翻訳用に各画像の下にテキストを表記しております。
WEBブラウザの自動翻訳か翻訳サイトでご覧ください。

A text is being transcribed under each picture for translation. Please see it by automatic translation or a translation site of a web browser.
在翻譯用在各圖像下標明著文本。 WEB瀏覽器的自動翻譯嗎在翻譯網站請看。
在翻译用在各图像下标明着文本。 WEB浏览器的自动翻译吗在翻译网站请看。
번역용에 각이미지 밑에 텍스트를 표기하고 있습니다. WEB브라우저의 자동번역나 번역 사이트에서 봐 주세요.
日本語のアニメですがナノカプセル技術の素晴らしさをご覧ください。

行政の研究機関と共同開発!!
未来を拓く最先端のナノテクノロジー!
感じてください"ナノ"の力を

吸収5倍のFucoidanです


Fucoidanについてこんなふうに思っていませんか?

低分子の方が吸収されやすい
液体だったら内容量=含有量
高価な方が品質も優れている

そんなFucoidanのイメージを思いっきり超えたサプリメントです!

(1)注目される海藻成分"Fucoidan"とは?

(2)フコイダンとは、モズクや昆布などの海藻類のヌメヌメ成分に含まれる食物繊維の一種です。
海藻類が潮の流れなどで生じた傷の修復や、微生物などに食べられないように自身を守るバリア的役割を果たすため海藻類にとって必要不可欠な物質なのです。
科学的には、生物界に広く分布するフコースを主構成糖として、硫酸基やウロン酸が結びついた多糖類です。
サプリメント先進国のアメリカでは早くから注目され、現在では世界中の国々で研究が進められています。近年、国内においても健康食品・飲料、化粧品などに使用されている注目の成分です。

(3)配合しているフコイダンの原液です。

(4)Fucoidanが傷を治す(修復機能)
(5)Fucoidanが細菌から守る(バリア機能)
(6)Fucoidanが乾燥を防ぐ(保湿機能)

Fucoidan製品の永遠のテーマ
「高分子=吸収率が悪い」「低分子=活性が失われる」
最先端のナノテクノロジーが解決しました!

「Fucoidan Life NANO」が選ばれる3つの理由


ナノカプセルの概要などについては色素(Curcumin)でわかりやすい秋ウコン(Turmeric)にて説明させていただきます。



(1)高分子のままナノカプセル化に成功

Fucoidanを低分子化することはFucoidanの力を失ってしまいます。 本品は最先端のナノテクノロジーによりFucoidanを高分子のまま直径100nm~500nm(ナノメートル)のカプセルに包みました。
ナノカプセルとは近年では吸収促進剤などとして医薬品や化粧品に活用されている最先端のテクノロジーですが高度な技術と高価な原料を用いた製造プロセスが主だったため食品分野へは応用されていませんでした。
しかし、この度、原料メーカー(日本でトップクラスのFucoidan製造会社)と公的機関との「産官共同開発」により食品原料のみでのナノカプセル化を実現しました。 (特許3858073号)

(1)ナノカプセル処理前のTurmericエキス

写真右下の白いラインが100μmのサイズ。※μm=とはmicro meterで100万分の1メートルマイクロメートルナノカプセル

(2)カプセル化の材料と健康食品の素材

(3)ナノカプセル化処理。自発的に集合と配列を行ないカプセル状の構造を作ります。

(4)ナノカプセル処理後のTurmericエキス

写真右下の白いラインが100nmのサイズ。※nm=とはnano meterで、1/1,000,000,000m=1/1,000,000mm

ナノカプセルとは?

健康食品に含まれる有用成分には油に溶ける性質(親油成分)と水に溶ける性質(親水成分)があります。
ナノカプセルは、このような有用成分を「リポソーム」という大豆などから作るリン脂質膜に超微粒子(ナノサイズ)で包み込むことです。
また、ナノカプセルに内包し摂取することで成分の吸収率向上の他に胃腸内環境における有用成分の保護作用などが期待されます。

イラストの通りカプセルの直径は100nm~500nm



(2)胃酸・膵液から有用成分を守ります!

