ハワイアンジュエリーアクアヴェール楽天店

特集一覧


ハワイアンジュエリー リング形状 バレルとフラット&レイヤー

ハワイアンジュエリーにはリングタイプが大きく分けて2種類に分かれます。 フラット型の特徴はリングの形状が直線的なリングでスタンダードなモデルと言えます。 日本名は平打(ヒラウチ)と呼ばれ、シンプルなフォルムを形成しているモデルです。更に高級感もあるのでブライダルリングとして人気のモデルになります。

ハワイアンジュエリー リング形状バレル

ハワイアンジュエリー リングらしい特徴的な形状がバレルで日本名はこう丸と呼ばれ表面がラウンドしているのが特徴、美しいフォルムで、素材も金やシルバーを選択できるのでハワイアンジュエリーらしいモデルはすべてこのバレル型と言えます。どちらの形状のハワイアンジュエリーもオーダーメイドが可能
ハワイアンジュエリーの特徴は幅広いデザインから好きなデザインを選択できること、また、希望によってはオーダーメイドが可能な点もハワイアンジュエリーの魅力です。豊富なデザインから自分の好みのデザインを選択する事が可能で、更にメッセージを刻印することも出来るのでオリジナルジュエリー制作が可能なブランドなのです。

ハワイアンジュエリーは選べる素材も豊富

ハワイアンジュエリーはシルバー、ゴールド、ホワイトゴールド、 K14等選べる素材も豊富です。ハワイアンジュエリーのリング形状はバレルとフラットを選択できますが更に素材も選択することが出来るので仕上りは貴重な一品となること間違いないブランドです。




















ハワイアンジュエリー 素材

ハワイアンジュエリーに使用される素材は、主にシルバー・ゴールド・プラチナの3種類となっています。シルバーは他の2つと比べて価格面で手に取りやすく、またどんな場面でも合わせやすいのですが、黒ずみなどがつきやすいという課題もあります。プラチナは錆びなどの心配などがなくお手入れの必要もないこと、アレルギーを起こしにくい素材であること、シルバー同様利用シーンの幅が広いことが利点としてあげられますが、他の2種と比べて高価な素材となっています。この3種類の中でハワイアンジュエリーの素材として最も多く利用されるのはゴールドで、プラチナよりも硬いために傷がつきにくいこと、またピンク・イエロー・ホワイト・グリーンなど色味を選ぶことが出来ることも人気の理由となっています。また、ゴールドの中にも14Kと18Kの2種類が存在し、この数字はゴールドの比率を表しています。ゴールドの純度の比率が高いほど強度が高いことを表しています。ハワイアンジュエリーは一般的には入手しやすく、ゴールドならではの色味を楽しむことが出来るという点もあって14Kが多く利用されています。しかし、結婚指輪などのように長い間肌身離さずいろんなシーンで着用したいものの場合は、素材の強度を考慮して、鋳造でなく鍛造18Kのものを購入することをオススメします。








ハワイアンジュエリーは本来14Kなのですが日本国内の結婚指輪としてはやはり高品位な18Kやプラチナの重要が多くマカナ誕生のきっかけとなりました。

結婚指輪 鍛造製法で初のマカナはビッカーズ強度2倍、マカナリングの強度を支えているのは、業界初と言われている「鍛造(たんぞう)」と呼ばれる手法です。リングの製造方法として、通常は「鋳造(ちゅうぞう)」という型に地金を流し込む方法が用いられることの多いのですが、マカナで用いている「鍛造」という手法により、ビッカーズ硬度は「鋳造」という手法を用いた場合の2倍と言われています。ちなみに、ビッカーズ硬度とは、工業材料の硬さを測るための尺度として、モース硬度と並ぶ2つの指標の1つです。モース硬度は引っかき傷に対しての硬さを示すのに対して、ビッカーズ硬度はその材料の押し込み圧力に対する強度を示すものとなります。元々はヨーロッパから伝わった技法である「鍛造」は衝撃を受けても歪みが起きにくいもので、現在では新幹線や飛行機の部品などでも使われている方法です。その技法を取り入れることにより、マカナのリングはその美しい彫り模様を長くそのままの姿で止めることが出来るようになっているのです。

















