窓辺を彩るカーテンは、インテリアを気軽に楽しむのに適したアイテムです。

ファブリック(布地)の特性である豊富な色・柄・テクスチャー、ドレープの有無などの違いにより、多彩なバリエーションを演出することができます。

季節によって変えたり、気分転換のために模様替えをしたりと、カーテンが果たす役割はさまざま。ここでは基本的な生地の種類や特徴をまとめました。

カーテン選びの参考にしてください。



【カーテン生地の主な種類を知ろう】

カーテンの最も基本的なスタイルは、レースとドレープの二重吊りですが、カーテン生地の代表的な種類には以下のようなタイプがあります。


■ドレープ

中肉~厚手の生地で作った重量感のあるカーテンをドレープといいます。

装飾的役割を果たすとともに、夜、外から家の中を見えないようにする効果、保温性などを備えています。

無地、ジャガード織りのようなテクスチャーのあるもの、柄物などがあります。


■プリント

フラットな生地の上に後からプリントを施したもの。

チェック、ストライプ、花柄、ペイズリーなど伝統的な柄はもちろんのこと、個性的な柄も多く、自由な表現が可能です。

比較的カジュアルで、スタイリッシュなコーディネートに向いています。


■レース

薄手で透過性のあるカーテン地が、レースです。

室内に外光をソフトに取り入れながら、昼間、外から家の中が見えないようにする役割を果たします。

最近では光や風を通しながらも、紫外線をカットする機能のあるもの、断熱効果がプラスされているもの、生地の裏に特殊加工を施され、ドレープカーテンと合わせなくても室内が見えにくい工夫がされたものなどがあります。

レースカーテンにはごくシンプルなものから、繊細な刺繍、豪華な模様のものまであり、窓辺の華やかな演出に役立ちます。


■ケースメント

ドレープの重量感とレースの透過性の両方を持ち合わせ、レースよりも太めの糸でざっくりと編まれた生地のこと。

高級感があり、装飾的に単独で使われることが多いタイプです。



【生地の素材の種類について】

カーテンに使用される生地は、現在、化学繊維である「ポリエステル」「アクリル」、「レーヨン」が主流で、そのほかに自然素材の「綿」「麻」などがあります。

それぞれの生地の特徴を知って、使用する場所に合わせて選びましょう。


■ポリエステル

光沢感があり、手触りもよく、丈夫で扱いやすいことから、現在のカーテン生地の主流といえるのがこのポリエステル。

ドレープ性にも優れ、エレガントで美しいスタイルのカーテンを作ることができます。

丈夫で耐久性がある一方、静電気を帯びて汚れやすくなることが欠点。若干コスト高になる傾向もあります。


■アクリル

ウールに似た風合いで、やわらかく温かみのある感触。

ポリエステルに次いで、カーテンに多く使われています。

軽量で保温性に優れ、丈夫です。短所は、毛羽立ちによる風合いの劣化で、ドレープ性が悪くなる点、静電気を帯びて汚れやすくなることなど。

熱に弱く燃えやすいという側面もありますが、これに関しては難燃加工を施した生地もあります。


■レーヨン

サラッとした手触り感で、独特の光沢感があり、やわらかなドレープを作り出すことができる素材です。

吸湿性、放湿性にも優れていますが、摩擦に弱くシワになりやすい、水に濡れると強度が低下する、シミになりやすいという欠点があります。


■綿(コットン)

肌触りがよく、吸湿性に富み、染色性に優れているのが大きな特徴。

生成りのナチュラルな雰囲気が味わいという一方、きれいな色や柄を楽しむという魅力もあります。

ただし、太陽光線に弱く変色や劣化がしやすく、一般的な水洗いの洗濯で縮んでしまうという欠点も。最近ではオーガニックコットン(有機栽培綿)を使用したカーテンも登場しています。


■麻(リネン)

シャリッとした手触りで、吸湿・放湿性に富んでいるのが特徴。

ドレープ性には欠けますが、自然素材が持つナチュラルな風合いが大きな魅力。綿と同様に一般的な水洗いで縮んでしまう点と、比較的コスト高という欠点があります。


カーテン生地の種類と素材の解説、いかがでしたか?

カーテンをオーダーするとき、色や柄に心を奪われがちですが、素材の特性を十分理解した上で、それぞれの部屋に適した生地を選ぶようにしましょう。快適な居住性の実現につながることでしょう。