ソファ専門店bloccoの商品

オーダーソファ

ソファができあがるまで

ソファが出来るまで

お客様の声

人気のキッズスペース♪

ソファ専門店bloccoの公式フェイスブック

フェイスブック

 

 

よくあるご質問
・ショッピングに関するQ&A

Q.商品の保証期間はありますか?

A.保証期間はご購入日より10年間(平成28年1月改定)です。その期間内に、製品上の欠陥により発生した破損に関しましては無料にて修理・交換を行っております。ただし、以下の場合は保証対象外となりますので、予めご了承下さい。

  • 本製品の説明書に記載された使用方法や注意事項に反するお取り扱いによって生じた故障
  • お買い上げ後の輸送や振動、落下、衝撃などお取り扱いが不適当なために生じた故障
  • 火災、地震、風水害、落雷、その他の天災地変、公害、煙害、ガス害などより生じた故障
  • 改造などをされたことにより生じた故障
  • 消耗品の交換
  • その他、当店が予想し得なかったと判断した故障
  • Q.振込みが遅れてしまったのですが、どうなりますか?

    A.ご入金期限は当店からの【ご注文確認メール】に記載されています。ご入金期限が過ぎてしまった場合は、誠に勝手ながらご注文をキャンセルとさせていただきますのでご注意ください。キャンセル処理終了後、1営業日程度でご注文のキャンセル確認メールが届きます。行き違いの場合は速やかに返金させていただきますのでご連絡ください。

    Q.届いた商品がイメージと違うので返品したいのですが可能ですか?

    A.残念ながら当店のソファはすべて受注生産のため、お客様都合での返品交換はお受け出来かねますので何卒ご了承下さい。また、張り地の色合いや風合いなどの違いなどによる返品もお受け出来かねますので、予め生地サンプル請求サービスなどをご利用いただくことをおすすめします。アウトレット商品など一部在庫商品に関しては、未使用の場合のみ例外として返品をお受けしておりますが、返品に掛かる送料はお客様負担とさせていただきます。なお、初期不良品と当店が認めた商品に関しては、すべて弊社負担にて返品をお受けします。

    Q.注文してから商品が届くまでどのくらいの日数がかかりますか?

    A.ご入金確認後(クレジットカード決済の場合はご注文後)、約2週間〜3週間ほどで商品が届きます。ただし、繁忙期や年末年始など工場が長期休業する期間は通常より納期をいただく場合がございます。生地メーカーの在庫切れなどが原因で納期の延期をお願いする場合がございます。また、複雑なカスタマイズ仕様のソファなども通常より納期をいただいております。なお、お急ぎの場合は出来る限り対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。

    Q.商品はどのように送られてきますか?

    A.2012年9月以降のご注文よりソファなどの大きな荷物は、家具運搬のプロの配達員2名によるお部屋までの搬入・設置を致します。スツール類・オットマンなど比較的小さな商品を単品でご購入された場合は、配達員1名による玄関先までの配達になります。予めご了承くださいませ。詳しくは配送についてをご参考ください。

    Q.ソファ専門店bloccoのソファを展示しているショップはありますか?

    A.札幌市内に2店舗(サッポロファクトリー店とアリオ札幌店がございます。また、土曜日・日曜日のみ北海道の石狩工場でショールームを開設しています。当店のソファは、すべてソファ専門店bloccoオリジナルデザインとなりますので、他店では一切販売しておりません。類似商品にはご注意くださいませ。1人でも多くのお客様に実物をご覧いただき、座り心地もお確かめになってからお選びいただくのが一番だと考えておりますが、ネットショップという形態ではそれが出来ないのが最大の欠点です。当店はソファだけを作り続けて60年のメーカー直営店ですので、良いものを少しでもお安くお買い求めいただけるのが最大の利点です。また、当店は職人たちがスタッフとして運営しているため、お客様との関わりを大切にしながら1台1台まごころを込めて作ることでお客様にご満足いただけるよう努めています。

    Q.脚を取り外して梱包してもらうことは可能です。

    A.一部の商品を除き、3人掛け、2人掛けは脚を外して梱包しております。その際にソファの底や角にキズが付かないように脚の代わりに高さ1cmのアジャスターをつけております。脚を付け替えずにアジャスターのまま、ローソファとしてもご使用いただけます。脚を取り付ける際はアジャスターを外し、同じ穴に脚を回し入れてください。脚自体を手で回すだけで簡単に取り付けが可能です。力を入れて押し込むと内部のナットが抜けてしまうことがありますのでご注意ください。オットマンは脚をつけた状態で梱包致しますので【オットマンのみ】をご注文の場合は、アジャスターお付けしておりません。

    ・張り地に関するQ&A

    Q.生地サンプル請求はしたほうがよいのですか?

