ten-c_top



ten-c_about


読み方は「テンシー」。


「STONE ISLAND(ストーンアイランド)」で12年間チーフデザイナーを務めていた「ポール・ハーヴィー」と、「C.P.COMPANY (シーピーカンパニー)」のデザイナーだった「アレッサンドロ・プンジェッティ」がタッグを組み、2010年にブランドをスタート…とまぁ細かい沿革は置いといて、ざっくり要約するなら『サイエンティストの申し子2人が作るハンパない服』。


「STONE ISLAND(ストーンアイランド)」と「C.P.COMPANY (シーピーカンパニー)」といえば、ともに「マッシモ・オスティ」っていうメンズカジュアル界の革命児がイタリアで設立したブランド。軍モノのヴィンテー ジを徹底的に掘り下げて研究し、その機能性や素材感をいち早くカジュアルウエアに落とし込んだのが他でもない「マッシモ・オスティ」。科学者ばりの緻密なアプローチ でガーメントダイを1970年代に世界で初めて発表したのも「マッシモ・オスティ」なのだ。今となっては服づくりの基礎になっている軍モノのサンプリングや製品染めを誰よりも先におこなったってスゴいですよね。そのMr.サイエンティストのもとでミリタリーのイロハと生地開発&染色のA to Zを習得した申し子2人が、「一生着られる服を作る」と一念発起して立ち上げたのが「TEN-C (テンシー)」って訳なんです。構想3年、製作2年、完成まで5年。長い歳月を費やしたその"一生モンの 服"を実際着たらもうヤバいのです。


ten-c_header1

まず、いきなり圧巻なのが素材。申し子2人がメインに据えたのは通称『OJJ』というファブリックで、ナイロンとポリエステルを超高密度でニット編みした 日本製の特殊生地ですが、ハリ感があってとにかく滑らか。しばらく触っていたいぐらい気持ちいいシルキータッチなのだ。おまけに、風を完全にシャットアウトするし、雨もバシバシ弾くし、ちょっとした汚れなら拭けばサッとすぐ落ちてテック面もパーフェクト。加えて、デニムのように着続けるほどにいい感じのアタリができて経年変化も楽しめるっていうから文句のつけどころがない。さすが!と強く膝を打ったのも束の間、驚くのはまだ早かった。その高機能素材をイタリアに空輸し、ナイロン・ポリエステルの混紡生地を製品染めできる唯一の工場に持って行ってから染め上げるらしく、聞けば、130〜140度の高温で圧力をかけないとその『OJJ』は染まらないとか。製品染めってことは縫製を終えてアウターの原型が出来上がってから後染めするわけで、でもそんな高温で染めたら生地は当然縮むわけで......って、まさかと思って確認したら、「縮率まですべて計算した上で染めています」との返答が。驚きです......。

ten-c_header2

そんな驚愕と呆然の連続の末、いざ完成したアウターに袖を通したら、フィッティングの良さにもヤラレてしまった次第。そうだ、イタリアブランドだというこ とをすっかり忘れていた。今季、クラシック回帰の流れでイタリアンクラシコが気になって本場サルトリアのジャケットをあれこれ試着したんだけど、そのとき 皮膚レベルで体感したあのとてつもなくしっくりくる着心地と同じだ。ゆったりしたシルエットでもどこか洗練されていて、野暮ったさは微塵もなくスマートな 印象。2人はサイエンティストでありながら、サルトリア・マインドも秘めていたのか。しかも、ラインナップのほとんどに陸・海・空軍のディテールが満載 で、"1960年代後期のドイツのスノーケルパーカ"、"1951年の朝鮮戦争で米陸軍が採用していたフーデッドパーカ"などなど、ソースにしている元ネタ自体がマニアック過ぎてやけに男心をくすぐられる。完成まで5年っていうのも納得。逆に、ここまでの超大作をたった5年でよく仕上げたなぁと拍手を送りたいぐらいだ。


正直値は張るけど、"一生モン"ってのは確かです。

ten-c_image.jpg