アクティブ値が違うのはどうやって採っているの?

『マヌカ』の木が自生している場所に巣箱を設置します。この際、蜂の行動範囲である約2km間隔で巣箱を設置します。各設置箇所(地域)毎に全てタンクを分けてはちみつを採取し、そのタンク毎にアクティブ値検査を行います。

その結果、各設置箇所(地域)毎のタンクによってアクティブ値が変わる為、各アクティブ値のマヌカハニーが採取出来ます。