ソファ専門店bloccoの商品

オーダーソファ

ソファができあがるまで

ソファが出来るまで

お客様の声

人気のキッズスペース♪

ソファ専門店bloccoの公式フェイスブック

フェイスブック

 ソファはイメージよりも意外と大きな家具です。ソファ選びのスタートは、お部屋のサイズを正確に測ることから始めましょう。方眼紙を使用して間取り図を描き、ソファの配置を想定するとイメージしやすいと思います。宜しければコチラをプリントアウトしてご使用ください。
・ ソファの配置で気をつけることは、動作空間と生活動線です。
ソファ配置のコツ〜動作空間と生活動線
ソファ配置のコツ〜ドア開閉スペース
ソファの配置のコツ〜引き出し開閉スペース
 人が立ったり座ったりするスペースは勿論ですが、TVやDVDなどのAV機器を操作するスペース、ドアや引き出しなどの開閉スペースなど動作空間を確保しながら、人が家の中を動き回る生活動線に配慮したソファの配置を事前にシミュレーションするのも大切です。その結果。「ちょっとソファが大きいな…。」「もう少し大きいソファがピッタリなんだけど…。」と感じるお客様も少なくありません。そのような場合も、当店のソファは幅変更などもお受けしておりますので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。
・ ソファを設置する際は、その他の家具との適度な距離を持たせることが大切です。
ソファとテーブルとの適切な距離1
ソファに座って寛ぐことの多い場合、ソファとテーブルとの距離は30cm以上がよいでしょう。テーブルの上の物に手が届き、足を自然に伸ばすことの出来る距離となります。
ソファとテーブルとの適切な距離2
ソファを背もたれにして床に座ることが多い場合は、ソファとテーブルとの距離は45cm以上は必要となります。足を伸ばして座っても膝がテーブルに当たりにくい距離となります。
AV機器を操作するスペース
AVボードなどの前でAV機器の操作をしたり、引き出しの開閉をする必要がある場合は、テーブルとAVボードとの距離を80cm以上離す必要があります。
ソファとテレビとの適切な距離
ソファとテレビとの距離は2m以上離れているのが良いでしょう。ソファとテレビとの間にテーブルなどを設置する場合は、それぞれに若干広めの空間を持たせることが出来ればベストです。
・ 部屋の広さと合わせてソファの配置スタイルを考える。
ソファ配置シンプルスタイル
最も一般的なスタイル。ソファとテレビの間にテーブルを置く。最もシンプルでコンパクトな置き方。
ソファの配置ホームシアタースタイル
1人掛け+オットマンで足を投げ出して寛ぐことが出来るので、読書やホームシアターなどゆっくりと楽しむには最適なスタイル
ソファ設置ラウンジスタイル
相手を斜めに見ながら会話が出来るラウンジスタイル、コミュニケーションに適した和やかな雰囲気を生むスタイル。
ソファ配置リラックススタイル
ソファとオットマンの一般的な置き方。来客時にはオットマンを離してスツールとしても使用が出来るので使い勝手の良いスタイル。
ソファ配置ミーティングスタイル
ソファを対面式に設置する応接スタイル。適度な緊張感が生まれフォーマルな雰囲気になります。
ソファ設置コーナースタイル
お部屋のコーナーを上手に利用した設置スタイル。ファミリーや大人数で楽しく賑やかに過ごすのに最適です。
 色には様々な要素があり、相性を考えた上手な色の使い方の法則があります。色の合わせ方を知ることで誰でも簡単にインテリアコーディネートを楽しむことが出来ます。
色を表現する要素

色相:赤・青・黄など色の違いや色調・色合い。色味のある色を有彩色、白・黒・灰などの色味のない色を無彩色と言います。

 

明度:色の明るさの度合い。白に近づくほど明度が高く、黒に近づくほど明度が低いことを意味します。

 

彩度:色の鮮やかさの度合い。鮮やかな色ほど彩度が高く、濁りのある色ほど彩度が低いことを意味します。

 

