鞄と財布の総合商社 アスカショップ > 基礎知識 > 素材の基礎知識:合成皮革

基礎知識

よくある質問:素材の基礎知識

合成皮革

合成皮革

「合成皮革」と「人工皮革」

鞄や服を探しているとよく耳にする「合皮」という文字。
「どうせ偽物でしょ?」と思っている方も多いのでは?
厳密には合成皮革(ごうせいひかく)と人工皮革(じんこうひかく)に分けられます。

合成皮革

天然の布地をベースに使い、その上に合成樹脂を塗ることにより、表面を天然皮革に似せて作られた人工素材。ポリウレタン樹脂や塩化ビニールを塗り、型押することで表面のみを革らしく表現しています。

人工皮革

マイクロファイバーの布地に合成樹脂を含浸させたものを、そのまま使うか、それを基材とし合成樹脂を塗布したもの。衣類や靴に使われるのは主に人工皮革です。

合皮の長所と短所

合皮のメリット

  • ・大きさ・形の制約がない
  • ・品質が均一である
  • ・動物を殺さないため、動物の権利などの倫理上の問題がない
  • ・安価である
  • ・水をはじくため、汚れにくい
  • ・染色が容易

合皮のデメリット

  • ・ポリウレタンを使ったものは、特に高温多湿に弱い
  • ・PVCを使ったものは、接触した状態で長期間保存するとくっついてしまう
  • ・製法・素材にもよるが、肌触り、通気性、長期間使用した時の馴染み感が劣るものもある

まとめ

合成皮革製品は、天然皮革と比較して水に強いため、水を使ったお手入れも可能です。コストパフォーマンスに優れたアイテムには多く合成皮革が使われていますが、ちょっとした汚れであれば、ぬらして固く絞った布などで水拭きすることも可能です。
このように何かと利点の多い合成皮革。「どうせ偽物」という考え方もちょっと変わりました?

一覧に戻る