出産祝いは近親者は出産後すぐ(1週間以内)に贈ります。それ以外はお七夜(生後1週間)からヶ月以内が目安です。
訪問する場合は母子ともに落ち着いてからがベスト。訪問できない場合はメッセージを添えて送りましょう。
1ヶ月以上過ぎてから出産を知った場合は表書きを「御祝」とし、おなじくメッセージを添えて贈ります。

予算は兄弟や親戚は1万円、お互いが若い場合は5千円が金額の目安ですが、友人や会社関係者なら人数を募ってまとまった額にするのもいいでしょう。

第2子以降も引き続き同額のお祝いを贈るのがマナーです。
双子の場合は現金も品も 2人分贈ります。

おすすめのカタログギフトとおしなもの

出産祝いに人気No.1のカタログギフト

出産祝いにはカタログギフトが最適! カタログギフト「おめでとセレクション」


カタログギフト「おめでとセレクション」

すぐに遊ぶことができるぬり絵とクーピーと、カタログギフトがセットになった出産祝いにぴったりのギフト。
カタログギフトは、もらった方が欲しいもの、必要なものをチョイスできるので、一度にたくさんのお祝いをもらう出産祝いには最適です。

贈り物が重なってしまって逆に迷惑にならないか? とあれこれ悩むよりも、確実に贈り先さまによろこんでいただける物をえらぶのが、贈り上手の秘訣です。

カタログギフト「おめでとセレクション」

> 「おめでとセレクション」詳細はこちら


ママとベビーに優しいグッズをセレクト

トムベビー&ママ ハッピーホース
ベビー、キッズ 本のおくりもの「子どもの成長のために」
 

ラッピング

商品ラインナップはこちら