Feature

ピエール・ポランが50年代に発表した機能性を追求した名作
直線を基調としたシンプルで機能性を追及したフォルムが特徴

1960年代以降の彫刻的なデザインとは異なり、機能性を追求したシンプルなスタイル。
SOHO用のデスクとして、またギャラリー等でもカウンターとしても使えるサイズが魅力。


どこから見ても美しいF031デスク

このF031デスクは、ピエール・ポラン氏が1950年代に曲木の家具で有名なフランスのトーネット社から発表したデスクです。当時、「CM141」という商品名で販売され、1956年より約10年間という短い期間のみ製造されましたが、残念ながら長年廃番となってしまっていました。

しかし、2003年にポラン氏本人の認可を受け、ここ日本で復刻生産が実現。ポラン氏こだわりの材質による天板と木製の引き出しをL字金具でつなぎ合わせ、これらをスチールの脚で支えている非常にシンプルな構造のどこから見ても美しいデスクです。


個人が使うための必要最低限の機能性を追求

ピエール・ポランのデザインとして一般的に知られているのは、1960年代以降に手掛けたアーティフォート社やリーン・ロゼ社の有機的なフォルムのプロダクトですが、このデスクは直線を基調としたシンプルで機能性を追及したフォルムに結実しています。「オフィス用としてではなく、個人が使うためのものとしてデザインした」ことにより、日本では丁度良い大きさですが、ヨーロッパの平均的なデスクのサイズよりもコンパクトで、「プチビューロ(小さめのデスク)」という呼び名もあったようです。

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代


深さが違う、使い分けし易い引き出し収納

収納部分の引き出しは、深さが異なります。上段では85mm、下段は110mmを採用。段によって整理するものを変えたり、それぞれ違う使い分けをすることができます。

また、収納力もA4サイズが2列で入れることが出来るので、思った以上の余裕があります。また、木材の端を斜めにカットし、組み合わせる留め継ぎ加工となっています。

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代


使いやすいサイズと安心の面取り仕上げの天板

天板には、表面硬度が高いメラミン化粧板仕上げを採用。キズが付きにくく、お手入れも簡単です。また、安全面も考慮し天板の木口は面取り仕上げを施しています。

約60cmの奥行きは、日本の住宅事情に適したサイズとなっており、ノートパソコンや薄型のオールインワンのPCに適しています。また、しっかりとした作りで、強度にも優れているので、パソコンモニターを載せてのご使用も問題ありません。

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代


安定感のあるスチールのロッド構造

このデスクの最も特徴的なのは、細くしなやかに伸びた安定感のあるベース(脚)部分は、重厚なスチールのロッドとフラットバーの組み合せによる構造。まさにデザイン性と強度を両立させたシンプルなミニマムなフォルムが特徴です。

※耐荷重については、棚の様に重さのある物を多数を乗せる前提の家具ではございませんので、正確な数値の測定は行っておりませんが、ベース(脚)部分は、パイプ(空洞)ではなく、中身が詰まった堅牢なスチールロッドですので、簡単に変形したり致しません。

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代


F031デスクは、天板×引き出しの計4種類の組合せから選択可能

F031デスクの魅力はその豊富なバリエーション。天板は、ブラック・ホワイトからお選び頂くことができます。
天板のカラーに合わせてベース(脚)部と引き出しの取手部分も同色仕様になります。


METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代 METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代


天然木の木目が美しい突板を使用したデスクのアクセントになる引き出しは、オーク・チーク材から選択可能。
また、天板のカラーに合わせてスチールの取手部分のカラーも天板と同配色となります。


METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代

Oak/オーク(写真はオーク×ブラック)

日本では楢(ナラ)と呼ばれる木種。家具はもちろん様々なインテリアに使用されています。

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代

Teak/チーク(写真はチーク×ホワイト)

水に強い性質をもち、船舶などにも使われている銘木。高級家具の用材として有名です。



60〜70年代のフランスを代表する世界の巨匠デザイナー
Pierre Paulin/ピエール・ポラン


METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代 ligne roset Pumpkin パンプキン


代表作「リーン・ロゼ社」のパンプキン

ポラン氏の代表作品のひとつに、当店アトラクトでも取扱いのある、ligne roset (リーン・ロゼ社)から2008年に発表されたPumpkin(パンプキン)があります。ポンピドー大統領のプライベートコレクションで、エリゼー宮殿にしか展示されていなかったこのカボチャを思わせるPumpkinの発表を最後にフランスデザイン界の一時代を築き、2009年に逝去されました。

※Pumpkinは、ligne roset社の製品です。店頭での取扱いとなりますので、詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代 ligne roset Pumpkin パンプキン


1927年、フランスのパリ生まれ。60〜70年代のフランスを代表する、世界的に著名なデザイナー。パリのエコール・カモンド校で家具の伝統を学び、イームズ、サーリネン、ネルソンから多大な影響を受ける。1954年からフランスのトーネット社、オランダのアーティフォート社より家具を発表し、1965年には造形的かつ座り心地も優れたリボンチェア、翌年にはその名の通り"舌"を思わせるタンチェアなど自身の代表作ともなる椅子を発表。1970年、大阪万博でフランスパビリオンにトリコロールのソファ、「アンフィス」を展示。1987年、国際インダストリアルデザイン賞を受賞。2008年、ロゼ社からPumpkin(パンプキン)を発表し、パリの国際家具見本市で「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。 パリのゴブラン美術館で「デザインと権力展」、ベルギーのグラン・オルニュの現代美術館で「ピエール・ポラン スーパーモダンデザイナー」個展を開催。フランスのデザイン界を代表するデザイナーです。

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代



 

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代


Image or Color

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
オーク×ブラック
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
オーク×ホワイト
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
チーク×ブラック
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
チーク×ホワイト
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
設置場所を選ばない机

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
背面まで丁寧な仕上げ
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
モダンな収納部分
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
深さの違う引き出し部
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
正規品の公認プレート
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
書斎のデスクとして

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
面取り仕上げで安全
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
メラミン化粧版の天板
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
引出しは留め継ぎ加工
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
スチールのベース部分
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
椅子のセッティング例

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
デスクの使用例
       


Material Image

オーク材・チーク材
天然木の木目が美しい突板を使用したF031デスクのバリエーション

METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
オーク材
METROCS メトロクス F031 デスク ピエール・ポラン Pierre Paulin CM141 デザイン プロダクト インテリア 名作 1950年代
チーク材
     


Product Details



Designer

Pierre Paulin/ピエール・ポラン


Pierre Paulin(ピエール・ポラン)

1927年フランス、パリ生まれ。大叔父が彫刻家、叔父も自動車のデザイナーという彼らに憧れて彫刻家を目指すが、事故で右手を怪我して断念する。パリのエコール・カモンド校で家具の伝統を学び、イームズ、サーリネン、ネルソンから多大な影響を受ける。1954年からフランスのトーネット社、オランダのアーティフォート社より家具を発表し、1965年には造形的かつ座り心地も優れたリボンチェア、翌年にはその名の通り"舌"を思わせるタンチェアなど自身の代表作ともなる椅子を発表。1970年には大阪万博において、フランスパビリオンにトリコロールのソファ"アンフィス"を登場させる。1987年国際インダストリアルデザイン賞を受賞、60・70年代のフランスを代表するデザイナーの一人である。2007年には、彼の遺作となったパンプキンチェアを、ligne roset社から発表。