広さに不満のある部屋も、家具の配置や収納の仕方など、ちょっとした工夫で広く感じさせることができます。

模様替えで、広々と感じられるインテリアにしてみませんか。



【狭い部屋を広く見せる家具の配置のコツ】

同じスペースでも家具の置き方ひとつで、見た目にも体感的にも広がりのある空間にできます。

必要な家具を厳選して置く、というのは大前提ですが、広く見せるためのポイントを3つご紹介します。


■家具をまとめて配置し、床を大きく見せる

大きな家具は壁側に並べる、あるいはコーナーにまとめるなどして、床がまとまったスペースで見える状態にすると、空間を広く感じられるようになります。

壁際にまとめる場合は、凸凹をなくすことで、さらにスッキリ広く見えるはずです。


■家具の高さを低く統一する

家具はできるだけ高さを抑え、目線を低いものに統一すれば、天井が高く感じられ、空間がより低く感じられます。


■遠近法を取り入れ、視線の抜けを作る

遠近法で絵を描く要領で、部屋の入り口近くの壁側に背の高い家具をまとめて配置し、部屋の奥にいくほど背の低い家具を置きます。

さらに視線を遮らず、部屋の奥の方まで見通せるようにすると、空間に奥行きが出て広く感じることができます。



【狭い部屋を広く見せる収納のコツ】

狭い部屋にモノがいっぱい。せっかく片付けても、すぐまた散らかってしまう。これでは部屋を広く見せることは難しいはず。

まず、モノの持ち方を検討しましょう。そして必要なモノを限られたスペースに、どう納めるかを考えましょう。


■使う場所の近くに収納の定位置を決める

モノがすぐ散らかってしまうのは、モノの定位置が決まっていなかったり、収納場所が遠かったりするからではないでしょうか。

生活動線を見直して、モノを使う場所の近くに適宜振り分けて収納する分散収納を心がけてみましょう。

モノの定位置を決め、常にそこに収納することを習慣づけます。雑多なものは市販のカゴやケースを利用し、分類して収納するとスッキリ片付き、部屋も広く感じられます。


■見せる収納と隠す収納を使い分ける

例えばリビングのオープン棚に、色や形がさまざまなモノがぎっしり収納されていると、とても圧迫感があります。

しかし、その棚の前にロールカーテンをつけてモノを見えなくすると、部屋に広がりが生まれます。

見せるものと隠すもの、メリハリをつけて収納すると部屋を広く感じさせることができます。


■1台2役の家具で収納量をアップ

絶対的な収納量が少ない場合は、1台2役の収納機能をもった兼用家具を使ってみてはいかがでしょう。

例えば、ダイニングなら椅子と収納を兼ねたベンチ。

家族のアルバムや子供のおもちゃなどを収納するのにぴったりです。

散らかりがちな雑誌や新聞が収納できたり、リモコンなどが置けるラックのついたリビングテーブルも市販されています。

スペースに合わせて上手に使いこなしてはいかがでしょう。



【狭い部屋を広く見せるカーテンや家具の色選びのコツ】

同じ空間でもカーテンや家具の色によって、広く見えたり狭く見えたりします。

部屋が広く見えるカラーコーディネートを意識してみましょう。


■壁や天井、床などの色に合わせる 家具やカーテンを選ぶときは、壁や天井、床など内装に溶け込ませるような色を選ぶようにしましょう。

大きい面積をもつ色となじませることで、空間が広がったように感じられるはずです。

ただし床が茶色、壁と天井がベージュという場合は、面積が広いカーテンは明るいベージュの方に合わせるのがおすすめです。


■広い面積は淡い色に、鮮やかな色はアクセントで使用

濃い色や鮮やかな色が室内にたくさんあると、圧迫感を与え、空間が狭く感じられます。

使いたい場合は、クッションなどでアクセント的にプラスするくらいにとどめましょう。


狭い部屋を広く見せるコツをご紹介しましたが、いかがでしたか。

狭い部屋こそ、工夫のしがいがあります。これを参考に、ぜひ模様替えにトライして、広がりのある空間を手に入れてください。