池田工芸 クロコダイルビルケース(長財布/札入れ)

池田工芸のクロコダイルは「黄綬勲章」の評価を頂いております。

池田工芸は、クロコダイル専門の国内自社工場のみで一貫生産を行っております。
クロコダイルビルケース(長財布/札入れ)は限定数での製作となり、カラーによっては完売次第受付終了となります。
ご希望の際はお早目にご覧下さい。▼▼


池田工芸の一枚革であつらえるクロコダイル長財布 池田工芸のクロコダイルの輝き

クロコダイルレザー。
他のレザーを圧倒する迫力は、斑に宿る。
全ての者に同じ生き方がないように
一斑、一斑、輝き、刻まれる証明。

これは、クロコダイルの実力を
存分に堪能するための一つの結論。

躍動する斑のダイナミックさを一枚革でカットし
限りなくクロコダイルに負荷をかけずに
仕立てた長財布は当主をして
「出来過ぎている」と言わしめたほど。


どれだけ人が手を加えようとも本質は変えられない。

だからこそ、それを追い求めてしまうのかもしれない。




「ラグジュアリーなクロコダイルを、上質なものだからこそ日常づかいして欲しい」
それは池田工芸が昔から大事にしてきたコンセプト。

クロコダイルレザーを一筋に手がけて70年の歴史を誇る池田工芸。
日本最大級のクロコダイル専門工場を創設し一貫した生産管理を行っている。
「クロコダイルに負荷をかけないこと」タンナーと、職人と、当主が合言葉のように
確かめ合うものづくりの姿勢が、長年にわたり工場を日本最大級たらしめている。

身に着けた人にしか分からない、クロコダイルの心満たす輝き

作品のコンセプトを発信するデザイナー、レザーの下地を作るタンナー、そして実際の作品を仕上げる工房の熟練したクラフトマンたち。
それぞれがパートナーとして一緒に一つの作品を作ってきた歴史はクロコダイル専門の池田工芸ならではのもの。
クロコダイルが放つ独特のオーラ。それは身に着けた人にしか分からない心を満たす輝きがある。
それは瑪瑙(めのう)という石を使って磨き上げるなど、池田工芸ならではの丁寧な工程を経て、一つ一つのレザーの状態を見ながら
クラフトマンによって仕立てた愛情によるものかもしれない。

池田工芸は自社工場にてグレージングから製作まで一貫して行っています 池田工芸,クロコダイル

クロコダイルの一粒一粒に宝石を扱うように命を吹き込んでいくこと。
それは自社工場による製作を一貫して行う池田工芸ならではのコンセプトです。
斑の一つ一つにふっくらとした立体感があり、まるで宝石を敷き詰めたような輝きが生まれます。

池田工芸,クロコダイル,瑪瑙,めのう クロコダイルの良さを,
  もっともっと引き出したい、という池田工芸の想い