鞄と財布の総合商社 アスカショップ > 基礎知識 > ビジネスマナー全般:席次のマナー

基礎知識

基礎知識:ビジネスマナー全般

席次のマナー

席次とは

席次とは、座席の順序です。目上の方や来客には、良い席に座って頂くようにしましょう。

上座と下座

座席の中で、最も良い席は「上座(かみざ)」と言います。その逆は「下座(しもざ)」と言います。

基本的に上座は部屋の入口から一番奥の席になります。それから順に入口に近づくにつれて、順位が下がります。

ただし、上座下座はあくまでも席次の目安として、先方を気遣う気持ちがを大切にし、状況に応じて快適な席をご用意するように心がけましょう。

乗り物の席次

乗り物の場合には、状況に応じて席次が変化します。

タクシーの場合

運転手の後ろが上座です。続いて後部左端、後部中央、助手席の順です。

自家用車の場合

車の持ち主が運転する場合は、助手席が上座になり、続いて運転席の後ろ、後部左端、後部中央の順になります。

飛行機・新幹線など

基本的に窓側が上座になりますが、通路側を好む方もいらっしゃいますので、先方の好みを伺うようにしましょう。

室内での席次

応接室の場合

応接室では、入り口から最も遠い席が上座となります。
二人掛けのソファーと、一人掛けのソファーがある場合には、二人掛けのソファーが上座になります。

エレベーターの場合

エレベーターでは入り口から遠い方が上座、入り口から近い方が下座となります。
また、エレベーターでは操作盤の前が最も下座となります。
目上の方と一緒にエレベーターに乗る場合は、目上の人に先に乗って頂くようにします。
入り口のドアを押さえるなどして先に乗って頂き、自分は一番最後に乗り込むようにします。

円卓の場合

円卓(丸いテーブル)の場合も、基本的な考え方は同じになります。
入り口から遠い方が上座となります。
あとは、上座を中心に近い方から順になっていき、入口に最も近い席が下座となります。
うっかり上座に座ってしまうことないように気をつけましょう。

一覧に戻る