柘は別名で「アカネ」とも言い繊維分の密度が大変緻密で樹種の中では大変硬く程よい粘りを持ち、 印鑑の彫刻に向いている材質です。

薩摩本柘は同じ柘材の中で最も品質が高く、経年変化も少ない印材です。

国内製造メーカーから直接仕入れた斬新なエコ印材。
北海道の樺の木を使用し、高圧処理加工技術により、割れひずみのない天然木以上の耐久性に富んだ優良素材です。

黒彩樺(玄武)は彩樺の黒い印材です。
高級感溢れる落ち着いたブラックで、年代を問わず人気があり、黒い印鑑の新定番となっています。

高級感のある黒を基調とした天然木で主に熱帯及び亜熱帯地方で産出されています。

インドネシア原産の赤い檀木を使用して作られた印材です。木材の性質としては白檀に似たものですが、白檀よりも香りが少ない為、若干香料を付加しています。

ハマビシ科の広葉樹、黒檀や紫檀の仲間であり、経年変化により濃緑褐色となり、印材表面に触れてみると蝋の様な感触があります。

黒水牛は最も品質と価格のバランスが良い印材です。
きめが細かく欠けにくい中心部から取った「芯持ち」と呼ばれる材料で、品質も高く、見た目の好みもありますが美しく黒光りしており高級感もあります。

着色加工を一切施していない、多種多様な色合いと独特な模様が特徴の美しい素材です。
写真上の一部印材の頭に見える白い部分は、角の芯の部分です。水気に弱いが牛角材質の通性なので、ご使用と保管に注意が必要です。

オランダ水牛の特徴である「ふ」と呼ばれる透明感がある、乳白色がすくない模様な水牛印材が最高級な印材となります。

チタンは金属の中でも最強といわれる程優れた素材で、火災や水害などの災害にも決して燃えたり錆びたりすることがありません。

木の樹脂が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石です。半化石樹脂や半化石の琥珀は、コーパルという。