お風呂レシピ

お風呂レシピ トップへ

今治タオルのすごいところ。

ここがすごい!「水」

  • タオルを製造する過程で絶対不可欠な水。
    とくに色染めの際に使用する水の質でその風合いが変わります。
    鉄などの重金属が少なく軟水であることが重要な染め。今治タオル産地は、染めにぴったりの天然資源に恵まれました。良質の水で晒しを行うため、ときに繊細、ときに色鮮やかな風合いに仕上げることができます。

ここがすごい!「糸」

  • 今治タオルは、使うたびに固くなる、というタオルとは一線を画します。
    決して見た目だけを追い求めることをしません。徹底して素材にこだわります。
    洗濯して糸の根本がよじれて固くならないよう、今治タオルは撚りの強い糸を使用しません。私たちが日常で安全で安心して気持ちよく使えるように、そして環境に負荷がかからないよう、人にも地球に配慮して作られています。

ここがすごい!「5秒」

  • 今治タオルとして認定されるには厳しい品質テストを通過しなければなりません。
    たとえばタオルが水中に沈み始めるまでに要する時間は5秒以内。「洗わなくても使い始めから水を吸うタオル」と定めています。
    すぐ沈むということは水分を素早く吸収するということ。手を洗ったり、スポーツをして汗をかいたり、お風呂上りに体を拭いたり・・・どんなシチュエーションでもやさしい肌触りの今治タオルが、サッと水分を吸収してくれます。

ここがすごい!「質」

  • 製造工程でかかわる職人さんが糸の一本一本に愛情をそそぐからこそ生かせる綿本来の吸水性と柔らかさ。
    何度洗濯してもその状態を持続させ、さらには洗濯時に油分を含む柔軟剤を使用しなくても心地より肌触りのタオルを実現しました。

ここがすごい!「基準」

  • 今治タオル=今治タオル認定ではありません。
    安心・安全な品質を確実に保証するため、「四国タオル工業組合」が定める独自の認定基準に合格したもののみがブランドマーク&ロゴを使用できます。
    ロゴタグはタオル自体についている場合と紙フダとしてついている場合があります。

今治タオルを選ぶ理由。

  • 一家に一枚、いや10枚はほしい!今治タオルを使っていなくても名前ぐらいは知っている、という人がイメージする今治タオルは「ふわっふわっ。」が多いかもしれません。
    そう、今治タオルは「ふわっふわっ。」なんです。しかも「ずーっとふわっふわっ」。
    最初はふんわりしていたタオルなのに徐々に硬くなってしまったタオル・・・今治タオルは豊かな水と職人さんの経験・愛情が、吸水性に富み、丈夫で最高の肌触りに作り上げています。
    一般的にタオルは洗濯すればするほど糸の根本がよじれて固くなっていきます。しかし今治タオルは撚りの強い糸を使用せず、厳しい基準を満たした素材を使用することで吸水性を持続させているのです。

    ガーデニングなどで使用するには汚れてもよいように安価ですぐ買い替えられるタオル、でもお風呂上がりは気持ちよく過ごしたいからとっておきの今治タオル。使い分けて購入する人が多いようです。

「今治市で作っている=今治タオル認定商品」ではありません。
5秒以内に水の中へ生地が沈むか等の吸水テストや、毛羽落ち・色落ちのテスト、耐久テストなど、数々の試験を突破した生地にのみ与えられる輝かしい称号なのです。

タオルの種類。

1日の疲れを癒したお風呂上がり、バスルームから出ていちばんに最初に手に取るのがタオル。
ふんわりふかふかした毛足の長い厚手タイプや、固めでしっかりした薄手タイプなど種類は様々。
種類の違いやお手入れ方法については「タオルの選び方」をご覧ください。

ソムリエからお悩み解決のご提案。

今治タオルは高品質、といってもやはり人には好みがあります。
ネットでタオルを買うのは便利ですが、思っていたのと肌ざわりが違った…なんて事もあります。
厚みはもちろん、毛足の長さや糸の織り方で肌触りが大きく変わります。
そこで、まずは小さいサイズのハンドタオルを安価で試し買い。生地や色をたしかめます。気に入ったら大きいサイズのフェイス・バスタオルを買えば、失敗しないですむんです!
ハンドタオルなら何枚かあっても困りませんよね♪

