鞄と財布の総合商社 アスカショップ > 基礎知識 > ビジネスマナー全般:正しい名刺交換方法とマナー

基礎知識

基礎知識:ビジネスマナー全般

正しい名刺交換方法とマナー

名刺入れイメージ

ビジネスマンに限らず、大人であれば名刺交換の機会は必ず訪れるもの。

自分自身が恥をかかないためにも、また相手に好印象を与え商談やコミュニケーションを円滑に進めるためにも、基本を押さえマスターしておきましょう。

名刺入れは必須

・名刺入れは必須。

・汚れやよれのないキレイな名刺を用意する。

名刺をついてきた名刺ケースそのままで持ち運び、そこから出して受け渡しをする方を稀に見かけます。

しかしこれは非常に失礼。名刺入れは頂いた名刺を乗せ、また最期にはきちんとしまって持ち帰るための道具です。

ビジネスシーンにおいて名刺はその人の分身。頂いた名刺を名刺入れも使わず雑に扱うことは失礼にあたるので、必ず名刺入れを用意しましょう。

万一名刺入れを忘れてしまっても予備として代用できるような名刺入れやカード入れを持ち歩き、少し名刺を入れておくことをオススメします。

また、自分自身の名刺も端のよれているなどくたびれていないものを用意しましょう。

お持ち帰りいただくのにキレイではない名刺を渡すのは失礼ですし、自身の分身である名刺が汚れていることはビジネスマンとしての恥でもあります。

名刺交換の順番

・目上の者から交換する。

名刺交換には序列による順番があります。

基本的に役職が目上のものから始めます。上司、先輩、自分、後輩の順です。

また、交換相手も目上の方からが基本的な順番。

この順番を守りやすいよう、入室する順番や立ち位置にも気を配り、名刺入れもスムーズに取り出せるよう用意できていれば100点満点です。

ただし、あくまでも基本は基本。名刺交換のために眼前にいる人を序列が違うからといってスルーしてしまうのは失礼です。

立ち位置やスペース上の都合、名刺入れがすぐに取り出せない人もいたりと、順番が守れない場合もあります。

その場での礼を欠くことのないよう臨機応変に対応しましょう。

名刺の受け渡し

名刺交換イメージ

・名刺を相手に向けた状態で名刺入れの上に乗せ、両指で差し出す

・目下の者が先に渡す=目上の者が先に受け取る。

・名刺をつかむとき、社名や会社ロゴ、名前などに指を置かない。

名刺入れの上に相手に向けた名刺を載せ、名刺入れごと両手で持ちます。

取りやすいよう相手の手の高さまでもっていきましょう。

受け渡しの順番はまず目下の者が先に差し出し、目上の者が先に受け取るのが基本。

ビジネス上、会社と会社の目上と目下の判断はお金を支払う側が目上で、サービスや商品を提供する側が目下となります。

自分が目下の場合は名刺入れさしだし、受け取りやすいよう両親指で名刺を前にスライドさせます。

受け取ってもらったあと、同じく両手で名刺入れの上に相手の名刺を迎え入れ、受け取ります。

双方が同時に名刺入れを載せた名刺を差し出した場合は、まず名刺入れ同士を向かい合わせ、右手で相手の名刺を受け取ります。

このとき、相手も右手でこちらの名刺を受け取ります。相手が名刺をつかみやすいよう、自身の名刺を持っている左手で前にスライドさせましょう。

相手が目上の場合は、先方が右手で自身の名刺をつかむまで待ってから相手の名刺をつかみます。

お互い自分の左手で相手の右手に渡す形になりますが、順番さえ気をつければ片手でも問題はありません。

なお、名刺を掴むときに相手の社名や会社ロゴ、名前などに指を置かないように気をつけましょう。

机を挟まず、立って向かい合って交換する

・名刺交換時は立ち上がり、机を挟まず向かい合って交換する。

名刺交換時には必ず立ち上がり、机を挟まずお互い目の前に立った状態で交換します。

また、自分自身の名刺交換が終わっていても、全員の名刺交換が終わるまで着席せず立って待つのがマナーです。

受け取った名刺はしまわず机の上に

・受け取った名刺は机の上に出しておく。

・資料が多いなどスペースの都合上難しい場合はしまっても良い。

・立食パーティーや飲食の場ではすぐにしまっても良い。

名刺を受け取ってすぐにしまうのはマナー違反です。商談中はテーブルの上、自身の左手前側に出しておきます。

もし相手が一人であれば名刺入れの上に乗せたままで置きましょう。複数で名刺入れの上に置けない場合はテーブルの上に直置きでも構いません。

この時、名刺は上から序列順に並べておきます。基本的には先方も序列順に座るので、席順と名前が一致して覚えやすくなるはずです。

このとき、机の上に置いた名刺に資料などを重ねて置いてはいけません。

もし資料が多くスペース上難しい場合は、「 資料が多いので失礼します。 」と断って名刺入れにしまいましょう。

また、机がない場合や食事の場、立食パーティーなどで汚してしまう可能性が高い場合は、先にしまってもマナー違反にはなりません。

こういった場では皿やグラスを持っていることも多いですが、必ず置いて両手で名刺を交換しましょう。

まとめ

ルールが多く面倒にも感じますが、名刺交換は初対面での自己紹介の場。自分自身の初印象を決定づける場面です。

キチンとできるかどうかでビジネスマンとしてのレベルを露呈することになりますので、失礼のないよう基本をマスターしておきましょう。

また、先述の通り名刺入れは名刺交換において、ひいてはビジネスシーンにおいて必須です。

たくさんあっても困ることはないので、予備も含めていくつか用意しておくと良いでしょう。

当店でもご用意しておりますので、ぜひご覧になってください。

取り扱い名刺入れ一覧

一覧に戻る