顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなど


顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなど

顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなど
原産国しかわからない一般的なコーヒーとは違い、「顔の見えるコーヒー」はすべて、わたし達が実際に現地に赴き、生産者と会って話をして、本当に良いと思ったものを直接生産者から仕入れ、国内で焙煎加工しています。
「誰が、どこで、どのように作っているか」が分かるフェアトレードコーヒーという意味を込めて「顔の見えるコーヒー」と名付けました。

顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなど 発売開始から25年以上経った今も、生産者と直接取引をすることで、作り手との“顔の見える関係”を築いています。生産者たちは、美味しいコーヒーを皆様に届けるため、自分たちの仕事に誇りと、こだわりを持って今日も仕事に向かっています。




 
顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなど

顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなどコーヒー豆は、(大量生産大量消費の仕組みの中で)流通過程において様々な中間業者を通すことから、市場価格の影響を受けたり、手間賃が生じます。その分は商品価格に上乗せされる訳ではなく、結局立場の弱い生産者たちにしわ寄せが行くことになります。生産者は自ら値決めも出来ず、時には生産のためにかかったコストより安い値段で仲買業者に買い叩かれることもあるそうです。

顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなど
「顔の見えるコーヒー」は、フェアトレードによって生産状況や国際相場、国の経済事情などを考慮して生産者へ適正な代金を支払っています。 また、継続して購入をすることが重要であるため、“顔の見える関係”を大切に、自分達で直接現地に赴き、生産農家を訪問し、栽培方法や加工工程のみならず生産者の取組姿勢を確認して、仕事作りや技術向上、生産者の生活向上を応援しています。

顔の見えるフェアトレードコーヒー パウリーニョコーヒー ブラジルでパウリーニョおじさんが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、ペルーコチャパンパ農園のコチャパンパコーヒー インカの末えいたちが有機栽培で作るオーガニックコーヒーや、当店一番人気のフェアトレードコーヒーブレンドコーヒーなど



 
「顔の見えるコーヒー」は農薬や化学肥料に頼らず作られたもの中心に、自ら農園に足を運んで厳選してきたコーヒーです。
中でも、ブラジルのパウリーニョさんが作る「パウリーニョコーヒー」は、世界で初めてカップ・オブ・エクセレンス(COE)に選ばれた有機栽培コーヒーです。農薬や化学肥料を使わず100%自家製の堆肥を使用し、完熟した実だけを1粒1粒丁寧に手摘みし、ゆっくりと天日乾燥させたパウリーニョさんのコーヒーはコクと香りが高く、マイルドな甘みのバランスが絶妙な味わいです。
パウリーニョさんは「何事も急がない」と、手間ひまかけて熱心にコーヒー作りに励んでいます。
2005年からは温暖化の影響を考え、日陰を作るための木を農園の一角に植え始めました。 伝統的な栽培方法にはない、その試みに当時は「変わり者」呼ばわりする人もいましたが、1粒1粒手摘みしたコーヒー豆の出来上がりに、今では十分な手ごたえを感じています。