人間は食べ物を口にすると胃で消化を始めますが、ナノカプセルで包むことによって大事なFucoidanを胃酸や膵液から保護します。
秋ウコン(Turmeric)にはさまざまな成分が含まれており、特にCurcumin(色素)が有名です。
しかし、Curcuminは、胃酸など激しい環境によって分解され、成分が腸管に届く前に摂取前の成分量と比べて減少していることが予想されます。
そこで、Turmericエキス及びナノカプセル化したTurmericエキスを用い試験管レベルにおける人工胃酸(pH2.0、ペプシン)及び人工膵液(pH8.3、パンクレアチン)処理を行い、Turmeric内包ナノカプセルの、機能性成分”Curcumin”の消化液からの保護作用を検証いたしました。


(1)ナノカプセル化により有用成分を胃酸・膵液から保護します!

(2)従来技術

(3)ナノカプセル化

(4)胃酸と膵液で分解・消化されます

(5)従来技術は分解を受けやすい 活性や効果を失う

(6)ナノカプセル化は分解を受けにくい 活性や効果が持続

(1)胃酸処理試験におけるCurcumin残存率

(2)Turmeric、84.3%

(3)Turmeric(ナノカプセル化)、90.3%

(4)膵液処理試験におけるCurcumin残存率

(5)Turmeric、55.3%

(6)Turmeric(ナノカプセル化)、100%

(7)胃酸と膵液処理試験におけるCurcumin残存率の合計

(8)Turmeric、46.6%

(9)Turmeric(ナノカプセル化)、90.3%



(3)ナノカプセル化により吸収率が5倍にアップ!



(1)高分子のフコイダンは吸収率が悪いと言われていましたがナノカプセル化により吸収率5倍アップを実現しました!
(2)ナノカプセル化により吸収率の向上が期待できます
(3)従来技術
(4)ナノカプセル化
(5)凝集している(三次元的に集合)
(6)100ナノメートル~500ナノメートルのサイズ
(7)腸管の粘膜
(8)吸収されにくい
(9)吸収されやすい
(10)大きな塊になる吸収率が低い
(11)塊にならない吸収率が高い

(12)フコイダンが吸収されにくいのは集合しお互いがくっつき合うことで大きな塊になるからだと推測されます。よって、Fucoidanが吸収されにくいのは集合することで1マイクロメートル以上の分子構造を形成するためパイエル板(腸管)における吸収に関わる穴に入らないためと思われます。(その集合を逃れたFucoidanが吸収されます)

本品はナノカプセル化によってFucoidan同士の集合を防ぎ、粒子径をパイエル板(腸管)から積極的に吸収される100nm~500nmに調製してありますので、有用成分であるFucoidanの腸管吸収率を向上させることができるのです。


Fucoidanの体内透過率は最大で約17倍アップ!

オキナワモズク(沖縄もずく)から抽出したFucoidanは水溶性食物繊維の一種で、ヒト生体内では分解酵素による分解を受けない難消化性物質のため腸管吸収されにくいと考えられてきました。また、Fucoidanは高分子の物質であり、集合する(くっつき合う)ため腸管からの吸収が非常に悪く、期待される効果が得られ難い問題がありました。このオキナワモズクのFucoidanを原材料として特許技術で精製したナノカプセル化Fucoidanを使用すると体内での成分の透過率が原材料のFucoidanとくらべて約17倍に向上されたことが証明されました。
※原材料の高分子Fucoidanとナノカプセル化Fucoidanの吸収率のちがいをヒト消化管由来細胞で試験しました。


(1)人体の小腸模型
(2)2時間後の透過率。左が通常のFucoidan、右がナノカプセル化Fucoidan
(3)その結果、腸管側から基底膜側への透過率(吸収率)は原材料のFucoidanが0.09%に対し、ナノカプセル化Fucoidanは1.51%と約17倍向上することが確認されました。
(4)※ヒト消化管由来細胞Caco-2を用いて小腸膜モデルを形成し、Fucoidan及びナノカプセル化Fucoidanの吸収性評価と吸収効率の違いを推測しました。この手法は薬物透過性の推測試験として汎用されています。


ラットによるCurcumin血中濃度は5~10倍に!