毛足の長さ

人気の今治タオルを比較してみました。
※スタッフの主観です。

今治タオルを支え続けるメーカー。

七福タオル

数多くのタオルメーカーがある中、指名買いするひとがいるほどファンが多いのが、七福タオル。昭和34年、愛媛県今治市に誕生しました。女性やこどもに好まれるような楽しくなる柄の表現、鮮やかな色づかいはまさに魔法。なんといってもその豊富なカラーバリエーション。どのご家庭でも必ずピッタリの1枚を見つけることができるでしょう。何気ない毎日を心地よく楽しく彩るタオル、毎日の触れ合いの中から実りある時を育んでいきたい、ささやかで大きな願いを込めて作っています。

くすばしタオル(楠橋紋織)

数多くのタオルメーカーがある中、指名買いするひとがいるほどファンが多昭和6年、愛媛県今治市で創業、昭和30年には生産額日本一のタオルメーカーに成長しました。「ジャカード織りといえば楠橋」といわれ、タオル業界のシンボル的企業となりました。男女ともに人気のあるdoublestarシリーズや赤ちゃんの肌着などを展開するkusuシリーズなどがあります。

ユース(YOUTH)

昭和56年、タオル製造業の吉井タオルグループの販売会社として愛媛県今治市で創業。流行に流されることなく、良質で本物と評価されるタオルを伝えひろげていくことをスローガンとしています。洗うたびにふんわりするタオルやママに包みこまれるような優しいタオルシリーズを展開しています。

丸栄タオル

昭和33年、愛媛県今治市で創業。タオルメーカーとして今治の自社工場で品質とレスポンス更にはデザインを追求したタオル創りを展開しています。イデアゾラ(idee Zora)シリーズは、シックな色合いが都会的、と人気があります。

森商事

昭和48年、愛媛県今治市で創業。瀬戸内から発信する高品質なものづくりを、世界へ架かる虹をわたるようにして夢のような商品をお客様にお届け出来るよう取り組んでいます。
その夢のような商品が今治タオルにはめずらしいモコモコタオルシリーズ。触ってみたくなるタオルです。

ハートウェル(hartwell)

昭和5年、愛媛県今治市大坪通りの小さな工場から始まりました。一本の糸に、ただ一つの色合いを託し、その巧みな織りの技術を駆使していくことにより、世界で一枚の最高のタオルを織っています。消臭・抗菌といった特殊加工が施されたシリーズがあります。

藤高タオル

大正8年、愛媛県今治市で創業。今治で「技術の藤高」と呼ばれるほど信頼が厚く、常にタオル業界をリードしているメーカーです。藤高社長は今治タオルプロジェクトの立ち上げメンバーで、今治ブランドの認知度向上に貢献されました。タオルの柄としては珍しい北欧シリーズはプレゼントとしても人気があります。

今治タオル、成功への道のり。

愛媛県今治市で製造されている今治タオルの歴史は明治27年から始まります。今日では日本一のタオル生産量を誇ります。
国内シェア約60%を占めているものの、タオル市場の8割は海外製。バブル崩壊以降、安価な海外製の流入により国産は減少の一途をたどっていました。
そこで、企業という壁を乗り越え、地域の発展のために2006年、国の支援を受けて「今治タオルプロジェクト」を立ち上げました。

日本の消費者は商品価値を的確に判断する。

ラグジュアリーブランド業界では日本をテストマーケットとして位置づけることが多く、都市部にはほとんどの有名ブランドが旗艦店をかまえてきました。日本人には、細部までチェックし、傷がないだろうか、ほつれていないだろうか、新鮮だろうか、肌触りがよいだろうか、など隅々までチェックする習慣があります。日本で認められれば世界で売れる、といわれてきたほど私たち日本人は商品価値をシビアに判断します。

本物志向の日本人の特性にマッチ。

製造拠点を海外に移しているメーカーが多いなか、あえて「日本製」にこだわる・・・それはタオル製造に携わる企業の生き残りをかけた戦いでもありました。
安心安全の国産、ブランド好き、手頃な価格で良質のものを見抜く目、気に入れば必ずリピートする・・・こういった日本人の特性に今治タオルはぴったりマッチ。
ロゴを作成しブランディングを強化。これだけでは一時的な上昇はみられても本質を見抜かれれば一気に下降してしまいます。今治タオルの成功は「品質に厳しい基準を設けることで消費者に安心をもたらす」ことにあります。

日本から世界へ。

そんなシビアな消費者が多い日本で大きな成功を手中に収めた「今治タオルブランド」。
歴史は古いものの認知度は決して高くはなかった今治タオル、いまでは全国区どころかワールドワイドなブランドとして世界に広がっています。