カーテン用の生地にはさまざまな機能がありますが、なかでもここ数年、関心が高まっている機能に「遮熱性」があります。

では、遮熱カーテンとはいったいどんなものなのでしょうか? 具体的にどういったメリットがあるのかも考えてみましょう。



【遮熱カーテンとは?】

昔から涼を求める手段として、軒にスダレをかける、ゴーヤなどのつる植物で緑のカーテンを作る、水を打つなどの工夫が施されてきました。

しかし現代の住宅事情のなかで、そうしたスペースがなくても、また、時間や手間をかけられない場合でも、効果的に室内の温度上昇を抑えられる方法があります。それが遮熱カーテンの利用です。

夏場の室温上昇の約7割は窓などからによるもので、その主な原因は「赤外線」にあります。

遮熱カーテンとは、夏場の直射日光による室温の上昇を抑える効果を目的としたレースカーテンのことをいいます。



【遮熱カーテンの素材は?】

遮熱カーテンの布地には、セラミック微粒子などを繊維内に練り込み、赤外線を通しにくい特殊糸を使用したタイプや、「ミラーレース」「ウェーブロン」と呼ばれ、

光沢のある糸で、太陽光を乱反射させて遮熱するタイプのものなどがあります。

両方の技術を取り入れたカーテンもあり、いずれもカーテンを通過する「赤外線」を減らし、室内の温度上昇を抑えます。

レースカーテン本来の性質であるやわらかな風合いと採光性が、そのまま保たれているのも大きな特徴です。



【遮熱カーテンの効果はどれくらいあるの?】

遮熱カーテンの効果は、メーカーによって異なります。購入を決める際は、各メーカーの実験データなどを参考にしましょう。

例えばレースなしの窓辺では50℃近くまで温度上昇した合成皮革性のソファ面が、一般的なレースのカーテンを掛けている場合は37~38℃に、

遮熱レースを掛けている場合は32~33℃だった、というデータもあります。

夏の体感温度はわずか2?3℃度でも大きく違うもの。

しかも、夏場のエアコンの設定温度は、1℃の差で消費電力が10%程度異なるといわれていますから、節電効果の大きさは容易に想像がつくことでしょう。



【遮熱マークのあるカーテンを選ぶ】

遮熱機能をうたうカーテンは数多く販売されていますが、選択の目安として「遮熱マーク」のあるものを選ぶようにするとよいでしょう。

「遮熱マーク」はインテリアメーカーの団体、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会が認定する機能性表示マークのひとつ。

一定の試験条件のもとで、一般のシアーカーテンと比較して、節電対策上の効果が認められると判定されたものだけが「遮熱マーク」を付けることができます。

シアーカーテンとは、レース、ボイル、オーガンジーなどの光を通す薄手布地のカーテンことをいい、「遮熱マーク」は遮熱率25%以上、遮光率99.4%未満の判定基準に適合するものに限られています。


住まいの快適性、省エネの観点から、太陽の光をダイレクトに浴びる部屋や、窓の多い部屋、窓の大きい部屋には、遮熱カーテンの導入を考えてみましょう。

特に昼間在宅していて、遮光性のあるドレープカーテンなどを閉められないお宅では、採光性のある遮熱カーテンの利用がおすすめです。