秋ウコン(Turmeric)エキスの"Curcumin"は親油成分のために水に溶けにくく、また水中ではCurcumin同士が集合するため腸管からの吸収が非常に悪く、期待される効果が得がたい問題がありました。そこで、Curcuminおよびナノカプセル化したCurcuminをラットに経口投与した場合の血中Curcumin濃度を測定し、Curcuminをナノカプセル化した場合の吸収向上について検証しました。
採血はサンプル投与後、30分、60分、120分に行い、得られた血液から血漿を調製し、Curcuminを多段階抽出してCurcumin濃度を測定、算出しました。
その結果、クルクミンのみの投与群における血中Curcumin濃度と比べて、ナノカプセル化Curcumin投与群の血中Curcumin濃度は5~10倍高く、30分~120分において有意差を示しました。


(1)Curcumin血中濃度のグラフ
(2)通常のCurcumin。
(3)ナノカプセル化Curcumin。
水に溶かしてもよく分散します。ナノカプセルは水に溶けない成分(Curcumin)も包み込むことで分離を防ぎます。

オキナワモズク由来の高純度Fucoidan
写真の中央が収獲の漁船、海中の黒いものがモズクの養殖場です。


古来より沖縄の食と健康を支えてきたオキナワモズクには毎日の健康作りに役立つFucoidanが豊富に含まれており、他の海藻と比べて含有量が3~5倍と高いので効率よく抽出できるのが特徴です。
本品ではモズクの品質を重視し、厳しい品質管理のもと生育している"沖縄県産のオキナワモズクのみを使用しています。
また、本品に使用しているFucoidanは人体に害の無いクエン酸を使ってオキナワモズクからFucoidanを抽出する有機クエン酸処理抽出法(特許第3408180号)により抽出したものを使用しています。その純度は平均90%以上と高く、琉球大学・熊本県立大学・神戸女子大学などと共同で論文発表される高品質なFucoidanですのでご安心ください。

広告にご注意ください!

よく「Fucoidan含有量はオキナワモズクの数倍」といった広告を見ますが、重要なのはその商品自体のFucoidan含有量ですので注意が必要です。


(1)高分子だからFucoidan本来の形」を損ねません!
(2)一番多いご相談「吸収率を考えると低分子の方がいいのでは?」に当店ではFucoidan本来の働きのできる高分子タイプをお勧めしています。
低分子の商品は人間は分子量500以上だと吸収出来ないという前提で本来は高分子のFucoidanを低分子化していますが、分子量を変えてしまうと下のイメージ図のように硫酸基がほどけてバラバラになり、多糖類であるFucoidanの性質が損なわれるとも言われています。
本品は最先端のナノテクノロジーにより高純度かつ高分子のまま吸収率を5倍へ大幅にアップさせることが可能になりました。
(3)高分子Fucoidan。
フコース硫酸基結合しています
(4)低分子Fucoidan。
フコース硫酸基バラバラです。

(1)健康サポート成分「純正アガリクス」「霊芝」も配合

(2)純正アガリクス(姫マツタケ)の子実体(本体)と菌糸体(根)をダブル配合

実はアガリクスとは300種類あるハラタケ属の総称です。元三重大学の伊藤均医学博士・薬学博士により約40年に渡って有用性・安全性を各種学会などへ発表されてきた純正アガリクスであるアガリクス・ブラゼイ・ムリル(姫マツタケ)の“岩出101株”と“ITO-S株”を配合しました。

(3)皇室献上の霊芝(サルノコシカケ)も配合

日本で初めて霊芝の人口栽培に成功した第一人者・直井幸雄先生(元京都大学文部技官)より伝授いただいた「直井GY株(通称:直井霊芝)」を使用しています。
直井霊芝とは直井先生が30年に渡って日本で一番多くの研究を重ねられ、皇室献上された実績をもつ安心と信頼のブランドです。

