鞄と財布の総合商社 アスカショップ > 基礎知識 > ビジネスマナー全般:お辞儀のマナー

基礎知識

よくある質問:ビジネスマナー全般

お辞儀のマナー

《ちゃんとお辞儀出来ますか?》

ビジネスマナーではお辞儀を「会釈」「敬礼」「最敬礼」の3種類に分類されており、それぞれで使い方が異なります。

最初に共通するマナーです。
基本として背筋とヒザをしっかりと伸ばします。
そして腰から頭にかけて一直線になるように腰を曲げます。
首だけヒョイっと曲げるのはNGです。

また言葉のかけ方ですが、
出来るだけ下げ始めるタイミングでかけるようにしましょう。
言葉をかけてから頭を下げ始める方もいらっしゃいますが、
いやみに見えたり、わざとらしく見えやすいのであまりお薦めではありません。

会釈(えしゃく)

日常儀礼の軽く挨拶をする時などに行うもので、軽く前傾してお辞儀をします。
通りすがりの挨拶や、一日に何度も顔を合わせるような同僚・先輩などへの挨拶につかいます。
角度は15度程度で、テンポはやや速く、元気に行いましょう。

敬礼(けいれい)

取引先との挨拶の際や、接客の時の「いらっしゃいませ」「有難うございました」など通常の挨拶をする時に使います。
角度は30度程度で、下げるスピードより上げるスピードの方が、若干速くした方が、スマートに見えます。
全体のテンポは、ゆっくりであればあるほど上品で丁寧に見えます。

最敬礼(さいけいれい)

最も深く頭を下げるお辞儀でめったに利用するものではありません。
一般には謝罪の際やよほど感謝する場合などに使われるお辞儀です。
角度は45度程度です。
あまり深々と直角になるまで頭を下げる人もいますが、いやみに見えない程度にしましょう。

ゆっくり下げて行き、下げきった状態で一旦止まるぐらいのつもりで行います。

目的に応じて使い分け、先方に失礼のないようにしましょうね。

一覧に戻る