Recipe No.264 いちごのブランマンジェ




材料・分量・・・ ヨーグルト90 10個分
  牛乳 430g
  砂糖 100g
  粉ゼラチン 12g
  50g
  バニラエッセンス 適量
  生クリーム 200g
  いちごジャム 100g
  レモン汁 20g
  いちご(冷凍可) 3粒

◆このレシピで使用した道具
ガラスデザート瓶 ヨーグルト90 フタ付
ガラスデザート瓶 ヨーグルト90 フタ付
ヨーグルト瓶の形が可愛いガラスのデザート容器です。プリンやヨーグルトなどに最適なミニサイズ。ギフトにおすすめです。





[材料その他]
・水にゼラチンを入れふやかす。


ブランマンジェ生地作り 仕上げ
鍋に牛乳を入れ砂糖を加えたら中火にかけ、沸騰直前(70℃位)まで温める。火からおろし、ふやかしたゼラチンを加えゴムベラで混ぜながら溶かす。
こし器でこしながらボールに移す。バニラエッセンスを適量加え軽く混ぜ合わせたら、氷水で冷やしゴムベラで絶えず混ぜながら、しっかり目にとろみをつける。
ボールに生クリームを入れ、泡立て器で軽くもったりとした状態まで泡立てる。に生クリームを2回にわけて加え、そのつど泡立て器でよく混ぜ合わせる。
いちごジャムにレモン汁を加え混ぜ合わせたら、10gを別の器に取り分ける(飾り用に使用)。いちごを4〜6等分にカットし、残りのいちごジャムと合わせる。



参考
最初に5個の瓶で白いブランマンジェを作る。丸口金をつけた絞り袋や種おとし等で、瓶の首あたりまで均等に生地を流し入れる。
残りの5個の瓶にブランマンジェ生地を少し入れ、イチゴと合わせたジャムをスプーンなどを使い瓶のフチに添わせるように入れるたら、ジャムの上にブランマンジェ生地を少しのせる。瓶の首のあたりまで、交互にこれを繰り返す。
冷蔵庫で冷やし固めたら、白いブランマンジェの上に、取り分けたジャムをスプーンなどで乗せる。お好みでミントなどを飾り完成。
ワックスペーパー等を11〜12儚僂寮喫形にカットする。フタをした瓶の上にかぶせ、モールやビニタイ、紐などでとめる。今回はいちごのワックスペーパーピンクのタイを使用。



担当者コメント【佐藤】

イチゴジャムでの仕上げを変えて、真っ白なブランマンジェといちごマーブルの2種類のブランマンジェを作りました。

仕上げにいちごのワックスペーパーでフタにラッピングをするだけで、かわいくなりました。
ラッピングひとつで、かわいくなったり、お洒落になったり、懐かしさも出せるデザート瓶は、いろいろ楽しめそうですね♪
贈りものには、サービスボックスS(アンサンブル)ルックバッグがぴったりです。

今回は冷凍のいちごを使用しました。フレッシュのいちごを使用するときは、きれいに洗ったものを使用して下さい。

牛乳を70℃まで温めると、殺菌にもなります。温度計があると沸騰しすぎることもなく便利でした。



あると便利な道具

デジタル温度計 −50℃〜+260℃までの測定が可能な防水機能付の中心温度計です。
ウィズシリコンゴムベラ 大 耐熱204℃と熱に強いシリコンゴムべラ。一体型なので、洗いやすくお手入れも簡単!
ダブルストレーナー6吋 丈夫な二重アミで裏ごし・ふるいにも手軽にご使用できます。
18-0ステンレス深型ボール 材料を混ぜたり、メレンゲ作り、生クリームの泡立て作業などに便利な深型ボールです。
シルバー泡立て 業務用で最も良く使われており、絶妙のバランスで大変使いやすいホイッパーです。
木ベラ カスタード作り・あんこ作りには木ベラがオススメ。ソース作りには穴あきが便利です。
片手種おとし 太口 流動性の生地の流し込みが簡単しかも綺麗に行えます。
   
   


このサイト内の画像および文章の無断複製・無断転載・無断引用などは固くお断りします

Copyright (c) 2009 asai-shoten, Inc. All Rights Reserved.