(3)本品に配合しているアガリクスと霊芝は“細胞壁破壊特許製法”により加工していますので有用成分を効率よく摂取可能です。

(4)写真:霊芝細胞壁破壊前

(5)写真:霊芝細胞壁破壊後



(1)安心の品質

(2)日本国内の認可工場にて生産しています

(3)日本国内基準(健康食品GMP)、国際基準(ISO22000)準拠の工場で製造

(4)GMPとは?
Good Manufactureing Practiceの略。日本語では適正製造規範と翻訳されています。2005年に厚生労働省(Ministry of Health, Labour and Welfare)から出された「錠剤、カプセル状食品の適正な製造に関わる基本的考え方について(ガイドライン)」を受けて健康食品GMPの認証が行なわれています。

(5)工場内の写真、充填作業、箱詰め作業


メーカー直接販売こそのお値打ち価格

フコイダンの健康食品は数百円から数万円まで価格が様々なので「高額=良い商品」と思われがちですがそんなことはありません。

1人でも多くの方に最先端ナノ技術を駆使した"Fucoidan Life NANO"をご愛用いただけるようインターネットで直接販売することで広告費や各マージンを削減しお買い求めやすい価格を実現しました。

(1)安すぎて心配なのですが?大丈夫ですか?

(2)フコイダンの健康食品は“高額の商品=高品質”と考えられる方が多く、他社で毎月数十万円の商品を購入されている方からは「安すぎて心配なのですが?」とのご相談をいただき驚くことも多々あります。

特にモズク100gから1gほどしか抽出できないFucoidanは他の健康食品より高額になりがちですが、必ずしも高額だから高品質というわけではありません。
もちろん継続してご愛用いただくためにも経済的な負担はポイントになりますが、安すぎるのは衛生管理や品質面でも不安があります。
だからこそ長年の研究実績があり「高分子であること」と「含有量が多いこと」の2点で判断してください。

(3)本品は高分子・高含有・国産原料・国内製造・適正価格を兼ね備えた健康食品だと自負しています。


楽天の人気ランキングで1位

おかげさまでセット販売もあわせてランキング1位を獲得しています!



お客様の声


(1)吸収率アップに期待しています!
ナノカプセルの吸収率アップに期待しています!

(2)
味を我慢しなくて良い
モズクの味を我慢しなくていいので嬉しいです。

(3)外泊も助かります
軽いし保管に冷蔵庫もいらないので助かります。

(4)アガリクスと霊芝が入っている
アガリクスと霊芝が入っているのが嬉しいです。

よくいただくご質問


Q. 品質管理に問題はありませんか?

A.日本国内の大手Fucoidan製造会社の原料を使用し、食品安全の国際規格ISO22000の認証および健康食品GMP認定(日本国内規格)の専門工場にて製造していますのでご安心ください。


Q. 水に混ぜて飲むないといけないのですか?

A.いいえ、混ぜていただく必要はありません。
一度に多く飲まれる場合は水などに混ぜていただいても結構ですが作り置きせずにお召し上がりください。(ナノカプセルに損傷を与えるため)
またお味噌汁や熱湯など高温もナノカプセルに損傷を与えますのでお控えください。


Q. 薬や他の食品と飲んでも大丈夫?

A.食品ですのでお薬や他のサプリメントと一緒にお召し上がりいただいても結構です。
通院中(入院中)の方は医師にご相談の上お召し上がりください。
大豆由来の素材を使用していますので大豆アレルギーをおもちの方は使用をお控えください。


Q. Fucoidanの含有量は?

A.1日あたり摂取目安量の2包(2.4g)で約660mg、4包で約1,320mgになります。
吸収率5倍で換算すると2包で3,300mg、4包で6,600mgに相当します。


Q. ナノということは低分子ですか?分子量と硫酸基は?

A.いいえ、単なる微細化(低分子化)ではなくFucoidanをナノカプセルで包みました。
分子量は約5,000で高分子Fucoidanです。硫酸基は約19.1%です。


Q. ヨウ素(ヨード)は含まれていますか?

A.はい、2包(2.4g)あたり6μgと微量ですが含まれています。
※μg=マイクログラムで0.001mgです。

カリウムは2包あたり19.68mgが含まれています。


Q. ちょっと塩味がするのですがモズクの海水ですか?

A.いいえ、味はアガリクス(姫マツタケ)によるものです。
また本品にはナトリウムが含まれています。2包当たり44.4mgとなります。(1包22.2mg)



