▲▲写真の上にマウスを移動すると説明文を表示します。▲▲

製造について

轆轤挽きにて木地製作⇒木固め⇒布張り⇒下地付け⇒水研ぎ⇒中塗り⇒水研ぎ⇒上塗り(仕上げ塗り)

漆器本来の製造工程と技法を用いて職人さんによって一つ一つ丁寧に作られています。

特に下地の仕事の中で『木固め』と『布張り』をしていますが、これは漆器の中でもしっかりと作ってある工程です。

もちろんその分は価格に反映されますが、木地が良く締まり永く使っても歪みや割れが出難いという物に仕上がっています。


←木固めをした下地の状態です。 ←布張りをした下地の状態です。

漆器の製造工程についてはこちらをご参考下さい。⇒木製漆器の主な工程