鞄と財布の総合商社 アスカショップ > 基礎知識 > 素材の基礎知識:ナイロン素材

基礎知識

よくある質問:素材の基礎知識

ナイロン素材

ナイロン系

ナイロン系の素材

軽さと耐久性を兼ね備えたナイロン素材。
汚れても簡単に拭き取ることができたり、濡れてもすぐに乾燥したりと、使い勝手の良い素材です。
撥水加工が施されたものや、より強度のあるものなど加工方法によって様々な特性を持ちます。

そもそもナイロンとは

ナイロン(Nylon)はポリアミド合成繊維の種類のこと。
「デニール」という太さを表す単位で表現され、デニールの前につく数字が大きくなるほどナイロン自体が厚く、丈夫なものとなります。

ナイロンの種類

耐久性No.1 バリスティックナイロン

ナイロン素材の中でも特に耐久性のあるものが「バリスティックナイロン(バリスターナイロン)」。
高密度繊維をナイロンにしたもので、防弾チョッキ用に開発され、軍用では対空砲火用のチョッキにも使用されています。
ブリーフケースやショルダーバッグなどに使われることもあり、アクティブに動くビジネスマンの激しい使い方にも十分耐えられる強さを誇ります。
また、ビジネスキャリーなど、ソフトタイプのキャリーバッグなどにも使われることがあります。
外部からの衝撃を受けやすいキャリーバッグだからこそ強いナイロン素材が求められるのかもしれません。

バリスティックナイロン 一覧

バリスティックナイロン

軽さなら、中空糸ナイロン

ナイロン繊維の中間部分がマカロニのように空洞になったものを中空糸ナイロンといいます。
通常のナイロンと比べると圧倒的に軽いのが特徴です。

中空糸ナイロン 一覧

一覧に戻る