☆フラについて☆

本日はフラについて、お話します(*^_^*)フラとは、皆さんご存知の通りフラダンスのことです?そもそもフラという言葉自体が、ダンスという意味である為、専門家の間ではフラダンスとは言わず、フラと呼んでいます。フラダンスだと、《ダンスダンス》と、いう意味になっていまいますもんね(笑)そもそもフラとは、踊りだけではなく、演奏・歌唱・詠唱の全てを言います?そして、カヒコと呼ばれる古典的スタイルと、アウアナと呼ばれる現代スタイルがあり、宗教的な要素もありつつ、芸術でもあるのがフラです(*^^)v単純にダンスや音楽としてのカテゴリーでは無いんです☆日本で言う《能楽》と、近いものと考えてもいいかもしれません。一言で言うならば・・神様に捧げられる神聖な踊り*。・その歴史は深く尊いものなのです。フラの歴史については、また次回(^^)/~~~フラの起源については、ハワイは無文字社会だった為、書物などが残ってなく正確な起源は分からないという事です。ただ、ハワイはマルケサス島やタヒチ島からの移民であり、フラもまたこれらの土地から渡ってきたとされています☆起源が分からない・・・なんていうのも、また神秘的ですよね?ちなみに、日本で広くフラが知れ渡ったのは、常磐ハワイセンターの開園時とされているのですが、あれはタヒチアンダンスだったとも言われています。タヒチアンダンスとフラは密接な関わりがあるとされ、上記にもお伝えしたように、ハワイ人はタヒチからの移民であるとされていることから、フラはタヒチアンダンスの流れを組む存在ということになるのでしょうφ(..)メモメモハワイでのフラショーでもタヒチアンダンスが披露されている等・・やはり身近な存在なのですね♪日本でも約300のフラ教室がある程、今や一大ブームとなっていますが、当店では、そんなフラに通う奥様方に大変人気なゴールドのバングルがあります(=^・^=)せっかくフラを始めたのだから、身に着ける物もハワイアンがいい!?と、言って当店を訪れる方も少なくありません?もちろん、フラを始めたばかりの方だけではなく、長年やっている方や、フラとは無縁の方にも身に着けていただきたい商品です?ぜひ一度、当店にご試着しに来てください。つい長々と語ってしまったので・・続きはまた次回に致します。お付き合いいただき、ありがとうございます(*^_^*)それでは皆さんMe Ke aloha



☆アロアロの意味とは☆

“アロアロ”ってどういう意味かご存知ですか??アロアロとは、ハワイ語で“ハイビスカス”のことなんですよ(^o^)丿ハワイの代表的なお花の一つでもあります★それに、南国といえば・・“ハイビスカス”とイメージされる方も多いと思います(^_-)-☆ハイビスカスの花言葉は【上品な美しさ・繊細な美・新しい恋・信頼】などがあります☆実はプルメリアの花言葉も【気品】なんです!!なぜハワイの代表的なお花は品がある花とされているのか・・それは、神様と繋がりがあるお花だからだといわれているからなんです(*^^)vハワイでは、ハイビスカスは『神様に捧げる花』、プルメリアは『神様が宿る花』と信じられていて、とても神聖なお花なんです☆★フラで踊る際に、髪にハイビスカスを挿すのも、その為。そんな神聖で高貴なハイビスカスをモチーフにしたジュエリーは、素敵だと思いませんか?温かみのあるハワイアンジュエリーに、ちょっと高貴な意味合いも相まった、まさに女性の為のモチーフだと思います!!ヽ(^o^)丿当店にも、もちろん!!ハイビスカスをモチーフにしたネックレスがございます(^_-)-☆胸元の空いた服にも、これからセーターの上から着けても、上品さが映えるデザインとなっておりますよ♪(^_-)-☆また、当店ではハイビスカスティーをご用意しております★あまり聞き慣れない紅茶だとは思いますが、とても美味しい紅茶なんですよ♪♪(*^^)v酸味が強い紅茶なので、最初は酸っぱく感じる方が多いですが、飲むと癖になる味で、なかなかイケますよ★(^O^)/美肌効果もあり、ビタミンCもたっぷりなので、これから寒くなる際の風邪対策にも、ピッタリ!!アイスにしても美味しいそうですよ(*^^)v 是非、お試しあれ〜(^_-)-☆それでは・・・Me Ke Aloha☆★



