サステナビリティー



cciluは企業の社会的責任を考え、サステナビリティーな
商品の研究・開発に取り組んでいます。

年間約250億キロ捨てられているコーヒー粕は廃棄の際に
温室効果ガスを排出し、環境破壊への影響があるといわれています。

cciluでは独自技術のXpreSole®を開発し、コーヒー粕を捨てずに
有効活用することを可能にしました。
超軽量スリッポンのgala-codyでは一足あたり5杯分、
全天候型防水コーヒーブーツpanto-paolo-xpでは一足あたり15杯分の
コーヒー粕を再利用しています。

カーボンフットプリントを減少することに成功するだけでなく
コーヒー粕独自の効果を既存の技術と併用することで機能面も
さらに強化することができました。










STEP FORWARD GIVE BACK UP





cciluはSoles4Soulsを通して
ハイチ、ホンジュラス、タンザニア、ヨーロッパやアジアの
コミュニティなど、多くの国で100,000足の新しいCciluシューズを
配布しています。

5月にはSoles4Soulsと提携し、41のメトロナッシュビル公立学校に
10,000ペアの新しいCciluを寄付しました。
2020年にはccilu usaが乳がんの研究と教育のためにQVCプレゼンツ
「FFANYShoesOnSale」に約1,200足の靴を寄贈しました。

※Soles4Soulsについて
持続可能な雇用を創出し、世界中に靴や衣類を配布することで救済を
提供することにより、貧困の悪循環を止めることを目指しています。
製品を再利用して、零細企業、災害救援、および直接支援プログラムを
提供しています。2006年以来、127カ国で3000万足以上の靴を販売しています。
非営利の社会的企業であるSoles4Soulsは、収入の半分以上をもたらし
プログラムへの寄付の100%を約束しています。

TOP