    A.お客様がお使いのモニターや画像表示環境によって実物と色合いが異なる場合がございますので、無料生地サンプル請求をご利用されることをオススメ致します。なお、張り地の色合いの違いによる返品交換は一切お受けしておりませんので予めご了承下さい。無料の生地サンプル請求はこちらから

    Q.ウォッシャブル生地は洗濯機で洗えますか?

    A.ウォッシャブルの生地はデリケート洗い(力の掛からない洗い方)であればご家庭の洗濯機で洗うことは出来ます。ただし、脱水は縫い糸へのダメージも大きく、糸切れや痛みの原因となりますのでお控えください。なお、洗濯後は絞らずに日陰で吊り干し乾燥させてください。恐れ入りますが、洗濯機で洗った場合に生じた生地の故障などは保証の対象外となりますのでご注意ください。

    Q.本革と合皮(ソフトレザー)はどのような違いがありますか?

    A.合皮の良さは優れた伸縮性と柔らかさなどがあり、ソファのラインを綺麗に表現したり、クッション性を高めることが出来ます。本革は長く使用すると色が剥げたり、ヒビが発生したりもしますが表面が潰れて光沢が出るので、それが独特な味となって現れます。一方、合皮も同様に色剥げやヒビが発生しますが、裏地が布なので見た目があまり良くありません。当店で取り扱っている合皮はすべてPUレザー(ポリウレタンレザー) ですので耐久性に優れています。

    Q.汚れの目立たない張り地とは、どのようなものがありますか?

    A.布地の場合、明るい色をご選択されると汚れが繊維に入り込んだり染み込んでしまった場合は汚れを落とすのが非常に難しくなります。万が一、汚れが染み込んでしまった場合は放置せず早い対処が必要となります。汚れの目立たないように濃いめの色をお選びいただくか、単色ではなくツィードのような複数色の糸で織り込んだタイプの生地が比較的汚れが目立ちにくいです。また、撥水機能のある布地やソフトレザーはお手入れが簡単で汚れにくい張り地だと言えます。張り地ラインナップはこちらから

    Q.小さな子供がいるので汚れが心配…。でも布地のソファが欲しい。何か良い方法はありますか?

    A.汚れやすいクッション部分をソフトレザーにして、本体部分だけを布地で作ったり、逆にカバーの外せない本体をソフトレザー、カバー外してクリーニング出来るクッション部分を布地にすることも可能です。また、当店ではクッションカバーのみの販売もしておりますので汚れが強くなってきたらカバーのみを買い替えることも出来ます。

    Q.布製とソフトレザー製ではどちらがオススメですか?

    A.布製の生地は汚れが染み込みやすくドライクリーニングなどでお洗濯が必要となります。一方、ソフトレザーは汚れに強く、通常の汚れであれば水や薄めた中性洗剤をタオルなどに染み込ませて拭き取ることが出来ますのでお手入れ面ではソフトレザーが楽です。しかし、ソフトレザーは通気性が悪く、体温に馴染みにくいので、暑い季節には蒸れてベタつくことがあったり、寒い季節にはひんやりとした感じがあり、クッションの空気の抜けが布製に比べ劣ります。布製は通気性の良さや何より肌に馴染みやすく、お部屋にも優しくマッチするので人気があります。ペットのいるご家庭や小さなお子様がいるご家庭では、お手入れのしやすいソフトレザーをお選びいただくなど生活環境に合わせてお選びいただければ宜しいかと思います。

    ・ソファに関するQ&A

    Q.多層ウレタンとはどのようなものですか?

    A.多層ウレタンのクッションはしっかりと体重を支えて底付き感を与えないために底面には硬いウレタンを使用し、中間部には硬さの核となる高密度のウレタン、上面には座った瞬間の当たりを柔らかくするための粘りの強い柔らかめのウレタンを使用しています。底面から上面に向けて徐々に柔らかいウレタンを層状にすることで、より自然な座り心地となります。

    Q.ポケットコイルはどこに搭載されてるんですか?また、どんなメリットがありますか?

