鞄と財布の総合商社 アスカショップ > 基礎知識 > 財布・小物の基礎知識:財布を選ぶ

基礎知識

よくある質問:財布・小物の基礎知識

財布を選ぶ

財布を選ぶ

財布の特徴を知って、ぴったりなものを選ぶ

財布には、長財布、折財布、コインケース、マネークリップなどの様々な種類があります。
それぞれの長所と短所を知って、自分に最適な財布を選びましょう。

長財布

20代前半、学生から社会人になり身の周りの持ち物を変えようとする際、長財布に変える人も少なくありません。お札を折り曲げずに持ち運びたい人に選ばれることが多い財布でもあります。

スーツで仕事をする人なら、薄めの長財布であればジャケットの内ポケットに入れられます。

領収証などの紙類やカード類をたくさん持ち歩く人はラウンドファスナーWファスナーがおすすめです。収納力が増えマチが厚めになるので洋服のポケットに入れての持ち運びには向きません。バックでの持ち運びになります。

小銭を頻繁に出す機会のある人は、札入れ小銭入れを分けるとよいでしょう。その場合、札入れは小銭入れの付いていない長財布にすれば財布自体スリムに持ち運びができます。

また、長財布をファッションアイテムとして見る人や、人前で財布を出す機会の多い人は、形だけで選ぶのではなく高級な革を使用した長財布を選ぶのがおすすめ。

長財布

長財布(小銭入れあり)

メリット

オールマイティに使いこなせる財布。収納容量も多く、カードや紙類、小銭が多い人にオススメ。カバンの深めのポケットに入れても探しやすい。持ち歩く財布は1つですむ。

デメリット

詰め込み過ぎると形が崩れて重くなる。

長財布(小銭入れあり):ラウンドファスナー

メリット

カードポケットの多さが特徴(平均12枚のカードが入ります)ファスナーがあるのでたくさん入れても中身が飛び出ない。領収書類をたくさんいれても閉められる。マチが厚めのものが多いので財布自体がパンパンになると不格好になる事態を防げる。かばんの中でも探しやすい。

デメリット

身に付けるには大きい、重い。

長財布(小銭入れあり):Wファスナー

メリット

カード、お札、紙類を最大限入れられる。ファスナーがあるのでたくさん入れても中身が飛び出ない。

デメリット

身に付けるには大きい、重い。

長財布(小銭入れなし)

メリット

小銭入れがない分本体自体がスリムになる。お札とカード類に特化して管理できる。

デメリット

コインケースと併用が必須になり、荷物が増える

折り財布

幅広い年代で使われることの多い折財布。1つの財布でお札、小銭、カード類をコンパクトに持ち運べます。また洋服のポケットに入れられるのでバッグを持ち歩かない人にはおすすめ。

折財布の中にも二つ折の財布と三つ折りの財布があります。三つ折り財布は二つ折財布よりも更にコンパクトにするため、カード類が入る枚数が少なくなっています。

折り財布

二つ折り財布(小銭入れあり)

メリット

オールマイティに使いこなせる財布。2つに折れることでコンパクトに持ち歩ける。持ち歩く財布は1つですむ。

デメリット

詰め込み過ぎると形が崩れやすい。(柔らかい革であれば特に)

二つ折り財布(小銭入れなし)

メリット

小銭入れがない分本体自体がスリムになる。お札とカード類に特化して管理できる。

デメリット

コインケースと併用が必須になり、荷物が増える。

三つ折り財布

メリット

ズボンやスーツのポケットにコンパクトに収納できるものが主流。中には長財布タイプの大容量のものもあり、長財布より容量多く収納できる。

デメリット

カードの収納容量が少ないのでカード類が多い人には不向き。

コンビニ(便利な)財布

コインケースの大きさでカード1枚と良く使うカード数枚と紙幣も入れてコンパクトに持ち歩ける「コンビニ(便利な)財布」が出てきました。

メインのお財布とは別にランチの時やちょっとそこまでというような時のお札、小銭、カードを1つにまとめられる「サブ財布」としてつかえます。

メリット

コンパクトに収納できる。

デメリット

メインの財布との2個持ちが前提。

コインケース

コインケース

毎日自動販売機で飲み物やタバコを買う人は小銭を頻繁に取り出します。そんな時は大きな財布を出さずコインケースだけで事足ります。またお札やカードも少し持ち運ぶスペースもあります。
財布と小銭を分けることで小銭でパンパンになることが防げます。

コインケースもボックスタイプファスナータイプに大きく分けられ、ボックスタイプならコインの面が見えて取り出しやすく、ファスナータイプなら小銭の量が多くなっても中身が飛び出ることはありません。

コインケース

メリット

必要最小限の現金の持ち歩きに便利。また大きく開くので小銭を探しやすい。

デメリット

お札やカード類が増えた時に収納しきれない。(二個持ちが必須になる)

マネークリップ

マネークリップは薄い財布から小銭入れ部分を取り出した形状のお財布です。
挟むだけのクリップ式のマネークリップもありますが、当店では革製とクリップを組み合わせた形状のものを取り扱っています。
お札を挟むだけでなく、カードを数枚入れることもできるものもあります。

マネークリップ

メリット

お財布はかさばるからイヤだけど、お札をそのままポケットにいれてくしゃくしゃになるのもイヤな場合は本体自体が非常に薄いのでポケットに入れてもシルエットが崩れないのでおすすめ。会計時にスマートにお札が取り出せる。

デメリット

小銭、カード類が入らないのでそれらが必要になる場合は複数持ちが必須になる。

一覧に戻る