ボタンホールゴムの使い方

1周タイプ部分タイプの使い方があります。

★☆1周タイプ★☆

 .椒織鵑鬟乾爐領消爾領表に1個づつ縫い付けます。

 ▲Ε┘好班分にゴムの通し口を作ります。

 ゴムを通して、両端を通し口から出します。

 ぅ椒織鵐曄璽爛乾爐旅腓錣刺分でウエストの大きさを調整して、それぞれのボタンを止めます。
※合わせ部分が、多ければウエストの大きさは小さくなり、少なければウエストの大きさは大きくなります。

 ゥ乾爐旅腓錣擦妊Ε┘好箸梁腓さ調整をしたら、ゴム通しの中に通して出来上がりです。


 ※内側に出たボタンをゴム通し口から出しておくと、次にゴムを出す時便利です。



★☆部分タイプ★☆

 .Ε┘好箸離乾狡未敬分に2ヶ所のゴム通し口を作ります。

 △修猟未係のそばにボタンを1個づつ付けます。

 ゴムを通して片方のボタンにボタンホールゴムを固定します。
 ウエストに合わせて、ゴムの長さを決めます。

 ぅ椒織鵐曄璽襯乾爐魄いて、ウエストの大きさを調整します。


 ※ゴムを引けばウエストは縮まり、ゴムを戻せばウエストは広がります。