定年、退職とも決定を確認後、遅くとも1、2週間以内に贈ります。
部課単位でお祝いの品を贈呈するのが一般的ですが、お世話になった方には、
個人的にお祝いを差し上げても構いません。
目上の方にお金を贈ることは失礼とされています。
祝いを贈るなら、退職後の生活を楽しめるような品物を差し上げるのがよいでしょう。

のしの水引は紅白蝶結び、のし上には「御引退御祝」「御定年御祝」「御祝」「御餞別」など、
のし下には「○○部一同」などとなります。

おすすめのカタログギフトとおしなもの

選ぶ楽しみも一緒に贈れるカタログギフトも人気です

カタログギフト「made in Japan with 日本のおいしい食べ物」 カタログギフト「dancyu」
カタログギフト「ザプレ」 カタログギフト「stageup」
 

使うたびに愛着の湧く「メイド・イン・ジャパン」の品物を

工房HOSONO オジャガデザイン
南部鉄器 おじゃみ
熊野筆 オレフォス
 

読書がお好きなら新しい発見のある本を

本の贈り物「新しい発見のための一冊」 本の贈り物「もらってうれしい、私も欲しい!」
 
ラッピング

商品ラインナップはこちら