名前をはっきり知らなくとも、その柄を見れば誰もが「見たことある」となるであろう「マリメッコ」は、フィンランドのブランドです。

1951年の創業以来、他に類を見ないプリント生地は力強いブランドのアイデンティティとなっており、世界中で人気があります。

そんなマリメッコが展開する商品アイテムと魅力、評判の良い理由について、ご紹介します。



【幅広いマリメッコの商品アイテム】

マリメッコのデザイン哲学は、美しく魅力的であること、機能的であること、実用的な耐久性を兼ね備えていることがベースになっています。

現在、商品のラインナップはファッション(レディース、メンズ、キッズ)、バッグ、アクセサリー、インテリア(ファブリック、キッチン&ダイニングウェア、バス、雑貨)、スマホやPC用の壁紙までと多岐にわたり、暮らしのあらゆるシーンをカバーする幅広いものです。

衣類などでは、無地ものやシンプルなドット柄、ボーダー柄も多く発表されていますが、マリメッコ本来の持ち味は、大胆でカラフルなテキスタイル。

マリメッコの特徴を最もダイレクトに感じられるのが、カーテンやクッションカバー、インテリアパネルなどに加工できるインテリアファブリックだといえます。



【マリメッコはどんな人に人気?】

寒さの厳しい北欧では、家の中で過ごす時間が長いことや、家具の材料となる木材が豊富なことから、家具やインテリアに関わる分野が発展してきました。

シンプル、ナチュラル、モダンなどのキーワードとともに、北欧インテリアは、日本でも大人気。その北欧を代表するブランドが「マリメッコ」。


「マリメッコ」のファブリックを室内に取り入れると、インテリアはあっという間に憧れの北欧テイストに早変わりします。

北欧で人気のインテリアスタイルの中には、白をベースにしながらピンクやイエロー、ブルーなど鮮やかな差し色を入れるコーディネートがあります。

また、白と黒のモノトーンにまとめる場合でも、無地だけでコーディネートするのではなく、個性的な「柄」を加えることで、モダンな雰囲気でありながら温かみのある空間を演出します。

どのコーディネートでも、ベースの色と差し色や柄の分量のバランスが大切なのですが、「マリメッコ」のファブリックを取り入れればスタイリッシュな上級コーデも比較的簡単に実現します。

北欧インテリアのファンである人も、そうでない人も、また性別や年齢に関わらず世界中で人気です。



【マリメッコの評判が良い理由】

マリメッコのテキスタイルは、気持ちが前向きになる色使いと、印象的で大胆な柄が大きな特徴です。カーテンに使用すれば、お部屋の印象をガラリと変えるパワーをもっています。

マリメッコのいちばんの魅力であるファブリックデザインは、マイヤ・イソラがデザインした奇抜な花柄「ウニッコ」が有名ですが、50年以上も前にデザインされたものにもかかわらず、いまだに古さを感じさせません。

また「ウニッコ」に関していえば、花柄の大きさや色違いなど、豊富なバリエーションがあり、リビング、ダイニング、子供部屋などさまざまな用途の空間に取り入れやすくなっています。

同じ柄でテーブルウエアやエプロン、バッグなどが製品化されていて、トータルコーディネートできるのも使い勝手のよい要素です。


創世記のマイヤ・イソラ以外にも、たくさんのデザイナーがデザインを手掛けています。ファブリックを買うと耳の部分に、デザイナー名とデザイン名、そしてデザインされた年がプリントされています。

これは製品に誇りと責任をもっている証だといえます。

「手描き」がデザインの基本であることや、毛羽立ちや色落ちに強い「質」の良さなど、一度マリメッコを知ると虜になってしまう魅力がたくさんあるのです。


「誠実で、そして長きにわたって喜びをもたらすものを、さらに環境への負荷も極力少ないものづくり……」これがマリメッコの企業理念となっています。

暮らしのなかで、常に身近にあり、向き合う時間の多いお部屋のカーテン。買い替えを考えているのならマリメッコのファブリックを選択してみてはいかがでしょう。

お部屋をガラリとイメージチェンジすることができるデザインの魅力が大きいのですが、ものづくりの姿勢に賛同して選ぶのも素敵な考え方だといえます。