有機JAS商品に認定されました!

有機農法、完全無農薬で育てたフラックス(亜麻)の名産地カナダ・アルバーター州のゴールデンフラックスシードを低温圧搾抽出し、未精製はもちろんのこと高級感あふれる黒ガラスボトルで紫外線を100%カットします。
 

とにかくフラックスオイルを摂ろう!
現代人の食生活に不足しがちなオメガ3系脂肪酸であるα−リノレン酸(しかも64%の高含有率)を手軽に補給でき、体の中でEPA・DHAに転換されます。
アマニとは?
アマニはニュージーランドの広大な畑で栽培される植物です。ゴマにも似た小さな実にはα・リノレン酸やリグナンを豊富に含み、欧米では栄養や健康面から高く評価され、食生活に欠かせない人気の食べ物です。






NZ産亜麻仁油の品質が優れている理由
  • 長い日照時間
    ニュージーランドは緯度が高いため、夏場の日照時間がとても長くなります。そのため@他の国々と比べて比較的大気汚染が少ないA極地に近いほどオゾン層が薄いこと、といったあたりも相まって、紫外線がとても強く降り注ぎます。
  • 寒暖の激しい気候
    ニュージーランドは南半球に位置しているため、平均気温は南に下がるほど低くなっていきます。最北端の平均気温は15℃程であるのに対し、最南端では平均9℃程です。南島内 陸の山間部では、冬には温度がマイナス10℃位まで下がり寒くなります。ニュージーランドは、1日の気温差が大きく「1日の中に四季がある」といわれ、季節を問わず朝夕は冷え込 みます。
  • 栽培に適した乾燥地帯を中心に亜麻の栽培を行っています
    ニュージーランドの気候は、ほぼ全土が温暖な西岸海洋性気候に属していますが、南島(弊社の亜麻のメイン栽培地)では西海岸と東海岸で降水量が異なっています。西海岸は 降水量が多いのですが、東海岸は南島を南北に貫くサザン・アルプス(Southern Alps)に遮られるため水分を含んだ風が届かず、乾燥地帯になっています。湿気が多いと雑草が 繁殖しやすく、害虫の発生も激しくなりますが(その対応コストがかかる)乾燥地帯では、そういった負担が軽減されます。
  • 有機認証管理番号による確実なトレーサビリティーを実現
    品質の安定ならびに、安全性の確保に大きく貢献しています。 ※トレーサビリティー…食品の安全を確保するために、栽培や飼育から加工・製造・流通などの過程を明確にすること。また、その仕組み。(三省堂大辞林より)
  • 収獲時期の見極め
    亜麻仁油の原材料である亜麻は、種が熟して以降に雨に当たってしまうと、種の色が黒くなってしまい、油にした時のエグ味がましてしまいます。 Functional Whole Foodsでは、種の成熟と、雨に当たらないタイミングを絶妙に図り、収獲しています。亜麻専門で栽培しているからこそできる見極めです。
  • 圧搾からボトリングまでを速やかに行います
    圧搾からボトリングまでを速やかに行うことにより、酸化を防ぎます。 また、一連の工程を空気・光に触れる事なく行っております。
安心・安全の原材料/油
  • 無農薬有機栽培(オーガニック)の亜麻(フラックス)種子を使用。
  • 遺伝子組み換えの種子は用いていません。
  • トランス脂肪酸は0gです。
  • グルテンフリー

酸化を防ぐためのポイント
  • NZより、航空便を使用しての輸入・・・3〜4日で日本に到着します。
    輸送時の酸化を少しでも防ぎます(⇔船便)
  • 紫外線100%カットの遮光性黒ボトル。
  • 酸化を少しでも遅らせるための、不活性ガスの充填。
  • 低温圧搾法(コールドプレス) ・・・30℃以下の温度で搾油しています(通常は42℃が目安で


Functional Whole Foodsの低温圧搾(コールドプレス)へのこだわり