    A.基本的には座クッション内の底面の硬いウレタンを枠状にくりぬいた中に搭載しています。コイルの高さの関係で底面の硬く丈夫なウレタンの割合が増え、中間部のウレタンの割合が減るので座り心地は硬くなります。ポケットコイルとは名前の通り、ポケット状の袋の中にコイルが1個ずつ独立して入っています。それぞれが過重に対して単独で作用するので力を分散させる効果があり、長時間座っていても疲れにくい座り心地となるメリットがあります。

    Q.ダイメトロールとはどのようなものですか?

    A.ダイメトロールとは米デュポン社が開発した人間の脂肪に近いゴム製の布バネです。当店では座クッションの下の土台の部分一面に張って使用しています。ダイメトロールを使用することで底付き感がなく浮遊しているような座り心地になります。また、一般的な金属製のバネのようにギシギシという音鳴りもなく非常に強い繊維で作られているため、耐久性は金属バネの5倍以上とも言われています。リサイクル素材なので環境にも優しく大変注目されている素材です。日本製の高級ソファに使用されていることが多いのですが、当店ではほとんどの商品に使用されています。(オットマン・スツールを除く)

    Q.表示されている寸法とズレが生じる可能性はありますか?

    A.残念ながらズレが生じる可能性がございます。ソファの表面はウレタンなど柔らかい素材で形成されていることや張り地の厚みや伸縮性により、若干の寸法のズレが生じる可能性がございます。また、硬さ変更などを行った場合、ウレタンの柔らかさによりクッションの膨らみが増減するので座高寸法が若干変わる可能性がございます。

    Q.座り心地の硬さ基準はどのように判断しているのですか?

    A.当店はソファだけを作り続けて60年のメーカー直営店です。過去のデータや経験から弾力と沈み込みのバランスが最も平均的なものを【硬さ3】【硬さ4】とし、沈み込みが多くなるにつれ【硬さ2】【硬さ1】のやわらかめの仕様となります。逆に沈み込みが少なく弾力が強くなるにつれ【硬さ5】【硬さ6】の硬めの仕様となります。硬さの変更は過去の経験などからなるべくお客様のご希望に沿うように仕上げるよう努めておりますが、実際に体感していただくことが出来ないため、お客様と当店に感覚の相違がある場合もございます。そのような場合でもキャンセル・返品などはお受け出来ませんので予めご理解いただきますようお願い致します。

    Q.全体的に背もたれが低いソファが多いように思います。なぜですか?

    A.当店はソファはイタリアンモダンをベースに日本の住宅の広さに合わせて設計しています。ここ数年のモダンスタイルは背もたれが低めでシンプルな形が流行です。背もたれを低く設定することで少々狭いお部屋にソファを置いても圧迫感がなくお部屋を広く見せることが出来ます。また、幅は1800−2000mmのものが見た目のバランスが良く、日本では一般的なサイズとされています。

    Q.アルミ製とのスチール製の脚の違いを教えてください。

    A.アルミは柔らかい金属なので比較的キズが付きやすいのが短所ですが、長所は加工が容易で様々なデザインが流通していることです。スチールは強度が強いのが長所ですが、短所は塗装仕上げをしているので衝撃を加えると塗装が剥がれる可能性があることです。ソファの脚としての強度はどちらも十分なものがございます。デザインでお選びいただければ宜しいかと思います。

    Q.ソファ購入後のメンテナンス(張替え・修理)は可能ですか?

    A.恐れ入りますが、他社製の製品はスタッフがお伺い出来る地域のみ対応可能です。基本的には当工場までお持ちいただけるお客様のみとなります。ソファ専門店bloccoの製品は、当店でも張替え修理は可能ですが、往復の送料はお客様負担となるため、少々コストが高くなってしまいます。(当工場近郊のお客様に限り、引き取り修理などを行わせていただきます。)なお、当店も所属しておりますが【社団法人 日本家具産業振興会】の所属業者に依頼して張替え修理を行うことも可能です。所属業者は全国に分布しておりますのでお近くの業者に依頼することで、より安く張替え修理が行えます。ご参考にしていただけましたら幸いです。

    検索[家具修理職人.com]

    ・ソファのカスタマイズに関するQ&A

    Q.ソファの幅はどのくらいまで大きく出来ますか?