☆マラサダのご紹介☆

今日はマラサダのご紹介をしたいと思います?(^O^)/そもそもマラサダとは・・・ハワイに何回か行かれたことのある方でしたら一度は食べたことのある(?)ハワイではとても有名なお菓子で、元々はポルトガルの家庭菓子で、ポルトガルからの移民がハワイの人々に伝え、ローカルスイーツとして定着したそうです★日本人にはどこか懐かしい揚げパンのような卵たっぷりの揚げ菓子だそうですヽ(^o^)丿このマラサダは、ホノルルの有名ベーカリーではなんと、一日に1万個近く販売するのだそうですよ!!(@_@;) オアフのホームパーティーでは、接待客の中の一人は必ず手土産として箱入りのマラサダを持ってくるのだそう(^O^)また、アロハスタジアムのスワップミートにもマラサダのワゴン車が停まっており、マラサダが揚がると、店員さんが『マラサダーーー!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/』と、大きな声で叫んで、みんなに呼び掛けるんですって!!(笑)炎天下でも、なぜか揚げたてアツアツのマラサダのワゴン車の周りには、その声に反応して、たくさんの行列ができるとか・・・(^O^)そんな不思議な魅力のあるマラサダ☆ハワイに行く機会がありましたら、是非お試しあれ?それでは・・・Me Ke Aloha☆★


☆フラの歴史について☆

フラの歴史についてお話します。フラの起源については、先日お話ししたように書物が残っていないことから、正式な起源は分からないそうです。ただ、ある伝説によると・・女神ラカがモロカイ島の聖地カアナでフラを生んだとされています。というのも、モロカイ島では毎年5月にフラの誕生を祝う「踊りの中心」を意味するカフラピコというお祭りが開かれているからなのです。また、別の伝説ではヒイアカ(火の神ペレの妹)が姉のペレの荒い気性をなだめるために踊ったとされる伝説もあります。どちらにせよ神話的な伝説なので、ホントの所は分からないのですが・・^_^;ただ、何にせよフラとは神様と密接な関わりがあるのは、お分かり頂けると思います。しかし!神への踊りとされるフラも宗教的観点から、異国の宣教師たちによって断罪、禁止されてしまう時代がありました。大昔はどこの国でも宗教闘争が多くあり、ハワイという国(現在は諸島)も、例外ではありませんでした。それから数十年、当時のカラカウア王は伝統文化を重んじる王様で、フラを復活させました。ただ異教徒への配慮なのか、今までのフラとは変化させ、詞歌や衣装などを新たに組み合わせ「フラクイ」という形式を確立させました。フラクイでは、伝統的なサメ皮の太鼓(パフ)を止め、代わりにひょうたん(イプ)が用いられたのです。そして20世紀に入るまで、フラクイは守られてきました。それから1970年代に入り、観光などで異文化に触れる機会の多くなったハワイは、逆に古くからあるハワイ文化に関心が高まる傾向になっていきます。そして伝統的なパフを用いるフラ=フラカヒコが再び定着していくのです。その後、今に多く伝えられているフラ=フラカヒコとなったんですね〜φ(..)かなり端折ってお伝えしていますが、フラが生まれたとされた時代から現在まで、幾多の年月が重ねられているのは確かです。その全てを語り尽くすには、ホントに膨大な時間がかかってしまうので、また改めて、少しずつお伝えしていけたらと思います。フラだけではなく、ハワイには色んな歴史や文化、伝説があり、今でも多くの人々が魅了され愛され続けている土地です。そしてハワイアンジュエリーも、その歴史、文化、伝説の息吹を多聞に受けている存在なのです。だからこそ、マリッジだけでなく、大切な方への贈り物こそに相応しいジュエリーと言えるのでしょう。だからこそ、贈り物はマカナ(=贈り物)で・・・?ではでは本日はこのへんでMe ke aloha


