大人の女性のためのインポートセレクトショップ
大人の女性のためのインポートセレクトショップ
[ビリエッテリア](ビリエッタ楽天店)

実店舗ビリエッタ大阪06-4799-1970(11:00-20:00)

こだわりのオーダーが叶うAMBELLのお洋服。


毎シーズン、ユニークな生地や新しいデザインで私達を楽しませてくれるAMBELL(アンベル)。
取り扱いをスタートしてから7年もの年月が流れましたが、2022年春夏はAMBELLの素晴らしさをお客様に更に知っていただきたいと思い、様々な商品をオーダーしました。
 
AMBELLは高いデザイン性や素材の良さ、他の服にもマッチする着やすさが魅力ですがそれに加え、エクスクルーシブアイテムの展開をさせていただいているところも大きな魅力の1つ。
年2回開催される展示会では、バイヤーのリクエストに応えてもらいコレクションで展開のなかったアイテムが実現することもあります。
私達がお客様へ提案したいイメージに対して、耳を傾けていただけるとてもありがたいブランドの1つです。
 
通常のエクスクルーシブとは少し違ったAMBELLのオーダー。
展示会の最中に、生地の選定やバイヤーとパタンナーさんで何度もフィッティングが行われてるとのこと。
現場が気になりすぎたので、展示会にお邪魔してきました!

少しだけおさらい!!brand 概要

AMBELL

アンベル

AMBELL(アンベル)は2009年スタートしたブランド。
デザイナーは門野文蔵氏。アン ヴァレリー アッシュ、ヴェロニク ルロワなどで経験を積み、その後日本で独立しました。
 
ブランドの名前は、AMBER(琥珀:時間が経つごとに価値が増すモノ、香りを楽しむためのモノ)+BELL (ベル:ものごとを知らせる、発信するためのモノ、幸運を呼ぶモノ、視覚、聴覚などの感覚的なモノ)の2つの単語から作られています。
 
着る女性が内面からラグジュアリーを感じ、ブランドコンセプトでもあるタイムレスな服を香りと共に展開。
細部にまでこだわった温かみのあるコレクションは、古いものと現代のものを対比させながらアーカイブへの尊敬を持ち独自のメッセージ性を帯びています。



奈良明日香村にあるAMBELLのアトリエ

展示会にお邪魔しました!!



AMBELLの展示会はAMBELLのアトリエ兼ショールームで開催されます。
場所は奈良の明日香村。
日本で唯一全域が古都保存法対象地域の村で、建物は瓦屋根に限定されています。また、古墳や寺院、歴史的建造物が多く存在し、日本の美しい景観と歴史や文化を楽しめる場所です。

そんなAMBELLのアトリエもやはり瓦屋根。 もともと工場だった中を改装しアトリエとショールームを作りました。



一歩足を踏み入れると、ほのかに香る檜が印象的でした。
天井から吊るされたアンティーク調の額縁をラックに。古いものと現代のものを対比させながらアーカイブへの尊敬を込めて表現するAMBELLの世界観が表れています。
拠点を都会の東京から奈良へ移して4年が立ちますが、自然のある場所に身を置くことで天然繊維と触れ合う機会も増え、AMBELLと天然繊維の関わりもより深まったそうです。


2022SS concept



シーズンのコンセプトは特に設けていないことが多いAMBELL。
しかし内面から感じるラグジュアリーさやナチュラルなリラックス感をいつもとても大事にしています。
内面から感じるラグジュアリーさとは、心地の良い手触りや豊かな気持ちになる着心地を表します。
特に今年はナチュラルでヴィンテージラグジュアリー感のある素材を中心に使用しました。
ラフで上質なコレクションは、暑い夏でも袖を通すとリラックスでき優美な気持ちにさせてくれます。





ビリエッタがセレクトした商品

スライドでご覧いただけます




EXCLUSIVEが出来るまで

EXCLUCIVEアイテムを今シーズンもいくつか展開しています。完成までの道のり


@生地の選定

アイテムをピックアップしてから選ぶのがカラーなのですが、今回バイヤーが最後の最後まで悩んだのがこちらファブリックのシリーズ。
このシリーズの華やかさに惹かれ、ワンピース、スカート、トップスと3モデルオーダーすることになりました。

こちらの生地、生地屋さんでもお取り置きが難しいとおっしゃる程人気のある生地で、シルクリネンの生地を使った生地の中では珍しい風合いだそうです。
色違いの生地を見せてもらって、各アイテムをどのカラーで作るかを門野さんと相談し吟味するバイヤー。
布の面積が大きくなるワンピースだと仕上がりをイメージするのが難しく、カラー選びも慎重になります。







Aサイジングの見直し

デザイン性の高い服を綺麗に着こなす為には、フィッテイングがとても重要。ベストなバランスで着用したいという思いもあり、バイヤー自ら試着して可能な限りで微調整を加えてもらっています。

フィッティングの相談は、パタンナーの東さんと。 東さん自身も本場パリのイブ サンローランやヴェロニクルロア、グスタヴォ リンスに師事し、キャリアを重ねたほどの腕の持ち主です。

写真は別の商品のフィッティングになりますが、バイヤーはセレクトする商品をなるべく全部試着してシルエットなどを確認していきます。
実際に一から仕立てるように針を留めてもらい、サイズ感の見直しを行いました。また今回カットソーにおいては、バイヤーが理想と思う型をAMBELLで作成してもらいました!

当店でオーダーした商品






Bオーダーして半年後・・・店舗に入荷

実店舗の様子
入荷してから早速お店にレイアウトしました。
プリントが華やかなのでお店の入り口にメインでディスプレイをしています。
店舗ではまだセール商品も展開していますが、AMBELLがあるとお店の雰囲気が一気に春めきます。




■buyer's comment■

2015年からbigliettaでお取扱いが始まり、今年で7年目を迎えるAMBELL。
基本はベーシック、その中にしっかりとモダンさも加えたスタイルを毎シーズン提案してくれます。
 
通常、展示会ではデザインや生地を見て『あ、これ良いな。』と思い、そのままオーダーさせていただく事が殆どですがAMBELLに限ってはそれだけに収まらず、ベースにあるデザインを元に私の要望でサイジングから始まり、丈の長さや細かなディテールまでを相談しながら別注アイテムとして作っていただく事も多くあります。
お付き合いが始まってからこれまでの長い年月、bigliettaというお店を熟知し、理解してくれているお二人だからこそ、それを安心して任せる事が出来、毎回パーフェクトな仕上がりが叶います。
また、毎シーズン提案していただけるハイクオリティな生地や縫製の仕方は、幅広いシチュエーションで着る人の動きに馴染み、洗練された表情を生み出すのにひと役買ってくれます。




Coordinate

スライドでご覧いただけます