Recipe No.292 コーヒーロールパン 難易度★★☆☆☆




◆材料・分量・・・ミニスティック 2本分
  強力粉 250g
  砂糖 35g
  3g
  ドライイースト 6g
  スキムミルク 10g
  無塩バター 40g
  50g
  100g
 
  インスタントコーヒー 5g

このレシピで使用した型
アルタイト食パン型ミニスティック
アルタイト食パン型ミニスティック
当店オリジナル、スリムでロングな食パン型。高さ6cm長さ25cmのおしゃれなパンが焼けます。1本分の粉量は、食パン1斤の約半分で、お手持ちのレシピも生かせます




型の下準備
・初めて使う型は空焼きする。【目安:170〜180℃で40分、油脂を塗って200℃で10分】
・型に油脂(分量外)を塗る。

材料の下準備
・暑い季節以外はパン生地の水は30〜35℃に温める。 ・パン生地のバターを室温に戻す。
・焼成前にオーブンを200℃に予熱する。


生地作り
ボールにバターとインスタントコーヒー以外の材料をあわせて水気がなくなるまで混ぜ、生地がひとまとまりになるまでボールの中で手でこねる。
生地を台に取り出し、たたきつけては手前から向こう側へ折りたたみ、生地をつかむ位置を側面に持ちかえてたたく面をかえながら、表面がなめらかになるまで続ける。
バターを生地にもみ込みさらに約10〜15分程こねる。生地が薄くのびるようになったら半分に分割し1つはそのまま丸める。もう1つの生地を軽く広げ、インスタントコーヒーを全体にのせる。
生地を端からくるくる巻いてから全体に混ぜ込むようにこねる。全体に混ざりこねあがったらきれいに丸める。



一次発酵 分割・ベンチタイム 成形
油を薄く塗ったボールに生地をそれぞれ入れ、ラップをする。40℃で40〜50分、約2倍の大きさになるまで発酵させる。
生地をボールから取り出し手のひらでガスを抜き、白い生地、コーヒー生地ともにドレッジで65gと残りの生地に分割する。表面を張らせるように丸めたら、固く絞った濡れぶきんをかけて約15分休ませる。
大きい白生地をめん棒を使って横長の26cm×16cmの大きさにのばす。小さいコーヒー生地(65g)を大きい生地のひとまわり程小さくのばしたら、ガス抜きめん棒に生地を巻きつけ大きい生地の上にのせる。
のせた生地の端を整えたら、手前からくるくると巻いてとじ目をしっかり閉じる。とじめを下にして型に沿わせるように生地を入れる。



二次発酵 焼成  
残りの生地も同様にのばして巻き、とじめを下にして型にいれる。
乾燥しないように型の上からラップをかけて、40℃で30〜40分、生地の高いところが型のふちより少し下(9分目程度)まで発酵させる。
型にフタをして200℃のオーブンで約20〜25分焼く。焼きあがったらタオルなどの上に型を叩きつけて底にショックを与え、型から外してケーキクーラーの上で冷ます。
 






担当者コメント【佐藤】

コーヒーの香りがいい少し大人のパンです。
ミニスティック型で焼いたパンは、スライスすると6僂了由儼舛両さくて食べやすくかわいい食パンになりますよ。


今回はインスタントコーヒーを混ぜ込みましたが、溶けやすいアイスコーヒー用のインスタントコーヒーが作りやすいと思います。
また、小さい生地はめん棒で伸ばすのが大変ですが、がんばって薄く伸ばしてあげるときれいな渦巻きが出来ますよ。

お好みでコーヒーの量を変えて、自分好みのコーヒー風味のパンを作るのも楽しいと思います。



関連商品

スーパーシリコン食パン型
ミニスティック
60mm角で25cm長さのおしゃれなスティック食パンが焼けるミニスティックに
空焼き不要、型離れしやすいスーパーシリコン加工を施して使いやすくなりました。
ポリカーボネートボール21cm パン生地発酵に便利な透明ボール。200〜250g位の生地には21cmがおすすめ!
目盛りつき人工大理石のし台 使いやすい薄型のし台に、パン生地やお菓子の成型に便利な目盛りがつきました。
ガス抜きめん棒 生地を伸しながらガス抜きをするとても便利なめん棒です。
ケーキクーラー 網目の細かいものや、角型、manymanymakeなど豊富な種類です。
   


このサイト内の画像および文章の無断複製・無断転載・無断引用などは固くお断りします

Copyright (c) 2009 asai-shoten, Inc. All Rights Reserved.