽しめるから揚げになりました。鴨のくせが程よく抜けて、夫には
  ちょうどよかったよう。
皮のパリパリが最高皮だけから揚げっていいおつまみになりそうなぐらい。
  私は
ローストレアで頂きましたが、鴨おいしい!!肉のの旨味感激のおいしさでした。オーブンで
  こうだから炭火ならもっとおいしいでしょう、炭を切らしていたので出来ず残念、次回は肝も買って
  焼き鴨です♪




 ●鴨ロース(むね肉)のステーキ:塩コショウだけで
 :青森育ちのフランス鴨を素(す)のままお召し上がりください。
↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓
 クリック!

▲簡単にできてしかも、と〜っても美味しいんです♪是非一度チャレンジしてくださいね!



・我が家の自慢!・ 美味しい鴨肉の食べ方ご紹介♪

・・・・・お客様からの書き込み&メールより・・・・・


b-moon渡辺さん家の鴨ねぎそば鍋
◆主な材料◆

そば(軽くゆでたもの)
ねぎ

鴨ローススライス


すき焼きの割り下よりも
薄めのスープ

◆ポイント!

土鍋に左記のスープをいれてねぎを入れ、
スライスした鴨肉を"しゃぶしゃぶ”して、軽くゆでた おそばをいれて
 「はい、出来上がり!」




ラ・フランスさん家の鴨鍋
◆主な材料◆

水菜
白舞茸
エリンギ
焼き長ねぎ
春雨
お餅
若鶏の挽肉

鴨もも正肉

◆ポイント!

鴨肉は普通にしゃぶしゃぶして食べるだけでなく、
鴨もも肉を細かくたたいて、若鶏の挽肉と混ぜてつくねも作って鍋に入れます。


◆コメント◆

「・・・鴨モモの方を一部包丁でたたいて(フードプロセッサが壊れてしまったので)若鳥の挽肉と混ぜてつくねにしましたが、これも好評でした。
水菜に白舞茸、エリンギに焼長葱、春雨も後で煮て、最後はお餅でしめました。
最後のスープがまた絶品・・・・・・・」



秋から子豚さん家の鴨のパイ包み焼
◆主な材料◆

パイシート

鴨もも正肉

椎茸
しめじ
マッシュルーム
ほうれん草
◆ポイント!◆

鴨肉と左記の材料をパイ生地で包んで焼くだけ!


◆コメント◆

「・・・お蔭様で手間かけずに“豪華”に見えた昨晩の食卓でした。・・・パイを切った時に中から、ふわ〜っと湯気が白く上り、ぷ〜んと鴨のいい香りが広がり、一層美味しかったデス。・・・」



kuromame0206さん家の治部煮
◆主な材料◆

にんじん
小松菜
椎茸
などの野菜類

鴨もも正肉
◆コメント◆

 「・・・おしゃれなお料理はできないので、治部煮にしてみました。・・・・おいしいお肉から出る鴨の脂が何ともいえずおいしかったです!・・・」


【弊社・注】
 治部煮(じぶに)とは石川県金沢地方の代表的な伝統料理のひとつで、薄切りにした鴨肉に小麦粉をまぶし、野菜等と一緒に煮たものです。