☆ベイビールアウについて☆

今日はベイビールアウのお話です。「ルアウ」とは「祝宴」のことです。日本の一升餅のように、ハワイでも1歳の誕生日をお祝いするようですがそれが「ベイビールアウ」。そもそもなぜ1歳をお祝するかと言うと…古代では赤ちゃんが1歳まで生きられない場合もあり、1歳の誕生日は人間の人生にとって大きな一区切りとされていました。オハナ(家族)に生まれた大切な子供が人生最初の区切りを迎えたことを神に感謝し、すべてのオハナと祝うという習慣があり、現代ハワイでもベイビールアウの習慣として残っています。さて、そんな「ベイビールアウ」は単純な「赤ちゃんの誕生日」とは規模もイメージもほど遠く、数百人の招待客を招いて行われることもあるそうです。会場は自宅の庭やビーチパーク、ホテルの大宴会場やレストランを貸切。親戚・友人・職場や学校の知人に加え、近所の人たちも招待するようです。結婚式のようで、それ以上の規模もあるそうです。ハワイの人々は子供の頃からその習慣に慣れ親しんで育つため、「自分が親になった時には、子供に盛大なベイビールアウをしてあげたい」と思うのです。また、特にオハナの伝統が強く残っているため、歴史の長い家系であればあるほど親類縁者の数は膨大になっていくのです。赤ちゃんが生まれた時から準備する家庭もあるようで、当の本人は理解していなくとも、家族がどれほど子供の成長を喜び、共有し祝うのか、伝わってきますね。身近すぎて忘れがちですが、私も両親の愛情には感謝の日々です。1歳になってお餅を背負い、ほっぺを真っ赤にした自分の写真はブサイクすぎて忘れられません!!!!(笑)1人の赤ちゃんを祝うことで、家族全員の絆が深まる気がしますね。さて、昨日テレビで見た情報なのでご存知の方もいるかと思いますが、恋人や大切な人との絆の深め方(??)。・視覚・味覚情報の共有・ポジティブな思い出の共有・「初めて」の共有、この3つだそうです。つまり、秋になって初物のカツオをふたりで食べる、そんな感じです(笑)でもかなり納得してしまいました。確かに美味しいもの・きれいなもの・初めて一緒に行った場所…こういうのって深く思い出になりますよね。Me ke aloha!


☆フィッシュフックについて☆

今日は、ハワイに住む人々にとって生命の糧となる魚を釣るためのとっても重要なアイテム!!“フィッシュフック”のご紹介〜?(^o^)丿古代ハワイでは、釣り針をクジラやサメなど、大きな魚の骨や貝殻を削り、魚を釣って生活していたそうです★\(゜ロ\)(/ロ゜)/☆古代ハワイアンにとって、とても重要なものであり、特別なパワー(マナ)が宿る釣り針は、次第に【幸運を呼び寄せる】お守りとして、身に着けられるようになりました(^O^)/また、釣り針には、一度かかった魚は絶対抜けないことから、舞い込んだ幸運を逃がさない・・恋人と決して離れないという意味合いもあるんですよ〜(^_-)-☆素敵ですよね〜・・・(*^_^*)?私は、このお話を知った時、かなりトキメキました!!(笑)ヽ(^o^)丿さすが!! 愛の象徴!! ハワイアンジュエリー!!ヽ(^o^)丿☆お守りとして・・・★幸運を呼ぶラッキーアイテムとして・・・☆絶対に離れたくない恋人とペアとして身に着けるのもおススメ!!\(^o^)/または、女性が男性にプレゼントする際には・・・【あなたの心を掴んで離さない?】という意味合いもあるそう・・・(*^^)v皆さんも、ハワイのパワー(マナ)を身に着けてみてはいかがですか?ちなみに、当店にフィッシュフック商品が登場するかも・・・?(^_-)-☆それでは今日はこの辺で・・・Me Ke Aloha☆★


☆このカード、名前は「マナ・カード」☆

ハワイのイラストが描かれた44枚のカードです。古代から伝わるハワイの英知・文化・神話が詳しく書かれた1冊の解説本とセットになっています。そもそもマナとは宇宙に流れるスピリチュアルなパワーのこと。ハワイの人はこの世に存在するすべのものにマナが宿っていると信じています。Makanaリングもそのマナのパワー宿り、ふたりの幸せが永遠に続きます様に…とリングの内側にブルーサファイアをセッティングしています。44枚のカードからなると書きましたが、4という数字はハワイアンにとっては神聖な数字。だからマナ・カードは4の倍数の44枚なのだそうです。カードに描かれているのは、ハワイの植物や神話の登場人物、ハワイの独自の工芸品。描かれたひとつひとつのシンボルに深い意味が隠されています。ですから、単なる占いではなく、マナ・カードを使うことによって、マナの力とつながり自分が最も必要としているメッセージを受け取ることができるのだそうです。占い好きで有名なサンですが←有名ではない。タロットカードとは全然違った内容ですね。実は私、タロットカードを持ってるのですが、タロットには意味も絵柄も恐怖のものが多々あり、マナ・カードはそれに比べて優しいな、ふむふむ、と感じていたところ……やはり!!!マナ・カードにはネガティブなカードが1枚もないそうです。ハワイの文化を知ることができ、美しい絵に癒され、カードから深く洞察が得られます。そんなマナ・カードを作ったのはキャサリン・ベッカーさんニューヨーク州出身で、現在はハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科の助教授をしています。1985年、初めてハワイを訪れたキャサリンは、ハワイ大学マノア校で4年間修士課程を修めた後、バッファローへと戻りました。1992年のクリスマス・イブにニューヨーク州立大学バッファロー校の凍える程寒い部屋にいた時、「できるだけ早くハワイに帰らなくては私は枯れて死んでしまう」という想いに襲われたそう。その後、マウイ島でのキャンプで、ハワイに戻された意味と次に何をすべきかを瞑想しました。その時にマナ・カードのビジョンを得たのです。マナ・カードは美しい色彩と絵に惹かれる人が多いとのこと。この絵を描いているのは、マウイ島の人里離れた山の中腹に住むドヤ・ナーディンさんキャサリンとドヤの出会いは劇的でした。ニューメキシコ州のあるカフェで、マナ・カードのヴィジョンについて出版関係者と話していた時、その人物から女神ペレの絵が載っている雑誌を渡され、一目見てこれだ!と思ったそうです。さて、マナ・カードの占い方はいたってシンプル。質問に集中し、カードをよくきって、必要なだけカードを引けばいいのです。その後に解説本に書いてあるカードの意味を読むだけ。本の中にいくつものスプレッド(カードの並べ方)があるので、好きな物をどれでも試してみることができます。また、解説本を読むだけでも、貴重な知識を得ることができます。秋の夜長…いつもは小説ばかりのサンも、ろうそくの明かりの元で夜な夜なマナ・カード・・・・・って怪し過ぎますね(笑)ハワイの文化・神話に触れたスピリチュアルな秋にしたいと思います!Me ke aloha!


