うっかり違反防止ナビ

オービス設置場所や、取締りに注意したい場所をお知らせ

警報・警告データ:70,000件以上

スピードの出やすい路線のオービス(無人式自動速度取締装置)設置場所、事故多発エリア、取締エリア、駐車禁止エリア、路線・高速道制限速度情報など、ユピテルオリジナルの警告・警報データを収録。
これらの警告・警報ポイントに近づくと、アイコンや警報表示と音声案内でお知らせします。
多彩な情報で安全運転をサポートします。
※震災支援モードでは、お知らせしません。

小型オービス対応

独自調査により小型オービスの設置位置をいち早く特定し、GPSデータに登録対応。

取締強化。新交通規制「ゾーン30」に対応

通学路や住宅街など制限速度が30km/hに制限されたエリアを、地図上の水色透過とアイコン表示でお知らせ。

駐車禁止エリアもお知らせ

駐車禁止エリアを地図上のピンク・黄色透過でお知らせ。

最新の地図データ収録

2018年春版「マップルナビPro3」搭載。

2018年6月開通の「東京外環自動車道(三郷南IC〜高谷Jct)」など、新開通道路に対応。
さらに3月開通の「守山スマートIC」などスマートICにも対応しているので、目的地までのルート案内をより的確に、より快適にご案内します。

新規開通道路を収録

スマートインターチェンジにも対応

高速道路の最高速度引き上げ試験導入に対応

2制限速度110km/h引き上げ区間に対応しました。

新東名高速11月より
区間:新静岡IC~森掛川IC
東北自動車道12月より
区間:花巻IC~盛岡南IC

わかりやすい地図案内で、運転をしっかりサポート。

大きくて見やすいイラスト案内表示

ルート案内中は、走行中の自車位置に応じて、曲がる場所の交差点情報や、次に案内する交差点の情報などを、大きく見やすいイラストで表示します。

音声案内でわかりやすくガイド

音声案内で斜線数の多い道路や、側道のある道路でもわかりやすく案内します。

充実の高速道路イラスト案内

高速道路に入ると専用画面に切り替わり、分岐点やETCレーンなどを的確にわかりやすく案内します。

オリジナル地図モード

震災支援モード・サイファイモード

震災支援モード

震災時などに、昭文社が発行している震災時帰宅支援マップの情報をナビに表示可能。
危険箇所や水飲み場、帰宅困難者一時滞在施設などの情報をマップで確認できます。
歩いて帰る場合の地図として活用したり、近くの休憩場所や災害拠点病院などを探すのにも役立ちます。
※首都圏・中京圏・京阪神圏のみ表示

サイファイモード

色調をダークブルーとブラックのモノトーンで統一。車内をクールに演出します。