□1.6kVAは何をどれくらい使えるの?GV-16iで出来ること
発電量は発電機により様々。ゆとりのある発電量をおすすめします。
発電機は、どんな電気機器をどれくらい使用できるのか?
電気機器それぞれの電力消費量により様々です。

例えば、今回ご紹介している「工進 インバーター発電機 GV-16i」ですとこれだけ使用できます。

  白熱電球   小型電気ポット   ミキサー   小型温蔵庫   消費電力の合計
830w

実際に必要な
電力の合計
1050w
  消費電力100w
工進インバーター発電機GV-16i
+ 消費電力450w
工進インバーター発電機GV-16i
+ 消費電力220w
工進インバーター発電機GV-16i
+ 消費電力60w
工進インバーター発電機GV-16i
=
  起動電力100w 起動電力450w   起動電力260w   起動電力240w  

このように、電気機器の消費電力だけでなく、
その機器を実際に動かすにあたり消費電力と異なる電力が必要になります。

そのため、発電機を選ぶ際には、
どの機器に使いたいのか」「その機器の消費電力と起動電力」を事前に把握しておく必要があります。
発電機を選ぶには、この起動電力をカバーできるだけのゆとりがあるかどうか確認しましょう。

起動電力は何を調べたらいいの?
一般的な目安は下記表の通りとなりますが、実際には機器により異なります。
電気機器には、説明書や本体に消費電力や起動電力が記載されていますので、
詳しくはお手持ちの電子機器を直接ご確認ください。