トーン:明度と彩度を合わせたもの。

 

各色相の中で彩度の高い有彩色を近い色でつなぎ合わせると1つの輪になり、これを【色相環】と言います。

オーソドックスで統一感のあるインテリアになります。色相環から1色を選びトーンの違うものを合わせます。失敗が少なく誰でもまとめやすい反面、単調で面白みに欠ける空間になりやすいので、アクセントに類似色や反対色を取り入れるなど変化をつけるとよいでしょう。

【ナチュラル色の家具に合わせた配色】

【ダークブラウン色の家具に合わせた配色】

【ホワイトを基調とした配色】

【ブラックを基調とした配色】

色のイメージが似ているので、まとまりのあるインテリアになります。配色バランスが同じだとメリハリがなくなるので、ベースとなるカラーを決めて色の配分を考えるのがコツです。変化をつけたい場合は、トーンの差が大きい色を配色しましょう。

 

【暖色系を合わせた配色】

 

【寒色系を合わせた配色】

トーンが離れた色相同士を組み合わせます。ダンナミックな印象になることが多く、空間の変化がつけやすい配色になります。モノトーンの組み合わせなど都会っぽい雰囲気になったり、モダンな印象を与えます。

 

【和モダンをイメージした配色】

 

【アーバンモダンな都会的な配色】

反対色を組み合わせた配色。お互いの色を引き立てて個性的なインテリアになります。ベースカラーを決め、配色のバランスやトーンを考える必要があるため、まとまりを持たせるのが非常に難しいコーディネート上級者向きの配色です。アクセントにのみ反対色を使うのも有効です。

 

【赤をベースにグリーンを組み合わせ配色】

 

【個性的でアンバランスな配色】

違う色相同士を同じようなトーンで配色します。たくさんの色を使う場合は、トーンを抑えることで統一感を出すことが出来ます。トーンが明るいほどポップに、トーンが暗いほどシックなイメージになります。トーンが淡いほど優しいイメージになります。

 

【明るく淡い色で子供部屋っぽい配色】

 

【暗いトーンでシックな配色】

・ライフスタイルに合わせたソファの形
 ソファの過ごし方やライフスタイルもソファ選びの大切なポイントです。お客様のそれぞれのスタイルにより、最適なソファのデザインや形は異なります。自分のライフスタイルをイメージしながらソファをご選択されることをおすすめします。
一般的なデザイン
一般的なデザイン
[ 背もたれよりも肘が低い一般的なデザイン ]
[ 背もたれと肘が同じ高さのデザイン ]
 ご夫婦や家族と座ったり、ゴロンと横になって肘を枕代わりにすることも出来るので、幅広い過ごし方が出来ます。家事の合間に立ったり座ったりが多い場合は、肘にも腰かけることが出来る肘幅の広いタイプ、読書やテレビを楽しむにはオットマン付きのセットがおすすめです。
 ソファでゴロンと横になるには不向きなデザインですが、肘を背もたれ代わりにして座ることも出来るので、オットマンがなくても脚を伸ばしてリラックス出来ます。肘が高いので家事や電話などの際の立ち座りも便利です。また、奥行きが広いのでソファの上であぐらをかいて過ごすのにも向いています。
一般的なデザイン
一般的なデザイン
[ アームレス(肘なし)のデザイン ]
[ L字型などのセットソファ ]
 場所をとらずに省スペースに設置することが出来るので、ソファを置くスペースが少ない1人暮らしの方などにおすすめです。コンパクトなのでデッドスペースなどを有効活用するにも便利です。幅を変更することにより、ゴロンと横になることも出来ます。
 家族みんなでゆったりと寛ぐのに最適で、お部屋のコーナーなどを上手に利用し、大人数が座ることができるため、ホームパーティでも活躍します。1台1台を別々に使用することも出来るので、レイアウトパターンも豊富です。
・最適な張り地の素材はどっち?
ソファの張り地には、大きく分けて布地(ファブリック)と合皮(ソフトレザー)の2種類があります。それぞれに長所と短所があるので、ペットのいるご家庭や小さなお子様がいるご家庭では、お手入れのしやすいソフトレザーをお選びいただくなど生活環境に合わせてお選びいただければ宜しいかと思います。
布地(ファブリック)の生地の特徴
 色だけではなくテクスチャーの種類も多く、生地によりそれぞれ違った雰囲気や表情を持っており、選択肢が大変豊富です。また、温かみのある優しい肌触りが自然に体にフィットするので大変人気がありますが、汚れが染み込むと落としにくいのが欠点です。ソファの種類によってはカバーを取り外してドライクリーニングなどのお手入れも可能です。最近では撥水加工や防汚コーティングなどを施した汚れにくい生地もあります。
合皮(ソフトレザー)の生地の特徴
 手触りが良く滑らかで、本革に似た風合いがあります。伸縮性に優れており、耐久性も高いので、ペットやお子様がいるご家庭にもおすすめです。通常の汚れであれば、水や薄めた中性洗剤をタオルなどの布に染み込ませて拭き取ることが出来、お手入れがしやすいのが特徴です。通気性が少ないので体温に馴染みにくく、暑い季節にはべたついたり、寒い季節にはひやっとした感じがすることがあるのが欠点です。