    A.配送サイズの関係で最大幅2500mmほどが限界サイズです。それ以上のサイズの場合はソファを分割して作り、搬入後に連結金具で固定する方法をオススメしています。また、大きなサイズのソファは搬入経路の十分なチェックが必要であるとともに大変重量があるので搬入時に人手が必要となります。なお、当店の通常配送は佐川急便(玄関先引き渡し)を利用しておりますが、2200mm以上のものは規格外となり、ご利用いただけません。幅2200mmを超えるソファに関しては、家具専門の配送業者による開梱設置サービス付きの特別配送をご利用いただく必要がございます。(別途見積り)

    Q.背クッションの高さをもう少し高くすることは可能ですか?

    A.可能です。追加料金が掛りますのでご希望の場合はWEBフォームにてご希望のソファとタイプ(3人掛けなど)をご入力の上、お問い合わせください。なお、本体の背もたれ部分の高さ変更はお受けしておりませんので、背クッションをあまり高くしてしまうと後ろに倒れて転がり落ちてしまう可能性があるため、背クッションの高さ変更は+10cmまでとさせていただきます。

    Q.硬さを変更したいのですが、何かデメリットなどはございますか?

    A.座クッションに使用されているウレタンは一般的には柔らかいものほど密度が低くヘタリやすい傾向にございます。硬さを柔らかく変更する場合はヘタリやすくなるというデメリットがございます。密度が低い=内部に潰れる空間があるということが原因です。当店で使用されているウレタンはすべて日本製の高級ウレタンなので粘りが強く柔らかいタイプのウレタンも比較的ヘタリにくいものですが、耐久性を重視されるのであれば硬めにするのがオススメです。また、腰痛をお持ちの方には沈み込みが腰への負担となりますので出来るだけ硬くするのがオススメです。硬くする場合のデメリットは弾力が増し、クッションが通常より膨らむことでクッションの厚みが増えるため、座高が高くなる場合がございます。基本的には硬さ変更は無料で対応しておりますが、ポケットコイル仕様にする場合やフェザー仕様にする場合など追加料金が掛かる場合がございます。硬さ変更をご希望の場合はお問い合わせください。

    Q.脚の長さを変更することはできますか?

    A.有料となりますが、木製脚のみ変更可能です。なお、金属製の脚は変更することは出来ません。木製脚の種類によって変更出来るサイズが異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

    Q.ソファの奥行きをもう少し増やしたいのですが、可能ですか?

    A.誠に申し訳ございませんが、奥行き方向の変更は基本的にはお受けしておりません。その理由として奥行きを変更する場合、大変多くの部材の寸法が変わることで手間とコストが多く掛かってしまい、ソファの適正価格を大幅に超えてしまうことから当店ではオススメしておりません。なお、本体部分は変更せずに座クッションの奥行きのみ変更(本体から座クッションが前にとび出る)する場合は、お受けしております。奥行き方向の変更についてのご相談ください。

    Q.ヘッドレストを作ってもらえますか?

    A.はい。作れます。背クッションと本体の間に差し込んで固定するタイプのヘッドレストとなります。背クッションの上に円柱状のクッションが載るタイプですので、設置位置は背クッションの高さに依存します。ヘッドレストをご希望の場合はソファご購入の際に合わせてご相談ください。

    Q.フェザー仕様の座クッションを硬くすることは可能ですか?

    A.可能ですが、フェザー仕様の座クッションは多層ウレタンの上にフェザーを敷き詰めた仕様なので多層ウレタンで硬さを調整した場合でもフェザー特有のふかふか感は残ってしまいます。座った瞬間のフェザーの空気が抜ける感じと空気を吸いながらゆっくりと戻る感触はありますが、多層ウレタンを硬くすることで全体的には硬くなります。

    Q.ツートンカラーのソファが欲しいんですが、対応可能ですか?

    A.フロリアのようにツートンで張り地をご選択いただけるタイプはもちろんですが、ツートンが設定されていないソファでもツートンで作ることは可能です。また、複数色で作ってほしいというご要望にもお応えしております。ソファの種類や張り地によって追加料金が掛かりますので、お問い合わせください。

    ソファに関する質問
    ソファ専門店blocco | 欲しいソファが必ず見つかる専門店(札幌の創業60年老舗家具メーカー直営店)