暮らしをとりまく空間には、たくさんの色があふれ、その色が目に入ることによって私たちの心はさまざまな影響を受けています。

それだけにお部屋の中に置くものの色選びはとても重要。心地よい暮らしのために、インテリアのカラーコーディネートを今一度見直してみませんか。




【インテリアのカラーコーディネートとは】

家具やカーテンを選ぶとき「好きな色」という基準だけで選択すると、統一感のないインテリアになってしまう可能性があります。

そんなことにならないように、どんな色を、どこに、どのくらいの分量で使うかという色彩計画を考えます。これがインテリアのカラーコーディネート。

調和のとれた心地よい部屋づくりのために必要な作業です。

色をどのように組み合わせればよいのか、一定のルールにのっとってプランニングすると、素人でも上手にコーディネートできます。



【インテリアのカラーコーディネートをする際のコツ】

インテリアのカラーコーディネートでは、基本的な色の配分があります。

ベースカラー(基調色)70%、メインカラー(配合色)25%、アクセントカラー5%というのがそれ。

ベースカラーとは、主に床・天井・壁など内装材の色を指します。現在の主流は天井と壁は白・アイボリー系、床はブラウンです。

メインカラーは家具やカーテン、ラグなどの色で、インテリアの主役となる色。この色の選択が、インテリアの雰囲気を大きく決定づけることになります。

そしてアクセントカラーは、クッションやアートなど、ポイント的に使うモノ。住み手の好みを最も反映しやすい部分です。

ちなみにベースカラーとメインカラーは、同系色でまとめると落ち着いた雰囲気になり、反対色を組み合わると、個性的な雰囲気になります。

オーソドックスにまとめるか、個性的にするか好みのわかれるところです。


インテリアのカラーコーディネートをする際の注意点

インテリアのカラーコーディネートがしっくりこないとすれば、それは色の選択になんらかの問題があるからです。

色を決めるときに注意したいポイントを挙げてみました。



【色が持つイメージを部屋の用途に合わせる】

色には10色の色相環があり、赤から黄色までの3つの色相は「暖色系」で、暖かさや、エネルギッシュで明るい雰囲気をイメージさせます。

青緑から青紫までの3つの色相は「寒色系」で、涼しさや冷たさを感じさせ、静かさや落ち着きのイメージを与えます。そして黄緑、緑、紫、赤紫はどちらにも属さない「中性色系」。

例えば家族が集まるリビングやダイニングを中性色系にすると、誰にでも心地よく、暖色系にすると元気が出る明るい雰囲気になります。

逆に寝室や書斎に暖色系を使用すると、集中力が散漫になったり、興奮して眠れなくなったりする場合も。

色を選ぶときは、色の持つイメージを考慮し、部屋の用途にあった色を選ぶようにしましょう。



【部屋が狭く見える色、広く見える色を知っておく】

一般的に暖色系の色は、膨張色・進出色と呼ばれ、前にせりだしたり、圧迫感を与えたりするといわれています。

暖色系が多いと温かみのある雰囲気になりますが、部屋が狭く感じられる可能性があります。

逆に寒色系の色を家具やカーテンに使うと、部屋がスッキリ、広く見せることができます。また、白の面積が多いと、部屋を広く見せることができます。

色が与える広さの感覚を理解して、部屋の広さにあった色を選択しましょう。



【採光や照明など光の影響を考える】

窓が大きく、日差しがたっぷり入る部屋では、少々色が暗めのカーテンや家具を選んでもよいかもしれませんが、窓が小さく暗い部屋なら、明るく見える白っぽい色を使ったコーディネートがおすすめです。

また、夜のくつろぎタイムにカーテンを閉めた場合、照明の下でカーテンがどんな色に見えるか確認することも大切です。

電球や蛍光灯の種類によって、色の見え方が変わってきます。広い面積をしめるカーテンを選ぶときは、太陽光にかざしたり、照明のもとで見たりと、見え方を事前チェックすることをおすすめします。


お部屋のカラーコーディネート、一般的には色数を4-5色程度に抑えて組み合わせると、部屋全体がきれいにまとまるそうです。

色の配分や色数など、基本にのっとって、センスよく模様替えしてみませんか。