 単純に「硬いソファはちょっと…」「腰痛持ちなので硬いのがいい。」「どちらかと言うと硬めかな。」など、好きな座り心地で判断する方法が一般的ですが、座り心地の感じ方には主観的な部分が多いので、実際に座らずにソファを選ぶのは難しいと思われる方も少なくありません。1日中ソファの上で過ごされる方や数時間ソファの上でごろっと寝転がってTVなどを鑑賞される方など、ソファをご使用される方の生活スタイルや過ごし方など、人それぞれ異なります。お好みの硬さと生活スタイルを考慮した硬さ選びをするのがオススメです。ソファは使用するにつれて必ずクッション性などが衰えていくものなので座り心地も徐々に変化していきます。当店では少しでも長期間ご使用いただけるように、素材にこだわり、一般的なものより少々硬めに作っています。当店では、硬さの変更は無料で対応しておりますので、ご希望の商品の硬さ6段階表示をご覧いただき、お好みの硬さではない場合は、お気軽にご相談ください。

1:やわらかめ
 包み込まれるようなフィット感が欲しい方に最適な硬さです。柔らかい高密度ウレタンかフェザーをたっぷりと使う場合が多いため、硬めの座り心地のものより型崩れを起こしやすいのでソファの上であまり長時間座らない方で柔らかい座り心地が好きな方にオススメです。
2:やや柔らかめ
 体に馴染みやすいふっくらとした硬さ。弾力も残しつつ、そこそこ沈み込みが欲しい方に最適の硬さです。ほどよく体にフィットする感じがあり、優しく沈み込むのでリラックス感もあり、どちらかと言うと柔らかめの座り心地が好きという方にオススメです。

3:やや柔らかめ&

ほどよい弾力

 最も一般的で平均的な硬さ。沈み込みと弾力のバランスが良く、優しい沈み込みもありながら、安定感もある硬さなので、テレビを観たり、おしゃべりをしたりするには最適の硬さです。