(1)お召し上がり方について

(2)1日2包~4包をお召し上がりください。

(2)本品は食前・食後を問わずお好みの摂取量・回数でお召し上がりいただいて結構です。
ご愛用者様の傾向では就寝前など夜間に多く飲まれている方や空腹時に飲まれている方が多いようです。 人気のお召し上がり方をまとめてみました。


(4)積極的・集中的に飲まれる場合

(5)本数

(6)朝、(7)昼、(8)夜、(9)就寝前

(10)1日の合計

1行目がFucoidanの含有量、2行目が5倍の換算値

(11)1ヶ月の必要数


(1)水やぬるま湯とともにお召し上がりください。

(2)一度に飲まれる本数が多い場合、水やぬるま湯などに混ぜてお召し上がりいただいても結構ですが、作り置きせずにすぐにお召し上がりください。(ナノカプセルに損傷を与えます)、

(3)スープや熱湯などに入れることはナノカプセルに損傷を与えますのでお控えください。

(4)輸送中にスティック内の顆粒が片寄っている場合がありますので、手で開封される場合は飛び散らないようご注意ください。

(5)開封前に何度か振っていただくことをお勧めいたします。(ナノカプセルに影響を与えない加工法のため粒子が少し小さめです)

(6)※大豆由来の原料を使用しているので食品アレルギーのある方はお控えください※


内容物の片寄りにご注意ください。

本品は特殊製法のため一般的な顆粒より粒子がやや小さくなっております。
そのため折り曲げ部分(写真の赤い点線)に入り込んでいる場合がありますので、お召し上がり前に何度か振ってください。

顆粒が入り込んだ状態で点線部分を持たれたり、持ち運ぶ際に力が加わると少し固まった状態になりますのでご注意ください。

パッケージと分包サイズ

(パッケージ)横幅17.7cm×奥行11cm×高さ8.9cm、重量192g

(分包)横幅2.5cm×高さ10.3cm、

※2017年4月に箱サイズを変更し、分包フィルムを改良、外装フィルムを廃止しました。
フコイダンなどの各成分・含有量等に変更はありません。
栄養成分表示(2包2.4g当たり)
熱量 10.34kcal
たんぱく質 0.09g
脂質 0.42g
炭水化物 1.54g
ナトリウム
44.4mg
ヨウ素 0.006mg

Fucoidan(純度90%) 660mg
姫マツタケ(アガリクス)子実体細胞壁破壊末・菌糸体エキス混合末 100mg
霊芝(細胞壁破壊末) 50mg

 

フコイダンの含有量について
Nano Fucoidanの中でのFucoidanは33%となります。

本品では2包にNano Fucoidanを2,000mg配合しています。
2,000mg中にフコイダンが1/3のため約660mgと表記しています。(純度は90%以上)

 

お召し上がり方
1日2包~4包を目安に水またはぬるま湯とともにお召し上がりください。

 

名称 モズク抽出物加工食品
原材料名 モズク抽出物(沖縄産)、デキストリン、姫マツタケ子実体細胞壁破壊末・菌糸体エキス混合末、霊芝細胞壁破壊末/大豆レシチン、トレハロース、リン酸カルシウム
内容量 72g(1.2g×60包)
保存方法 高温・多湿、直射日光を避け、なるべく冷暗所に保存してください。
販売者 株式会社ビー・エイチ・ラボ(BH-Labo.Inc)
健康食品、日本製

 

ご注意 ●天然物由来原料を使用しているため、色調が若干異なる場合がございますが、品質には問題はありません。
●妊娠中・授乳中の方や通院・入院中の方は、ご使用になる前に医師にご相談ください。
●食品アレルギーのある方は、原材料名をご参照の上お召し上がりください。
●小さなお子様の手の届かないところに保管してください。
●開封後はお早めにお召し上がりください。
Fucoidan Life NANO(1package/1.2g×60)
It will be taxed at the time of ordering but will be revised to tax free later.
We will ship by EMS on the day or next business day.

(1)1package JPY20,412→18,900

(2)3packages JPY57,240→53,000(5%OFF)

(3)6packages JPY108,000→105,000(10%OFF)

(4)12packages JPY194,400→189,000(20%OFF)

Product price and EMS shipping cost