フラワーギフトの贈り方大辞典

フラワーギフトの贈り方を紹介。誕生日や記念日に贈るプリザーブドフラワーやアレンジメントを紹介。

誕生日のフラワーギフト
フラワーギフトとは

フラワーギフトとは、誕生日や記念日に感動を与えます。お見舞いやお悔やみ用のフラワーギフトの贈り方のポイントを紹介。

フラワーギフトの贈り方

誰でも喜ばれるフラワーギフトを贈れます。誕生日や記念日に贈るお薦めプリザーブドフラワーやアレンジメントを紹介。

お見舞いに贈るフラワーギフト

では、お見舞い用として贈るフラワーギフトにはどのようなものがあるのでしょうか。



お見舞い用のフラワーギフトを贈るポイントは以下の通りです。
食べ物は病院や病気によって禁止されている場合がありますが、花の場合はそのような制約は少ないです。

  • 寝付く(根付く)にかけて鉢物はお見舞いには贈らない
  • もらう人がよほど白や青い花が好きではないのなら、なるべく白や青い花は避けます。
  • 香りの強い花は避けます。
  • 気持ちが安らぐ明るい花が喜ばれるでしょう。
  • 早く元気になって欲しいから、あの人の好きなお花と色で選びましょう
  • 花瓶がなくても飾れるようにアレンジメントが便利です
  • 花束を贈る場合は、掃除の手間がかからないように花びらが落ちにくいものを選ぶ
  • 鮮度の良い花を贈る(元気が出るように)
  • 赤などの元気の出る色を入れる。

大事なポイントとしては、元気になってもらう【色合い】で選ぶことです。

元気の出る色としては「黄色」や、
明るい気持ちにしてくれる「赤色」があります。
これらの色を使って安らぎと癒しを与えてくれる優しい色合いにしましょう。

例えば、
黄色やオレンジを使って太陽を連想させた元気カラーでまとめたり、
華やかな明るい色にするために赤色やピンクを使ってみたり、
気持ちが和むふんわりとした空気が漂うようなお花を贈りましょう。

特に最近大人気のプリザーブドフラワーは大変お薦めです。

プリザーブドフラワーと同じく、水やり不要の光触媒フラワーもお薦めです。
光触媒加工されたお花は、日光や蛍光灯の光の当たる場所に置いておくと
空気をリフレッシュしてくれる作用があるので、病室の窓際に飾っておくと
空間を浄化してくれます。

色合いが豊富なことはもちろん、
花粉もなく水やりもないので安心して贈れる、
また、病室の狭い空間や室内環境にも負けないフラワーギフトとして
大変おすすめです。

→ お見舞いのフラワーギフト マナー編


このページの一番上へ

「フラワーギフトの贈り方大辞典」のトップページへ