Recipe No.326 ガレット・ブルトンヌ 




◆材料・分量・・・セルクル丸φ55×H35mm 8個分
■クッキー生地
  無塩バター 115g
  粉糖 65g
  1g
  バニラピーンズ 1さや
  卵黄 25g
  ラム酒 5g
  薄力粉 115g
  ベーキングパウダー 1g
■仕上げ用
  卵(つや出し) 適量





型の下準備
・型にバター(分量外)を塗る。

材料の下準備
・バニラビーンズの種をさやから出す。  ・薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう。
・バターと卵黄を室温に戻す。  ・焼成前にオーブンを170℃に予熱する。


クッキー生地作り
室温に戻したバターをボールに入れ泡立て器でクリーム状にし、粉糖を加え白っぽくなるまでよくすり混ぜる。塩とバニラビーンズの種を加え混ぜ合わせる。
卵黄を3回に分けて加えて、そのつど泡立て器でよく混ぜる。ラム酒を一度に加えてよく混ぜ合わせる。
ふるった粉類を加え、粉っぽさがなくなるまでゴムベラでねらないように混ぜる。ラップで四角く包み冷蔵庫で2時間以上寝かせ冷やし固める。
生地を打ち粉をふったカッティングボード等の上で1儻の長方形になるように添え棒などを使いめん棒で伸ばす。ボードごと生地を冷凍庫で約30分冷やす。



焼成
油脂を塗った直径5僂離札襯ルで生地を抜き、オーブンシートを敷いた天板に並べる。残った生地も同様に伸ばして抜き天板に並べる。天板ごと冷蔵庫で約30分冷やす。
冷蔵庫から取り出し、よく溶いた卵を刷毛で2回塗り、フォーク等の背でしっかりと模様をつける。
バターを塗ったセルクルを生地にかぶせ、170℃のオーブンで28〜30分程度、全体的に均等に色づくように焼く。
焼きあがったら、オーブンから取り出した天板の上で型をしたまま少し冷ます。粗熱が取れたらセルクルをはずしケーキクーラーの上で冷ます。






担当者コメント【佐藤】

バターをたっぷり使った風味豊かなクッキー、フランスのブルターニュ地方の銘菓のガレット・ブルトンヌです。

【ピッタリ♪ポイント】
バターたっぷりの生地は焼くと生地が広がるので、セルクルをかぶせて焼きます。
今回は直径5僂糧瓦型で抜いた生地に直径5.5僂離札襯ルをかぶせて焼き上げました。

【レシピポイント】
バターがたっぷりの生地は、ホロホロサクサクとした軽い食感が特徴です。
豊かなバターの風味を思いっきり楽しむことができるお菓子です。

【ピッタリラッピング】
個包装袋は合掌袋GT-No.7オーピーパックT-08がピッタリでした。
ガトーブラウンシャンブルキャリーのギフト箱に入れると素敵な贈りものになります。

【アレンジ、成功アドバイス】
工程で、今回は高さ1僂離院璽バールを添え棒にして伸ばしました。均等な厚さに伸ばすことができるので便利です!
厚みが特徴のクッキーなので、添え棒がない場合は、生地を薄く伸ばさないように気をつけて下さい。
バターが多いこの生地は、生地がやわらかくなったら冷やしながら作業をするのがポイントです。
生地を伸ばしたら、冷凍庫で30分ほど冷やし固めてから抜くと角がしっかりとしたきれいな丸型に抜くことができます。
抜いた生地も焼くまではなるべく冷蔵庫に入れて冷やすと、きれいに焼き上がります。



使用した道具・あると便利な道具

18-0ステンレス深型ボール 材料を混ぜたり、メレンゲ作り、生クリームの泡立て作業などに便利な深型ボールです。
シルバー泡立て 業務用で最も良く使われており、絶妙のバランスで大変使いやすいホイッパーです。
ウィズシリコンゴムベラ 大 耐熱204℃と熱に強いシリコンゴムべラ。一体型なので、洗いやすくお手入れも簡単!
ベーキングシート 好みのサイズにカットできて、繰り返し使えるテフロンベーキングシートが人気です!
ケーキバール 10mm 生地を伸すときに添え棒にすると均等な厚さになります。
めん棒 基本的な木製めん棒やパン作りに便利なガス抜きめん棒など、多種取り揃えています。
ケーキクーラー 網目の細かいものや、角型、manymanymakeなど豊富な種類です。
   


このサイト内の画像および文章の無断複製・無断転載・無断引用などは固くお断りします

Copyright (c) 2009 asai-shoten, Inc. All Rights Reserved.