水合わせって何?
水質はそれぞれの水槽で異なります。異なる水質の水槽に入ると、生体に負荷がかかります。
pHや水温に差がある水槽に急にうつされると、生体はそのショックで病気になってしまうこともあります。
そんな負荷を和らげるために行っていただきたいのが水合わせ。
元の水と生体を入れる水槽の水をゆっくり近づけていくのです。
水合わせを行うことで、新しい環境の水質に順応させられます。
生体が新しい環境でも元気よく泳ぎ回れるように、水槽に入れる前に水合わせを必ず行ってください。

販売個体は入荷後5日〜7日程度トリートメントを行っておりますが、病気や寄生虫のキャリアを完全に防止できるわけではございません。
特に混泳させる場合などはリスクを十分にご理解の上、必要に応じてトリートメントタンクをご用意下さい。
輸送後の水は傷んでいる可能性があります。水合わせ後は生体のみ水槽に導入して頂けるようお願い致します。

水合わせの方法

生体は袋に入って届きます。この生体の入った袋を30分〜1時間程度水槽に浮かべて、袋の水温を水槽の水温と合わせます。
水の温度合わせが終了したら、袋の水ごと生体をバケツなどの容器に移します。
※袋内の水がこぼれないよう、バケツなどの深い容器の中で開封してください。
当店ではステンレス製の金具によるパッキングを行っています。
開封の際は無理に金具を取らず、必ずハサミ等をご使用のうえ開封してください。

水を3分の1程度捨てて、捨てた分水槽の水を入れます。水を入れる際はゆっくりと。ゆっくり水を入れてあげることで、生体が水槽の水に徐々に慣れてきます。
水槽の水を入れる際には水合わせキットが便利です。水合わせキットを使用して水の流量を調節しながらゆっくり入れてあげます。
左図のように水合わせキットをセッティングして、コック側から水を軽く吸い込んであげます。そして、水が出てきたら、コックを調節して水の流量を調節します。
冬季は容器の水をヒーターで水温管理することをおすすめします。また、プレコやエビなどの生体の場合はエアーレーションを行ってあげると負荷が和らぎます。
この水を捨てる、水槽の水を入れる作業を3、4回繰り返します。

最後に生体のみを水槽に入れて水合わせ完了です。

おススメの商品

水合わせキット、ポリバケツどれも水合わせ時にあると便利な用品です。

トリートメント方法

既に生体を飼育している水槽への混泳させる場合、「トリートメント」をおすすめ致します。
到着時には病気が発症していなくても、病気や寄生虫が潜伏している可能性がございますので、既に飼育している生体に悪影響が及ばないよう、しばらくの期間別の水槽にて様子を見る方法です。
また、輸送直後の生体は多少なり弱っていますので、既に飼育している生体にエサの取り合いなどで脅かされないよう、体力回復をはかることもできます。

トリートメント用の水槽を用意します。生体のサイズや数に合わせ、必要最低限のもので構いません。
フィルターやヒーター(温度によりクーラーまたはファン)も簡便なもので良いですのであわせてご用意ください。フィルターは水位が低くても使える水中(投込式)フィルターが好ましいです。
予め水洗いしておいたトリートメント用の水槽に、届いた生体を開封して入れます。

トリートメント終了後に入れる予定のメイン水槽から、徐々に水を移します。水合わせと同様に水合わせキットを使うと良いでしょう。
十分な量になったら水足しは完了です。
※水合わせとは異なり、この時点で水を捨てる、水槽の水を入れるの繰り返しは必要ありません。
このまま1〜2週間程様子を見ます。給餌は翌日より開始してください。

期間経過し、問題がなければメイン水槽へ生体を移します。
改めて、水合わせの手順(STEP2から)に従って生体の投入を行ってください。
もしも!
トリートメント期間中に病気が発症していたり様子がおかしければ治療のため薬浴をします。
症状に適した魚病薬や対処法はこちらのページをご参照ください。
直に薬は投入せず、別容器を用意し、飼育水に薬を溶いたものをそっと入れるようにしてください。
治り次第、水合わせしてメイン水槽に移すことができますが、もし心配なようでしたら更に1週間程、トリートメント水槽にて薬を加えずに通常の飼育水で様子見をしてください。

おススメの商品