カーテンはその色や柄によって、部屋を広く感じさせたり、逆に狭く感じさせたりすることがあります。

現在、部屋が狭いと感じている方は、一度カーテンを見直してみてはいかがでしょうか。



【部屋を広く見せるカーテンの色】

部屋が広く見える色のカーテンには、以下の三つのポイントが挙げられます。


一つは、薄い色であること。

薄い色は圧迫感がなく、部屋に奥行きを感じさせられます。

特に白やベージュは膨張色で、錯覚により実際のものより大きく見せる効果があります。

この効果により、部屋を広く見せられるのです。逆に濃くビビッドな色合いは、色が前に出て圧迫感を与え、部屋を狭く見せます。


二つ目は 壁の色と似たような色を選ぶこと。

カーテンを閉めたときに壁と一体化され、壁の面積を大きく見せ、広く感じることができます。

壁の色より同系色の薄い色なら、さらに効果的です。


三つ目はブルーやネイビーなど、寒色系の色を選ぶこと。暖色系の色より寒色系の色の方が、奥にあるような錯覚になり、部屋が広く感じられます。

インテリアとの兼ね合いも重要ですが、部屋を少しでも広く見えるようにしたい場合は、カーテンの色味を抑え気味にし、突出した印象にならないようにするとよいでしょう。



【部屋を広く見せるカーテンの柄】

部屋を広く見せたい場合は、無地や小さな柄の生地がおすすめです。柄が主張してしまうと、どうしても圧迫感を与えがちだからです。

柄物であれば、ストライプやボーダーがおすすめ。ストライプのように縦のラインを強調する柄なら、縦長効果で天井が高く、スッキリ感じられます。

また、横のラインを強調するボーダー柄は、空間を横に広く感じさせてくれます。

ただし線が太く、コントラストが強い場合は、部屋が狭く見えてしまうので、色と線の太さに注意が必要です。



【部屋を広く見せるカーテンの吊り方】

カーテンの吊るし方でも、部屋を広く見せることができます。

カーテンは、窓より少し上の高さから、窓の大きさに合わせて吊るすのが一般的ですが、カーテンレールを天井に近い位置に取り付け、天井から床までの丈のカーテンを吊るすようにしてみましょう。

小さな窓しかなかったり、天井が低かったりする部屋に特に効果的で、縦のラインが強調され、実際よりも天井が高く感じられ、部屋を広く見せることができます。



【部屋を広く見せるカーテンスタイル】

カーテンはレースとドレープのダブル掛けが最も一般的ですが、窓まわりをスッキリ見せて、部屋を広く感じさせるという意味では、ブラインドやロールスクリーン、ローマンシェードなどがおすすめです。

1枚の布を上に巻き上げたり、たたみあげたりするタイプのロールスクリーンやローマンシェードは、レール部分が内蔵されファブリックと一体化しています。

おろしたときはフラットでシンプル。巻き上げたときもカーテンだまりがないので、スッキリとした印象。壁面と同化させることができ、部屋を広く見せられます。

また横型ブラインドは、部屋に横の広がりを与え、縦型ブラインドは天井を高く見せる効果があります。

狭い部屋ではカーテン以外のウィンドウートリートメントを使用するのも、アイデアの一つです。


このように今まで狭いと思っていた部屋でも、カーテンの色や柄、デザインによって広く感じさせることができます。ぜひ、実行してみてください。

オーダーカーテンでなければ実現できないものや、プロの取り付けが必要な場合もあるので、専門店に相談することをおすすめします。