アーロンチェアのかたち

「人の身体は直線からできてはいません。有機的な形です。 私たちは見た目も触った感じにおいても、有機的で、曲線的な、人間というもののメタファーとなるチェアを設計したいと考えたのです。ですからアーロンチェアには、直線のラインが一つもありません」ビル・スタンフ。

唯一無二の感触

アーロンチェアには様々な機能が付与されていますが、アーロンチェアをアーロンチェアたらしめているのが、その独特な「座り心地」です。他社製品にもハーマンミラーの他製品にもない、ただひとつ「唯一無二」の感触がそこにはあります。それを実現している、大きな要素は「ペリクル」と呼ばれる張地です。クッション材をもたないメッシュ生地でありながら、適度な張りをもち身体の特定部分だけが沈み込むことがありません。発売以来多くの人々に支持されているのも、この独特の感触があればこそです。

前傾チルトで快適に

アーロンチェアの「前傾チルト」装備モデルはオールマイティー。様々なワークスタイルに対応可能です。前傾チルト機能と上下可動のアームレストにより、身体と作業内容に合わせた、より細かな調整を実現します。また、背中と腰をサポートするポスチャーフィットSL機能とともに、身体にかかる負担を最小限におさえてくれる理想的なオフィスチェアです。

アーロンチェアの素材

アーロンチェアの素材すべて、そしてメカニズムのすべてが、シーティングに対する芸術および科学の一歩先を行くものです。 張地とウレタンフォームを、通気性のあるメッシュ素材のサスペンションに置き換えた最初のオフィスチェアであるアーロンチェアは、革新的なペリクルを座面と背もたれに使用することで、体圧が集中したり、熱がこもるのを防ぎ、体重を均等に分散します。