Recipe No.225 桜カンパーニュ
カロリー : : kcal
難易度 ★☆☆ 




材料・分量・・・ 発酵かご丸 φ190mm 1台分
  フランスパン専用粉 250g
  ライ麦全粒粉 30g
  5g
  ドライイースト 2g
  はちみつ 5g
  180g
◆このレシピで使用した道具
NEW発酵かご 丸 φ190mm No.1S
発酵時にパンの形を整え、独特の美しい模様がつきます。





[材料その他]
・暑い季節以外は水を30〜35℃に温める。
・焼成前にオーブンに天板を入れ、220℃に予熱する。


生地作り    
ボールに全ての材料をあわせ入れ、水気がなくなるまで混ぜ、生地がひとまとまりになるまでボールの中で手でこねる。
生地を台に取り出し、たたきつけては手前から向こう側へ折りたたむようにしてこねる。
生地をつかむ位置を側面に持ちかえてたたく面をかえながら、表面がなめらかになるまで10〜15分続ける。
こねあがった生地はきれいに丸める。



一次発酵 分割・ベンチタイム 成形
油を薄く塗ったボールに生地を入れ、ラップをする。室温(25℃前後)で80〜90分、約2.5倍の大きさになるまで発酵させる。
生地をボールから取り出して、手のひらで押しつぶすようにガスを抜き、ドレッジなどで5等分する。表面を張らせるように丸め、固く絞った濡れぶきんをかけて約20分休ませる。
この間に、茶こしなどを使って発酵かごにたっぷりとフランスパン用粉をふっておく。
生地を丸め直しながら、卵の形のようなだ円に形を整えてとじ目をしっかりとじる。



二次発酵 焼成
とじ目を上にして、先端の細い方が中心にくるように、バランスよく生地を並べる。
(最後の生地を置く時は、は両わきの生地を左右に寄せながら入れるとよい。)
室温(25℃前後)で約50〜60分、型いっぱいに膨らむまで発酵させる。
発酵かごにオーブンシートをかぶせて逆さにし、シートの上に生地を取り出す。
はさみで外側3cm程の切り込みを入れ、中心部分にナイフで1cm程の深さの切り込みを入れる。
熱した天板の上にオーブンシートごと生地をのせ、生地の周囲にたっぷりと霧を吹く。220℃のオーブンで30分焼く。焼きあがったらケーキクーラーの上で冷ます。



担当者コメント

成形を工夫して桜の花のように焼いたカンパーニュです。
こんなインパクトのあるカンパーニュなら、プレゼント用にもいいですね。
シンプルな生地なので、お好みでナッツやドライフルーツを混ぜ込むのもおすすめです。

栗原



あると便利な道具

ポリカーボネートボール21cm パン生地発酵に便利な透明ボール。200〜250g位の生地には21cmがおすすめ!
人工大理石のし台 パン生地を伸したり、成形したり、お菓子作りにもこの台があれば重宝します。
シャットナイフ プロが使う、切れ味抜群で握りやすい形状の本格派クープナイフ。研ぎ直しも可能。
粉糖ふり 上面が網になっているのでまんべんなく使用できます。保管に便利なフタ付です。
ケーキクーラー 網目の細かいものや、角型、manymanymakeなど豊富な種類です。
   


このサイト内の画像および文章の無断複製・無断転載・無断引用などは固くお断りします

Copyright (c) 2009 asai-shoten, Inc. All Rights Reserved.