サケノサカナ

埼玉県の川越市で活動されている木工作家の堀越太郎によるブランド。

堀越さんは、1987年埼玉県生まれ
武蔵野美術大学を卒業後、職業能力開発センターの木工科を経て、家具工房勤務​後
2017年秋から「サケノサカナ」としての活動をスタートしました。

彼のつくる作品は、どれも日々の「暮らしをさりげなく楽しく、良くしてくれるもの」。
クジラの栓抜き、鳥のようじ入れのように、暮らしの役に立つものでありながら、心くすぐる表情をもっています。