貴女とささやかなクリスマスホームパーティ

こんにちは。
camisimoのノブタです。

冬が寒いのは寄り添って温め合うためです。
唐突なポエムから始まりました今回。
この季節だからこそ、そして今年だからこその過ごし方があるはず。

そう、クリスマス!
一年でもっと上男女が熱量を注ぐイベントだからこそ、あの企画です!

女子目線
-あの子が振り向く男の洋服-


毎回、決められたデートシチュエーションに対して、
“それならコレでしょ”というコーディネートをノブタが3通り提案致します。
それを実際に様々な女性から採点して頂こうというこの企画!

第6回の今回は、

《貴女とささやかなクリスマスホームパーティ》

ということで、今回は“いつものように大人数で騒いだり二人で遠くへ出かけるのではなく、
気の知れた友達夫婦やカップルとささやかに過ごすクリスマスホームパーティのためのコーディネートを提案したいと思います。

初めて彼女の自宅に伺う場合にホームパーティに適しつつ、心を掴むコーディネート。
そんなコーディネートを今回、採点をしてくれたのは....


  D美さん(30代/医療系)
普段はいわゆる“女の職場”で同性と過ごすことが多いそう。
『クリスマスに初めて家来るん?ガチガチやん笑』と笑うD美さんですが、
そんなゴリゴリのデートにどんな服装で挑めば仲を深めることができるんでしょうか。


さて、そんなD美さんに今回見て頂いた3つのコーディネートはこちらです!



まずは今回、最も多くのアイテムを組み合わせたのがこちらのコーディネートです。



ざっくりとしたショールカラーニットを中心に、好相性のダウンベストとスリムパンツを合わせ、
色味を合わせたストールでアクセントを加えたスタイルは大外れはなさそうですが...
続いて、2つ目のコーディネートはこちらです!



トレンドでもあるオーバーサイズのコートのインナーにニットパーカー。
バランスをとったワイドシルエットのパンツは室内でも楽チンと、名実共に備えたスタイルですが、好き嫌いは分かれそう。
果たして女性の目にはどう映るのか。
そして、最後のコーディネートはこちらです!


  • スエードブルゾン:EMMETI
  • パンツ:YCHAI
  • シューズ:スタイリスト私物
  • ストール:Joshua Ellis

ギラつきは抑えつつも男らしさを醸すスエードブルゾン。
デニムスタイルでカジュアルなホームパーティにアジャストしつつ、鮮やかなストールはオシャレへの強いこだわりを感じさせます。
シンプルながらワンアイテムでセンスを示したいスタイル..届くでしょうか。



以上、3つのスタイリング、早速評価して頂きましょう!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------







第1位



90点
『なんか気負った感じもないし、これがダントツ。』
と、一位に選ばれたのはこちらのスタイル。
クリスマスに気合を入れて意気込みすぎるのは×なようです。
『ホームパーティなら楽な格好で来て欲しい。』
とのことです。






第2位


  • スエードブルゾン:EMMETI
  • パンツ:YCHAI
  • シューズ:スタイリスト私物
  • ストール:Joshua Ellis

70点
『確かにストールは可愛いけどレザー着るなら他の柄でよくない?笑』
と、渋さを出したレザーにビビッドな柄がミスマッチに映ったようです。
『真冬やし、レザーより普通にコートで来て欲しいしそれやったらストールもありなんかなぁ』
つまりはメインに据えたレザーのチョイスから考え直す必要があったのかもしれません...。






第3位



65点
『ん、洒落てんのはわかるけど、彼女とクリスマスにこれ選ぶかな?』
『部屋入ったらパーカーが楽なんもわかるし、コートから見せるのもいいけど、ここまでファッション感出されるとキツイ』
と、いいところなく、玉砕。
『家で過ごそうって話なんやし、楽な格好にちょっとセンスいいなくらいが見えたらいいかな』
どうやらファッション感度は常にプラスに働くわけではないようですね。





以上、いかがだったでしょうか。

一年でも指折りの大きなイベントに照準を合わせた今回の“女子目線”
大きなイベントだからこそ、入れ込みすぎず自然体がいいという結果になりました。
既に雰囲気は街が作ってくれている。
あとは楽しむだけでいいのかもしれませんね。



camisimoでは動画も公開しております! 今回の“女子目線”の動画もこちらからぜひご覧ください!