ひとみのコラムVOL01

ブルーライトって
よく耳にするけど
一体なに?

お家時間も増え、在宅ワークやネットショッピング、ご友人とのコミニュケーションでPCやスマートフォンを使用する時間が増えた方も多いかと思います。
よく耳にするブルーライト。でも実際何に有害なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
今回はブルーライトについてのお話です。

ブルーライトの正体

ブルーライトとは名の通り、青い波長の光のことを指します。 私たちの目に見える光のことを可視光線と言うのですが、この中でも青い波長の光はエネルギーが強いと考えてください。パソコンやスマホの画面から出ていて、もちろん太陽光にも含まれています。
日常的にこの光にはさらされざるを得ないわけです。
特にパソコンやスマホは距離も近くじっと見続ける時間も長い為、問題視されこの光が悪さをすると考えられています。
ちなみに目に見えない光を非可視光線と呼ぶのですがこれが「紫外線」になります。
こちらの光の方が馴染みのある名前ですね。

目に及ぼす影響とは?

眼の奥には網膜という層があるのですが、ここに黄斑(おうはん)という部分があります。
これが「視力」に大きく関係する部分になります。ここで言う「視力」というのは遠視や近視のことではなく、メガネやコンタクトで矯正して視力が最高どこまで視力が出るかというお話です。ここにダメージを与えるのが青波長=「ブルーライト」と言われています。
この黄斑部がダメージを受けるとどんなにメガネやコンタクトを調整しても視力が出なくなってしまう、ということがおこります。また物が歪んで見えるようになります。
もちろんブルーライトの影響だけでなく紫外線や喫煙、加齢も原因の一つとされています。現在は様々な治療がありますが、完治するのは難しい疾患の一つです。失明疾患としても上位にある疾患です。

またブルーライトによる睡眠障害も研究調査されています。体内時計のバランスが崩れてしまうということが原因とされています。

ブルーライトカットの商品

色の反対色、補色の色相環を考えて見ましょう。

青の反対色は黄色。
青色を消すにはこの黄色が必要になってくるのです。

レンズに少しだけ黄色みの色味がありますがこれがカットしてくれる色素です。ご安心ください。
少し黄色だからといって視界が黄色になることはありません。装用した時に見た目も気にならない程度です。毎日のコンタクトを変えるだけで、パソコンやスマホなどから出る有害ライトを知らず知らずのうちに防いでくれます。そしてこのレンズの特徴はUVカットも同時にしてくれるので美意識高い女子にはさらに安心です。日々の積み重ねが大切です。

ひとみのコラム