正しいブラ診断

ブラジャーのワイヤー<お胸のバージスライン

お胸のトップから谷間に沿って円を描いたときブラジャーのワイヤーより大きな円になる場合はブラジャーが小さいです。またブラのカップに対してお胸が溢れており脇肉が余っている場合もブラジャーが小さいです。

ブラジャーのワイヤー>お胸のバージスライン

お胸のトップから谷間に沿って円を描いたときブラジャーのワイヤーより小さな円になる場合はブラジャーが大きいです。またブラのカップがお胸に対して浮きが出ている場合もブラジャーが大きいです。ワイヤーの円がバージスラインよりも大きいので 、脇にワイヤーが刺さってしまい着用中ワイヤーの痛みが生じます。

ワイヤーの上に人差し指がはまるくらいのスペースがないか確認しましょう。人差し指がはまってしまうとアンダーの着け位置が低い証拠です。 また鎖骨中心とトップを結んだ三角形が二等辺三角形になっていると着用位置が低いです。

左右差があるお客様は、大きいお胸へブラの中心がよっている場合があります。着用後、鏡でチェックしましょう。『正しい位置』『正しいサイズ』を着用することで鎖骨の中心とお胸のトップを結ぶ線はキレイな正三角形になります。これをゴールデントライアングルと呼びます。ブラ着用時はゴールデントライアングルが出来ているか鏡の前で確認しましょう。

育乳を始めたばかりの頃はお肉が逃げやすいです。こまめにお肉入れをしてあげましょう。脇や背中に流れているお肉も根気よくバストに戻してあげることで徐々にお肉が定着しやすくなります。

お肉入れ