カーテン本来の機能は遮へい、遮光、装飾性などですが、これにプラスして、さまざまな付加性能が開発されています。

その一つに防炎性能があり、防災性能を持ったカーテンのことを防炎カーテンと呼ぶことがあります。

火災の予防に役立つ防炎カーテンについて、理解を深めてみましょう。




【防炎カーテンとは】

防炎性能とは、火がつくか、または焦げても、炎が燃え広がりにくいという性質のことをいい、まったく燃えない不燃性能のことをいうのではありません。

つまり防炎カーテンは、火がついても燃え広がりにくいカーテンのこと。その性能を示す「防炎ラベル」は「消防法施行規制」に基づく防炎性能試験に合格したもののみに縫い付けられています。

この防炎ラベルの表示は、消防庁より認定を受けた「登録表示者」でなれば取り扱うことができません。


カーテンの防炎性能には、素材が難燃性であるものと、防炎剤による後加工したものの2種類があります。

そのため、防炎認定ラベルには以下のような違いによる表記があり、洗濯をしても防炎性能が持続する難燃性の素材と、洗濯で防炎性能が消失してしまう後加工のものに分類されています。


(イ)水洗い洗濯とドライクリーニングについての基準に適合するもの

(ロ)水洗い洗濯についての基準に適合するもの

(ハ)ドライクリーニングについての基準に適合するもの

(ニ)洗濯後は再度防炎処理が必要であるもの


どこで使用するカーテンかにもよりますが、室内環境の安全性を考えると、一つ目の、防炎性能が持続する難燃性素材を使用したカーテン(防炎ラベル(イ))がおすすめです。

防炎カーテンを選ぶ時には、販売店に生地の防炎加工について確認しましょう。



カーテンの場合、最近では防炎ラベル(イ)の「水洗い洗濯とドライクリーニングについての基準に適合するもの」が多いです。

国内カーテンメーカーには下記の医療、福祉、教育、宿泊施設用のカーテンカタログがあり、掲載されているカーテン生地全て防炎加工されていて、防炎加工についても詳しく記載されています。




・サンゲツ:コントラクトカーテン

・リリカラ:コントラクトカーテン

・東リ:コントラクトカーテン

・シンコール:tact(コントラクトカーテン)

・アスワン:タフネス(コントラクトカーテン)

・スミノエ:FACE(コントラクトカーテン)

・川島セルコン:green days(コントラクトカーテン)



【防炎カーテンの価格】

通常のカーテンに比べると防炎カーテンの方が少し高いですがそれほど差はないです。

ドレープカーテン、レースカーテンどちらの防炎カーテンがあります。

以前までの防炎カーテンはどうしても施設向けということで、無地系の生地が多かったです。

最近では、高層マンションなどでの防炎カーテンの需要が増えて、おしゃれなデザインの生地も増えています。



【防炎カーテンの必要性】

私たちはカーテンをはじめ、カーペット、寝具などさまざまな繊維製品に囲まれて暮らしています。

こうした繊維製品は、もともと火がつくと燃え広がりやすく、延焼拡大の要素となるものです。

特にカーテンのように垂れ下がっているものは、いったん着火すると火が立ちのぼり、天井や周辺に急速に拡大し、消火や避難を困難にしてしまう危険性が高いものです。


防炎カーテンは、燃え広がりにくくなってはいるものの、まったく燃えないというわけではありません。

しかし、火災のとき、非防炎加工のカーテンと比べて、燃え広がりにくいことで、避難する時間がとれたり、火災被害が軽減できたりといった形で役立ちます。

カーテンのかかっている窓が隣家と近い場合は、延焼を防げる可能性もあります。



【防炎カーテン 消防法 設置基準】

防炎カーテンの設置が義務付けられているところ

高さ31メートルを超える高層共同住宅(高層マンション)では、火災予防のため、居住している階数に関係なく、カーテン、じゅうたんを使用する場合は、防炎性能のあるものを使わなければならないと消防法で義務付けられています。

高さ31メートル以上ということは、だいたい11階建て以上のマンションということ。

「居住している階数に関係なく」ということですから、高層マンションにお住いの方は、たとえ1階に住んでいても、カーテンは防炎カーテンを使用しなければなりません。

これは、高層マンションにおいては比較的消火作業や避難が困難になる可能性が高くなるためで、カーテンやじゅうたんに引火したとしても燃え広がるのをおさえ、他の部屋への延焼を少しでも遅らせることを目的としているからだそうです。


一般住宅ではなくても「高層建築物」や「不特定多数の人が出入りする施設」では防炎カーテンの使用が義務付けられています。

一戸建てや11階以下のマンション・アパートなどでは、取り付け義務はありませんが、もしものときを考えて防炎カーテンにしておくことをおすすめします。


消防法では細かく設置すべき建物が明記されています。

下記が一部となります。

・高層建築物:高さ31メートルを超える建築物

・地 下 街

・劇場、映画館、演芸場又は観覧場

・公会堂又は集会場

・キャバレー、カフェー、ナイトクラブその他これらに類するもの

・遊技場又はダンスホール

・飲食店

・百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場

・旅館、ホテル、宿泊所その他これらに類するもの

・病院

※詳しくは消防法でご確認下さい。


まさか、自分の家が火事に、などとは誰も思わないでしょう。でも、備えあれば憂いなし。

高層マンションにお住いの方はもちろんのこと、それ以外の住宅でも、防炎カーテンの設置を考えてみてはいかがでしょう。

防炎性能とともに、さまざまな機能を付加したカーテンもあります。取り付ける場所に応じて、目的に合ったものを選びましょう。

ただ、カーテンのサイズが窓と合っていないと、それぞれの機能が十分に発揮できないケースがあります。窓の状況に合わせてオーダーすることをおすすめします。