プラフレームの取り付け方

★☆用意するもの★☆
 のりベラ等・目打ちやハネメン・手芸用ボンド


 フレームの溝に接着剤を入れます。のりベラなどで薄く平均に入れます。はみ出た部分は、ぬれタオルなどで拭き取ります。
 まず、フレームの中心と口布の中心を合わせて、目打ちで溝に差し込みます。
 次に両脇を差し込み、徐々に全部差し込んでいきます。フレームを傷つけないため内側(裏側)からしましょう。

    ≪慣れない人には簡単にはめ込む方法もあります≫
 フレーム寸法に合わせて切った紙紐をよりを戻して、ぬれた布でしごいて湿らせます。
 内側から差し込み固定させます。目打ちがハネメンが便利です。
 フレームの溝の大きさと、布の厚さで紙紐の太さを調節して下さい。
 口布を縫い縮めた後、同寸法の紙紐のよりを少し戻し、縮めた部分に内側から、まきかがりでしっかりととめ付けます。
 それを薄くむらなく、接着材をつけたフレームに目打ちで差し込みます。