☆モンステラ☆

皆さんは南国の植物と聞いて、何を想像しますか・・・?ヤシの木やハイビスカス・・プルメリアなど。。どれも見ているだけで元気がもらえるものばかりですよねっ\(^o^)/そのなかでも一押しな植物!それは・・・モンステラですっっ☆鮮やかな緑色をした大きな葉に、切れ込みの入った個性的な植物なのですがハワイ語ではMonsteraと言い、水が湧き出るという意味があります。確かに☆そんな感じがする植物なんですっ?水が湧き出るというのは大袈裟かもしれませんが・・個人的にはみずみずしいといった印象があります。花言葉は深い関係です(*^^)vこちらはあまりピンとこない感じですが、ハワイでは絆を深めるという意味で、ハワイアンキルトのデザインや、ジュエリーのデザインでも多様されています!ちなみにラテン語ではmonster(怪物)という意味だそうです(@_@;)ラテン語だと、全く違う意味になってしまいますね。。残念ながら当店にはモンステラデザインのジュエリーはありませんが、実際の植物を店内の片隅で育てています。やはりハワイアンジュエリーショップですので、リゾート感の演出に一役かってくれています。花言葉にもあります様に、お客様と深い関係を築けていけたら・・?と、思っています!モンステラと一緒に、皆さんのお越しを心待ちにしておりますっ(*^3^*)では本日はこの辺でMe ke aloha


☆ティキペンダント☆

ティキペンダントをご紹介したいと思いま〜すヽ(^o^)丿当店のティキペンダントは、種類が5種類あるんです!!(^_-)-☆基本的には男性向けの商品なんですが、個性的でカッコイイデザインになっているので、女性にも、もちろん!! おススメなんですよ!!(^o^)丿☆素材は、シルバー? 表情(デザイン)は5種類★ その、表情と言うのが・・・ティキはご存知の通り、ハワイで古くから守り神として崇められてきた造形物☆一つ一つに意味があり、一つ一つに想いが込められています。LUCKY・・・【幸運】、LONGLIFE・・・【健康】、LOVE・・・【愛情】、MONEY・・・【金運】、PROTECT・・・【魔除け】それぞれの表情も、とっても豊かで、見てると可愛くも見えてくる程!!ちなみに私の好きなデザイン(表情)は、ぁ擽皹拭曚鉢ァ數盻け】ですかねっ?(^O^)/い蓮二カッと笑っていて、可愛くて元気をもらえるような気がするんです★イ蓮他の 銑い醗磴辰董角(?)みたいなのが生えてるので、可愛いんです☆結局・・・可愛いものが好きなんですね、はい(笑)(@_@?)他の表情も、みんな可愛くて、なのにカッコイイので、本当におススメですよっ?\(゜ロ\)(/ロ゜)/特に、女性から男性への願いを込めたプレゼントとして人気が高い商品です!!デザイン(表情)で選ぶも良し!! 意味を優先して選ぶも良し!! な、一品です(*^^)vどれをチョイスしても、きっとお気に入りのアイテムになっていただけると思います(^_-)-☆ティキペンダント自体の種類は2種類!! ブラックとホワイトがあります\(^o^)/