4:やや硬め&

ほどよい沈み込み

 最も一般的で平均的な硬さ。沈み込みと弾力のバランスが良く、安定感と耐久性があるため、読書などゆっくりと過ごすには最適な硬さで大変人気のある硬さです。
5:やや硬め
 しっかりとした弾力で疲れにくいため、ゆっくりとソファの上で寛ぐには最適な硬さです。非常に安定感があるのでソファに寝転がったり、あぐらをかいて過ごしたりする方にオススメの硬さだと思います。そこそこの沈み込みもあるのでどちらかと言うと硬めの座り心地が好きという方はこちらを選びましょう。硬めの高密度ウレタンの割合が多いため、耐久性にも優れています。
6:硬め
 沈み込みが少ないので腰などに負担がかかりくく、長時間座っていても疲れにくい硬さです。硬さの質は異なりますが、公共交通機関のシートなども近い硬さだと思います。硬めの高密度ウレタンを使用する場合が多いため、耐久性は非常に高いものとなります。高反発なので立ちあがりやすいのも特徴です。
 座り心地を決める要素には、大きく分けて2つあります。1つは上で述べた5段階に分けた【硬さによる影響】ともう一つは【クッションの質による影響】があります。クッションの質とは、例えば、同じ「やわらかい」座り心地でも、高密度のやわらかいウレタンによって作られたものか、フェザーをたっぷりと使ってやわらかさを出しているのか、どのような材料で設計されているかにより、「シンプルで粘りのあるやわらかさ」なのか「フェザー独特の空気を抜きながらゆっくりと沈み込む、ふんわりとしたやわらかさ」なのか、という素材による座り心地の質の違いが出てきます。ソファは座るためのものですから、当店では座り心地の質を高めるためのクッション素材にも、こだわっています。
ウレタンフォーム
 日本製ウレタンの特徴でもある、粘りが強く耐久性に優れた高密度ウレタンを使用しています。やわらかさの核となる高密度ウレタンの密度は業界最高クラスの 58 kg/m3。

粘りが強いことで、しっとりとした沈み込みが得られます。

ダイメトロール
 米国デュポン社が開発した「人の脂肪によく似た素材」として、世界的に注目を浴びている商品。金属製バネに替わる素材で、非常に優れた伸縮性を持つ繊維を束にした糸で織られた布状のクッション材で、その驚くべき耐久性は金属製のバネの5倍以上と言われています。金属製のバネのようにギシギシという音鳴りもなく、錆びて折れたりという心配もありません。大変通気性に優れているので、梅雨のある日本の気候に、最適なものだと思います。また、リサイクル出来る素材として環境問題も視野に入れた優秀な素材です。大変高価な素材なので一般的には高級ソファにのみ使用されていることが多いようです。当店ではほとんどのソファに使用しています。
ポケットコイル
 最近では、非常に安価なポケットコイルが市場に出回るようになり、ソファの一般的な素材として知られるようになりましたが、ポケットコイルにも様々あり、コイルの巻きが少なかったり、コイル自体が細いものだったり、本来の「長時間座っていても疲れにくい」というポケットコイルの特徴も信頼性の薄いものになりつつあります。安価なものはコイルが弱く、いつも座る部分が凹んで元に戻らなくなったりとトラブルも多いようです。当店では日本製の上質なポケットコイルのみを使用していますので、信頼性が非常に高く、大変優れたクッション性を実現しています。
フェザー
 布団やジャケットなどに使用されているダウンは水鳥の胸のあたりのたんぽぽの綿毛のような形状で大変軽く柔らかいのが特徴で、空気をたくさん含んで膨らむので空気の層を作り、大変暖かいため、布団などの素材に最適とされています。一方、フェザーは芯のある羽の部分でほどよい弾力とやわらかさが、ソファなどのクッション材に最適とされています。フェザーの芯の部分に脂肪があり、独特な臭いがすることがありますが、当店では国内で殺菌洗浄した臭いの少ないものだけを使用しています。
エステル綿
 ハウスダストなどの発生を抑え、弾力があるのが特徴。主にフェザーと混合することで弾力を増やしたり、フェザークッションのヨレ防止に使っています。
張り地
 大きく分けて、布製(ファブリック)と合皮(ソフトレザー)があります。布製は通気性に優れているため、クッション性をストレートに伝えますが、合皮は通気性が悪いため、空気の抜け具合いにより、沈み込みスピードが極端に遅くなることがあります。
ソファ専門店blocco | 欲しいソファが必ず見つかる専門店(札幌の創業60年老舗家具メーカー直営店)