愉しみ方は無限大。様々なシーンで活躍するアイスワイン。3時のおやつや夜のスイーツのお供に。女子会や、大切な人とのお祝いの場に。バレンタインなど季節のプレゼントに。 おすすめアレンジレシピ アイスワインを普段の食事に取り入れて、毎日をちょっと優雅にしてみませんか?ソーダとお好みの果物を加えるだけ!アイスワインカクテル アイスワインを炭酸で割ったり、様々な果物を入れて、あなただけのオリジナルカクテルが作れます。 見た目もおしゃれで鮮やかに!バニラアイスのアイスワインかけ お好みでブルーベリーやハーブを添えれば、まるで高級レストランのデザートさながらのスイーツの完成です。濃厚しっとり大人の味!パウンドケーキ バニラエッセンスの代わりにアイスワインを混ぜれば、一味違うパウンドケーキをお楽しみいただけます。アイスワインは冷やして飲むとGOOD!通常のワインは、冷やすと本来の香りや味わいが薄まります。しかしアイスワインは糖度が高く、香りが強い為冷やしても味が損なわれず、常温よりも美味しく飲むことが出来ます。 優れた甘みと酸味のバランス。偶然と自然が生んだ奇跡。希少な「カナダアイスワイン」。アイスワインは1794年の冬、ドイツで生まれました。強い寒波で凍った完熟葡萄からワインを作ったところ、とても糖度が高く美味しいワインとなっていました。この偶然からアイスワインが作られるようになり、当時は貴族だけが飲めるほどの希少品でした。現在では、カナダがアイスワインを作るうえで最も適したテロアール(環境)を有しているため、世界最大のアイスワイン生産国です。貴方も古の偶然と豊かな自然が生んだ奇跡のワイン「カナダアイスワイン」の世界に浸ってみませんか? アイスワインの希少性と甘さの秘密は製造法にあり!葡萄の木で房を自然に凍結。房を木につけたまま、12月から3月頃まで収穫を待ちます。それにより実が凍って水分が奪われ甘味が凝縮されます。-8℃で収穫すぐに圧搾。気温が-8ºCに下がると、冷凍ブドウを厳選し圧搾し、高濃度のネクター(果汁)を抽出します。ブドウ一房からわずかスプーン1杯程度しか得られないネクターを発酵させてアイスワインは完成します。 アイスワインの保管方法 未開封 できるだけ涼しくて温度差の少ない暗い場所での保存が望まれます。
50ml … 1年以内 200ml,375ml … 10年以内 を目安に開封し、召し上がっていただくことを推奨しています。開封後 コルクを戻していただき、冷蔵庫で立てて保管してください。50ml … 当日中200ml,375ml … 7~10日を目安に召し上がっていただくことを推奨しています。 当店のワインはすべてVQAの認証を得ています。VQA(Vintners Quality Alliance)とは、カナダのワインの品質認証基準および原産地呼称制度です。カナダのワインは、ワイン卸商品質同盟法によって品質や原産地、味を厳しく管理されています。その厳しいVQA基準を満たしたワインのみ、このVQAマークの掲載が認められています。当店ではこのVQAマークがある認められたワインのみを厳選して販売しています。カナダ産の葡萄で醸造 -8℃以下で摘んだ葡萄を凍った状態で搾汁 糖度35度以上 味わいが良い 当社厳選!エステートワイナリーのアイスワインのみを取扱い。当社は、自社栽培の葡萄にこだわるエステートワイナリーを厳選。日本人の口に合うワインを厳選し輸入販売しております。 セパージュ(品種)の違いによる味の違いを愉しむ。Vidal ヴィダル ハチミツやトロピカルフルーツの味わい。カナダで一番定番の品種。Riesling リースリング 青リンゴやシトラスな果実味わい。酸味と甘味のバランスが良く、ヴィダルよりもすっきりとした飲み口。Cabernet カベルネ いちご、ベリー系(ラズベリーやブルーベリー)の味わい。白のアイスワインの約2倍近くの葡萄が生産に必要。いちごのような赤く甘い味わい。 アイスワインQ&A アイスワインとデザートワインって何が違うの? デザートワインとは、一般的には甘口のワインのことを指します。デザートワインという大きな括りの中に「アイスワイン」があります。日本では比較的有名な「貴腐ワイン」もデザートワインの一種です。アイスワインを生産している国はどれだけあるの?現在ではドイツ、オーストリア、カナダの3か国のみで生産されています。そしてカナダは世界一のアイスワイン生産量を誇ります。 無料ギフトラッピングのご案内 アイスワイン一覧を見る